暗がりの奥から
評価: +5+x

 毛布を頭からかぶって、ベッドの上で膝を抱える。
 真夏の夜だというのに震える体を抱きしめて、私はそっと毛布の隙間から外を覗き見た。
 明かりは煌々と部屋を照らして、影をくっきりと浮き立たせる。片付けられなくて足の踏み場があまりない、普通の学生用アパート。
 ベッドの上から見える私の部屋は、動くものは何も無い。

 この部屋に何かがいる。そう気付いてからはずっと、気配は部屋のどこかから視線を飛ばしていた。
 カーテンの隙間。棚の影。ぬいぐるみの死角。クローゼットの暗がり。物置の奥。ベッドの下。
 視線は確かにあった。私を見つめていた。
 汗を吸い込んだシャツが肌に張り付いて、ひどく凍える。喉がからからに渇いて痛む。

 不意に、クローゼットの扉が、動いた気がした。
「…………」
 わずかに開いた隙間が異様に暗いクローゼット。私はあの扉を閉めていただろうか。それとも開けていただろうか。
 どうして私は、暗がりの奥と、目が合った、なんて思ったのだろうか。
「……ふーっ」
 息を吐く。
 確かめなきゃ。
 確かめなきゃ、いけない。
 毛布を被ったままベッドから降りて、僅かな足の踏み場を探す。目はクローゼットから離せないまま、一歩。
「ふーっ」
 息を吐く。クーラーの冷たい空気を、吸って、吐く。
 脱ぎっぱなしの服や下着を踏みしめて、一歩。
「はーっ……」
 息を吐く。めまいがしそうだ。
 からっぽの化粧水の容器をかきわけて、一歩。
「……っ」
 息をうまく吐き出せない。頭がくらくらする。
 安物のテディベアを蹴り飛ばして、一歩。
「うぁ……」
 息ができない。
 指は、今にも取っ手に、触れて、
「…………!」
 開けた。

 誰もいなかった。
 冬物のコートが色とりどりに詰め込まれているだけ。ただそれだけの、クローゼット。
「はぁっ……」
 絞り出すように息を吐く。結局、杞憂だったのだろう。自意識過剰な私が勘違いしただけ。
 そう思って顔を上げて、

 ふと、目が合った。

「……っ」
 違う。気のせいだ。暗がりと目が合うなんて馬鹿げてる。
 視界の端に映った何かが、逃げるように暗闇の奥へ消えていくなんて、疲れてるからこんな錯覚をするんだ。
 ほら、クローゼットに詰め込まれたコートをかきわければ、そこには何もいないって証明できるはず。
 手を伸ばして、ほんの数秒くらいの作業。それだけの、こと。

 

 

 

 ……………………。

 

 

 

 毛布を頭からかぶって、ベッドの上で膝を抱える。
 開きっぱなしのクローゼットを見張りながら、震える体を必死で抱きしめていた。
 結局、手を伸ばすことはできなかった。暗がりの奥から視線を向けるものが何かなんて、知りたくはない。
 時計の針はまだ午前二時を指していて、夜明けはあまりにも遠い。

 視線はいまだ私を刺し貫く。
 カーテンの隙間。棚の影。ぬいぐるみの死角。クローゼットの暗がり。物置の奥。ベッドの下。光の届かない全ての場所。
 暗がりの奥から、視線は逸らすことなく私を見る。

 気が狂いそうな光の下で、視線は変わらず私を見る。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。