結城博士の日常
評価: +8+x

「三島君、ちょっと買い物行ってきてくれないかな」
 言いながら、結城は助手の三島へメモを渡した。
「僕が了解するのは確定なんですかね」
 まあ行きますけど、と三島はメモを受け取る。
「なんです、これ」
「三島君て下着付けない派だったっけ」
「いや付けますよ。そうじゃ無くて、え、下着ですか? 僕が下着買いに行くんですか?」
「行ってくれるんでしょう?」
「いや、だって、男が女性用下着を単独で買いに行くのはちょっとハードル高いでしょう?」
「さすが三島君だよね。高いハードルを軽々とくぐり抜ける!」
「それ褒めてるのかな。だいたい、なんで下着なんですか。実験で使うんですか?」
「泊まり込みだったから、替えの下着がもう無くなっちゃったんだよね」
「洗濯して下さい」
「洗濯するのに替えの下着が必要なんだよ三島君」
「ああ、はい、そうですか。しかし僕が行くよりも、女性研究員に頼むとかの方がいいのではと思いますよ」
「女性研究員は小間使いじゃないんだよ?」
「僕も小間使いじゃないですよ博士」
「助手だからね。しかたないよね」
「どんな超理論ですか」
「そんなにいやかなあ」
「イヤですよ! これ喜んだら相当変態ですよ」
「三島君、変態さんじゃない」
「いや、いやそれは、否定しませんけど」
「ご褒美あげるから」
「マジですか」
「大マジだよ。なにがいい?」
「それはアレですか。その、アレです」
「ああ、うん。アレもアレです」
「YES!!!!!」
「どんなのがいいのかな?」
「そうだなぁ~ あ」
「え?」
「これアレだ。録音されてるパターンだ。あとで職員向け掲示板に晒されるパターンだ」
「勘がいいね」
「三回目ですからね。さすがに学習しますよ」
「でもご褒美は本当だからね?」
「その言葉を待っていた。それでは行ってきます!!」
 足早に研究室から出る三島。
 机の上に残される、買って欲しいものメモ。

「これはご褒美抜きかなー」

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。