K-クラスシナリオ

このページは、未完成です。建設中を許してください。

別名: 非公式既述K-クラスシナリオリスト

仮にこれに見つけられても、またリンクされるとしても:

これは、いかなる点においても非公式です。

私(このリストの製作者)は、創作活動の中でこれらのシナリオを用いることをお勧めします。これらのシナリオを面白いやり方で利用しようと試みてください。もちろん、このリストを完全に無視して創作を行っても問題ありません。たとえばCK-クラス:再構築シナリオは幻覚誘発性を持つイナゴどもの襲来としたり、XK-クラス:世界終焉シナリオは次の大統領選挙で共和党が勝つことだとしても、それらは全く問題ありません

(実際にそのような定義で、SCP及びFoundation Taleを作って、それらが認められ生き残るのであれば、私はその新しいシナリオ定義をこのリストに付け加えます。このリストは単に、以前使用されたあるいは提案されたシナリオのリストです。)

これらはカノンではない点に留意してください(各記事やTaleにとってカノンであって欲しいとあなたが思う話や設定がカノンです)。これらの分類の多くは定義の変更を受けてきました。我々の世界、あるいはThe SCP Foundationの世界内で、今後も定義は変更されるでしょう。公式フォーラムよりギアーズ博士の言葉を引用すると、

カノンについても、現状そうであるように、物事は非常に無秩序に動いています。以前は事務をやっていた人間として一言。方針は些細な理由で何度も何度も変更されるものです。システムは更新され、置換され、廃止されるものです。管理は「新しいものを突っ込むという戦略」、要するに新しい情報に基づいた更新で成り立っています。だから、この手の命名基準をきっちり決めたとしても遅かれ早かれダメになります。方針はちょこちょこ変わるものなので、この幾分ごちゃまぜになったシステムが結局残るでしょう。それに、幾つかのファイルは未更新のまま残るでしょう。

このリストは、他の作者による設定を基にして創作するときに、多くの作者に役立てられることを目的としています。したがってリストの要素は、現在のコミュニティにおける利用によって以下のA、B、C、Dの級に分類されています。A級は、多くで使われていて、認知されているものを表しています。B級は、使われたことがあるが、あまり有名でないことを表しています。C級は、使われたことがあるが、定義されていないことを表しています。D級は、議論されたが、利用されていないことを表しています。

しかしながら、これらはすべて非公式で、公式になることは決してありません。


A級 シナリオ
(サイト内で広く認められているシナリオです。複数のSCP記事及びFoundation Taleで利用されていて認められています。または、とても良く知られた"永住者"であるSCP記事及びFoundation Taleで一度でも利用されたシナリオです。)

  • AK-クラス:世界終焉シナリオ
    • 定義: 主観的な現実の再構築による世界終焉のシナリオです。人類の知覚または思考プロセスの崩壊、またそれら両方の崩壊による世界の終焉です。簡潔に言うと、方法はどうあれ"全て狂っちまう"ということです。
    • ムーズ氏による注釈: 多数のお互いに独立した引用例に類似した定義で現れています。これは、"再構築"シナリオとみなされることもあるようです。文明を徹底的に葬り去ることが人類にとっての事実上の世界終焉であるため、一般的に"世界終焉"シナリオと呼ばれます。
    • 具体例:
      1. 変化
        • 最初に言及され、現実世界の変換であると定められました。関連してBK-クラス:未定義シナリオとCK-クラス:再構築シナリオが定められています。
      2. SCP-571
        • 人類の大多数の行動を恒久的に改変します。利用者に改変を永久に固定させ、改変を広げさせることを強制する、ピギーバック方式のミーム学的パターンです。
      3. SCP-1101
        • すべてまたは大多数の人類に永久の口論をさせるシナリオです。精神作用に指数的に影響する装置に起因します。
  • CK-クラス:再構築シナリオ
    • 定義: 現実の再構築のシナリオです。おそらく、歴史に重大な変化を引き起こす(正史を書き換える)、または物理法則を変化させる、または宇宙の作用を変化させる、その他、現実のすべてまたは一部を変化させるということを意味しています。
    • ムーズ氏による注釈: オリジナルの再構築シナリオです。おそらくは、EX-サイトのメンバーによって作られました(また"CK-クラス:再構築"と呼ばれています)。しかし、彼らの仕事は最早存在していません。彼らの使用方法とは無関係です。1つだけ"CK-クラス:世界終焉シナリオ"という使用方法(下記参照)がありますが、部分的です。
    • 具体例:
      1. SCP-140
        • スケジュールを変更することに基づく現代の社会の過去にさかのぼる再構築のシナリオです。
      2. 多元宇宙とたんぽぽのお酒について
        • 宇宙が会合することによる、多元宇宙の崩壊のシナリオです。
      3. 事件239-B クレフ-コンドラキ (SCP-239)
        • 我々が知っているように、現実をねじ曲げるシナリオです。
      4. SCP-1237
        • 広範囲に及ぶ、終末的ではない現実の改変です。
      5. 変化
        • 更にAK-クラスとBK-クラスについて触れられています。
      6. 復元されたデータファイル
        • いくつかのCK-クラスイベントが発生していますが、財団によって意図的に初期化されています。財団は、明らかに進行段階にある再構築シナリオを修繕、及び制御下に置こうとします。
  • GH-クラス:"デッドグリーンハウス"シナリオ
    • 定義: 80%以上の生命が死に絶えるが、地球は存続し、最低限生命を生存できるまでに地球を復旧可能であるシナリオです。
    • ムーズ氏による注釈: 非公式に"DG-クラスシナリオ"にも言及されています(議論の著者ギアーズ博士によって)。
    • 具体例:
      1. マリアナ海溝から回収された文書
        • 大部分の人類が死に絶える、広範に渡る破壊と混沌を引き起こした、ほぼ全SCPの封じ込め違反です。そして財団は、かつての世界に近づけるように立て直したに違いありません。"GH-0"とも呼ばれます。
  • NK-クラス:世界終焉シナリオ
    • 定義: 自己複製する物質によって引き起こされる、世界終焉のシナリオです。
    • ムーズ氏による注釈: "グレイ・グー"シナリオとも呼ばれます。地質学的規模の爆発的事象による世界終焉のシナリオと定義されていましたが、現在の定義が広く受け入れられているように(初期の定義は過度に一般性を欠くものであったように)、その定義は消滅したと考えられます。
    • 具体例:
      1. SCP-505
        • 自己複製するインクによって引き起こされる、非常に大規模な環境汚染のシナリオです。
  • RK-クラス:再構築シナリオ
    • 定義: 非標準生物形態による標準的な地球種の生存競争の敗退のシナリオです。
    • ムーズ氏による注釈: SCP-816から読み取れる定義では、非常に杜撰で一般性を欠くように思えます。代案で定義されているのは、人類、歴史、物理法則の改変を伴わない現実の改変という定義です。
    • 具体例:
      1. SCP-816
  • SK-クラス:支配シフトシナリオ
    • 定義: 地球上の支配種のシフトです。
    • ムーズ氏による注釈: 現生の支配種または文化またはその両方が、他の生命形態または代替人類に取って代わられるシナリオです。
    • 具体例:
      1. SCP-752
        • 支配シフトを目的とした遺伝学的、社会学的に改善された人類のプロジェクト、およびその人類と現生人類との生存競争です。
      2. SCP-1000
        • 人類が他の種をほぼ絶滅に追いやって、半永久に彼らの文明を破壊することによって地球の支配種にシフトするシナリオです。
  • XK-クラス:世界終焉シナリオ
    • 定義: "塩漬けにされた地球"世界終焉シナリオです。言い換えれば、我々の知る世界に直接再建することが不可能な絶滅です。
    • ムーズ氏による注釈: オリジナルの世界終焉シナリオです。以前は、ユダヤ教由来の宗教的信条である黙示録(一般的な宗教の最後の結末)を意味しました。現在は上記の定義に拡大されました。この用語は、すべての黙示録的なシナリオの略記及び俗語用語としても使われます。
    • 具体例:
      1. クレフ博士の提言
        • 相違した聖書的な黙示録のシナリオです。
      2. SCP-152
        • 人類絶滅を含んだ複数のXK-シナリオを含みます。人類の絶滅を含む黙示録的なイベントがXK-クラス・シナリオとは全く分類されないことを示しています。
      3. SCP-173のRevised Entry
        • 平行宇宙のSCP-173です。自己複製能力を獲得し、集団意識を得たSCP-173が、飽和核爆撃の後に、北アメリカ、南アメリカおよび英国のほぼ全人口を消し去るシナリオです。
      4. SCP-227
        • 2つのXK-クラスシナリオで構成されています。彷徨う褐色矮星(いわゆる「ネメシス仮説」)あるいはガンマ線爆発のシナリオです。宇宙的規模の黙示録的事象もXKクラス・シナリオとして分類されることが暗示されます。
      5. SCP-231
        • 悪魔崇拝カルトによって誘発された妊娠("七つの証")による、終了済み、または進行中の、神秘的、宗教的黙示録のシナリオです。
      6. SCP-435
        • 異次元の存在の"影"であるSCP-435-2に引き起こされる、最低でも核爆発規模の大規模破壊が始まるシナリオです。SCP-435-1を明るい光の下に保つことでそれは防がれます。最終的な防止手段は435-XK-Alpha爆発です。
      7. SCP-616
        • ユダヤ教ベースのSCP(と想像される)のXK-クラス:世界終焉シナリオの、(虚構の)手続きのシナリオです。
      8. SCP-701
        • 特に、XK-クラス・シナリオではない(1年につき数百人殺すだけです)。
      9. SCP-861
        • ユダヤキリスト教の宗教的信念に基づく種類のシナリオです。XK-400およびXK-423XからK-436までを参照してください。XK-400aはYHVHを含んでいます。XK-440cからXK-440vは、7つの印及び7つの印に関係した存在を含みます。SCP-861は予備的にXK-440xと呼ばれます。XK-423はリヴァイアサンを含んでいます。
      10. SCP-923
        • 酷い空間・時間の妨害に加えて精神異常、その他(機密扱いの)悪影響を発生するために、景観の恒久的な変更を含むシナリオです。さらに機密扱いの何かの体現も含みます。
      11. SCP-1023
        • 短期間で発生した記録的な数の核爆発のシナリオです。
      12. SCP-1200
        • "認識番号SCP-███-█を収容及び処理することで防ぐ事ができる"人間の子供(おそらくSCP-231-7)による黙示録的シナリオを参照しています。
      13. SCP-1237
        • 夢を通して現実を書き直すことに起因する、様々な可能性がある黙示録的なシナリオを参照したものです(CK-クラスシナリオがより起こりそうでありますが性質が別です)。
      14. SCP-1591
        • 理論的には全地球を分解することが出来得た装置と、それに明らかに騎乗していたと思われる生物を含むシナリオです。
      15. 策略 (SCP-008)
        • SCP-008(ゾンビ・ウイルス)の発散は、XK-クラスまたはXC-クラスシナリオになりそうだと言われます。
      16. To Sleep, Perchance to Dream
        • 大量の(潜在的に種に広がる)致命的な感染症に対する対策としてプロトコルXK-0272/Aを使うことを必要とされるシナリオです;プロトコルは、すべての主要な世界的な人口の中心の破壊を義務づけます。
    • 略記及び俗語用語としての例: (実際は、技術的にXKイベントまたはシナリオと分類されないかもしれません。)
      1. SCP-096
        • 封じ込めを破って、大部分の人を殺している不死身に近い生物を含んだシナリオです。俗語的用法に思われます。
      2. SCP-108
        • すべての黙示録的なシナリオを参照したものです。
      3. SCP-523
        • すべての黙示録的なシナリオを参照したものです。
      4. SCP-630
        • 恒温動物を無思慮で盲目の熱源を捜し求めるゾンビに変える水道汚染です。"XKイベント"の"類い"として、研究者メモに記載されています。俗語的用法に思われます。
  • ZK-クラス:現実不全シナリオ
    • 定義: 複数の現実のうちのおそらく一つ、又は複数の現実の機能不全です。
    • ムーズ氏による注釈: 最後の使用例よりも前に、毎回同じ意味合いで複数回提案されました。
    • 具体例:
      1. S・アンドリュー・スワンの提言
        • 財団の機能が不能になってしまう可能性のシナリオです。

B級 シナリオ
(比較的有名でない記事、及びFoundation Taleで使われています。又は、漠然とした定義で、複数に断片的に使われています。)

  • BI-クラス:生物学的侵入シナリオ
    • 定義: 地球外生命体の侵入です。
    • ムーズ氏による注釈: 地球外生物学および地球外非生物学の間に何らかの区別が有るように思えます。潜在的に有用ですが、あまり広く受け入れられていません。
    • 具体例:
      1. The Bacterium (Part One, Part Two, Finale)
  • CK-クラス:世界終焉シナリオ
    • 定義: 世界の物理量の再構築による、大規模な(又は全体的な)世界終焉です。
    • ムーズ氏による注釈: CK-クラス:再構築シナリオの特定のサブセットのように思われます。
    • 具体例:
      1. SCP-1053
      2. SCP-1012
  • EK-クラス:未定義シナリオ
    • ムーズ氏による注釈: 人類の終わりではありません。社会の崩壊かも知れません。ほとんどの人間意識の破壊かも知れません。
    • 具体例:
      1. SCP-338
        • 生存のための指示や生存者の集合場所、「グレートウォー」なる事象の最新状況を伝える録音放送のループです。SCP-███が解放されたために発生したEK-クラスシナリオのようです。放送の内容は1日2回から3週間に1回の頻度で散発的に変更・更新されます。
      2. SCP-1427
        • 約215日以内の全人類の意識の消滅を含みます。
  • IK-クラス:世界文明崩壊シナリオ
    • 定義: 他のシナリオに陥らない様式の世界文明の崩壊です。
    • ムーズ氏による注釈: シナリオは、当初いかなるSCP封じ込め違反(本当に大きい天災でも)も意味しませんでした。世界的な文明崩壊(大規模な天災に起因する)と定義されために、それ以後は拡大しました。
    • 具体例:
      1. SCP-1238
        • 主要な人口の中心を破壊する大陸プレートの部分的な崩壊のシナリオです。
      2. 大連合
        • 10年間に渡っておよそ30億の犠牲者が出ると想定される、小惑星衝突のシナリオです。

C級 シナリオ
(記事、及びFoundation Taleで使われていますが、未定義のシナリオです。)

  • BK-クラス:未定義シナリオ
    • ムーズ氏による注釈: 明らかに、AK-クラス:世界終焉、及びCK-クラス:再構築に関連性があります。他のシナリオと同様に、現実のシフトを含みます。再構築シナリオかも知れません。
    • 具体例:
      1. 変化
  • XC-クラス:未定義シナリオ
    • ムーズ氏による注釈: 使い捨てされる設定で、使いやすい訳ではないという点で冗長なシナリオのように思われます。あるいは、C-クラスシナリオは"不完全な"K-クラスシナリオを意味するのかもしれません。XC-クラスは、言わば、特定の異常な物質の影響を受けやすくする遺伝子による、特定の人類の一部分の絶滅(一方、残りの人類が生き残る)を意味するのかもしれません。
    • 具体例:
      1. 策略 (SCP-008)
        • SCP-008のアウトブレイクの結果です。XK-クラスシナリオが類似した交互の結果として提案されます。

D級 シナリオ
(記事、及びFoundation Taleで使われていません。しかし、議論では提案、引用が複数回されています。これらの定義は、変更されやすい傾向があります。)

  • YK-クラス:真空崩壊シナリオ
    • 定義: 真空準安定(訳注: 偽の真空)イベント(すべての生命と現実を一掃する)です。
    • ムーズ氏による注釈: "The_Raven"によって提案されました。一度だけ削除された記事で使われました。少し特殊すぎるように思われます。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。