キル・682
評価: +7+x

ブライト博士は香りが広がるまでしばらくの間、スプーンでコーヒーをかき混ぜた。彼と963との結びつきによる普通とは違う特徴の1つは、彼が使用するそれぞれの身体において、感覚がいくらか異なることだ。色が僅かに異なる、匂いが異なる感情を呼び起こす、そしてコーヒー……安物のインスタントコーヒーはこの体ではいつになく美味しくはない。チンパンジーの味蕾とインスタントコーヒーの相性の良し悪しなど誰が知るのだろうか?

「やあ、おはよう。」ケイン博士が小走りで休憩室に入ってくる際、彼の爪はタイル張りの床をコツコツと鳴らした。

「良い知らせと多少悪い知らせを受けたぞ。最初は良い知らせだ。昨晩682がまた脱走した。」

「一体なんでそれが良い知らせなんだ?」

「あー、あいつは出て行く途中で792人の守衛を殺した後、車を盗んで2つの州にまたがり大酒を飲み続けた。」

ブライト博士は眉をひそめた。
「からかっているのか。もしそれが良い知らせだとしたら―」

ケインは嬉しそうに吠えて言った。
「まだ終わりじゃない!682は150マイル1で車を木に包み込んだ。エアバッグは展開しなかった。あの大きくてろくでもないトカゲは死んだんだ。」

ブライト博士は、「当然だ!飲酒運転だぞ!どうして俺たちはもっと早くこんなことを思いつかなかったんだ!で、悪い知らせはなんだ?」

「あんたの車だったんだ。」

飲酒運転、ダメ、ゼッタイ。
(あなたが見ている)この放送は、MADD2「飲酒運転根絶を目指す猿の会(MONKEYS AGAINST DRUNK DRIVING)」
の提供でお送りしました。(盗んだ、猿たちの車の中で)

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。