び体力を付ける為に
評価: 0+x

<サイト-8181C区画内通路11-第4カメラ>

[12:44:05] (昼食「カツカレー定食ミニうどん付」を済ませたエージェント・カナヘビが普段通り各種ロボットアーム・移動機能を有した水槽に乗り食堂から出る。休暇届を却下されたエージェント・██が食堂内へと向かっていた所を、エージェント・カナヘビとすれ違う)

[12:45:44] (エージェント・カナヘビはエージェント・██へ軽い挨拶を送す。エージェント・██も挨拶を返し、休暇届が許可されなかった愚痴を語り始める)

[12:47:20] (ある程度の内容を聞き流す様に何度も頷いた後、エージェント・カナヘビは先週にも休暇を取っていた事を指摘する。エージェント・██は閉口する)

[12:48:35] (エージェント・カナヘビは負傷、身内の不幸が無い限り3ヶ月は真面目に働く様にと言い残し水槽の移動を再開しようとする。エージェント・██は残念そうに視線を外そうとした所でエージェント・カナヘビの尻尾が千切れかかっている事に気付き、指摘する)

[12:49:11] (水槽内で身体を回転させ、エージェント・カナヘビは自身の尻尾の状態を確認する。全く痛みは無かった、今気付いたと語る)

[12:49:35] (エージェント・カナヘビは自身の尻尾を前肢で掴み、引っ張る事で切断を試みる)

[12:50:51] (尻尾に変化は無い様子をエージェント・██は指摘する。エージェント・カナヘビは気の無い返事を続けながら尻尾の先端を咥え、引っ張る事で切断を試みる)

[12:51:43] (再度の切断に失敗した為エージェント・██へ尻尾を「そっと」「優しく」「丁寧に」持ち上げてくれる様に強く提案し、水槽上面を展開する。エージェント・██は険しい表情を浮かべ断る)

[12:54:26] (説得の結果エージェント・カナヘビが本日の昼食代を奢る事を了承し、エージェント・██は折り畳んだハンカチ越しに尻尾の先端を掴み、エージェント・カナヘビの身体を持ち上げる)

[12:54:46] (「もっと優しく」と呻きながら言っている間にエージェント・カナヘビの身体は完全に浮き上がり宙吊りとなる。数回揺れた後尻尾は切断され、エージェント・カナヘビが水槽内に落下する)

[12:55:02] (エージェント・██が切断された尻尾を水槽内にハンカチごと落とし、負傷は無いかと尋ねている間にエージェント・カナヘビは水槽内を脱出、通路の隅を走り去っていった)

後の調査においてエージェント・カナヘビは一切の人格・発声能力その他全ての異常性を喪失している事が発覚しました。この事から各種異常性の源は尻尾に存在していたと考えられています。

追記:人格診断において以前の結果と一致した事、直近のエージェント・カナヘビが経験した事象を全て記憶していた事、水槽の新調後元より回数が極めて少なくなっていたエージェント活動以外の業務には一切の支障が無い事が確認された為、エージェント・██のDクラス降格は見送られる運びとなりました。今後エージェント・カナヘビであったカナヘビは異常性を失ったカナヘビとして飼育され、行っていた業務内容は全てエージェント・カナヘビに引き継がれます。

 
 


 
 
<概要:>エージェント・カナヘビはサイト管理者という役職の地位の高さから、極めて少なくなったエージェントとしての活動以外は専ら書類仕事と遊びに専念していました。更に彼の使用している水槽は、財団の技術力を用いた改良に次ぐ改良から最初期と比べ遥かに性能が向上しており、書類仕事以外身体を動かす必要すら殆どなくなりました。
たまに並みの職員より美味いもの食ってた日頃の食生活から一般的なカナヘビの食事(1日置きにコオロギ3匹換算)に比べて遥かに高脂質、高カロリー、高塩分な食事の摂取を全くやめようとしなかった癖に彼本人も危惧している事から、健康管理の為にエリア-██の一部をエージェント・カナヘビ専用の個人運動場として使用する事が許可されていました。
本運動場にスタッフ以外の職員が入るにはエージェント・カナヘビの許可が必要です。スポーツインストラクターと獣医を含む述べ数名の製作スタッフによって、実際に運動場を使用したエージェント・カナヘビの治療を受けながら等の愚痴要望に応えるべく日夜改修が施されていました。
以下は食事の必要が無くなった代わりに、運動勘は保っておきたいとの要望により権限をエージェント・カナヘビから引き継いだエージェント・カナヘビに対応した個人運動場バージョン8.██の説明です。
 
 
 
<1:ネットクライム>
Anomalousアイテムの金網を約15度の傾斜を持たせて立たせてあります。
今異常性によってエージェント・カナヘビは「どんなにだるくても向き合うだけで燃える様な運動欲が沸き上がる」との事でした。
バージョン3.06からの定番のエリアです。

<2:スイミングジャグジー>
絶えずポンプによって底から泡が沸き上がる水中を直進して下さい。時間を掛けても下手に暴れて体力を使い過ぎてもいけないステージ。
仮に今の様な姿になっても泳げて損は無いだろうとの判断です。

<3:ペーパーハング>
挟む力が弱い洗濯ばさみで角を吊り上げたキッチンペーパーを伝って渡るだけ。
体重を掛け過ぎても遅すぎてもいけない、見た目の割に恐ろしさは尚も健在です。
全身で上手くペーパーを使わないと、あっという間に落ちてしまうかもしれません。

<4:> 水気が十分に切られたのを確認したら、真っ直ぐ包丁を入れて皮を剥ぎながら身を開きます。あまりに指に絡まる様でしたら針金を切断面から通すと暴れなくなります。

<5:> 醤油・砂糖・みりんをベースとした調味液の中に数分漬けて味を染み込ませ、用意していた炭火で焼き上げて下さい。今回は事前に蒸さず歯応えを活かします。

<6:> こんがりと焼きながらハケを使ってタレを塗り込んでいきましょう。焼き加減はお好みですが、焦げる寸前が美味であるとされます。

<7:> 丼に盛ったあつあつのご飯の上にまだ余っているタレ・身・タレの順で乗せて下さい。

<8:> お好みで山椒を入れてお召し上がり下さい。出汁を注いでお茶漬け風、薬味を効かせるのもよいでしょう。

食べ応えはありませんでしたけど、カリカリとした食感とタレの相性は最高でした。-エージェント・██

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。