ラムダの殺人者
評価: +1+x

黒の女王・グノーシス

黒の女王・エスター、あなたの用命のままに。

黒の女王・ビリジア、ここに。

わたしの名前はアリー

至高の黒の女王・アドレリンサ


ベースライン

この現象は2つの部分から成り立っています。ラムダ-5と呼ばれる財団機動部隊での殺人と、それを犯した一個人です。

機動部隊ラムダ-5("白うさぎ"としても知られる)はその一個人を収容するために財団から送られ、その後彼の手による様々な現実改変方法によって死にました。死後、機動部隊メンバーの死体は無作為に、異なるタイムラインに転送されます。

必須条件

財団の存在。機動部隊ラムダ-5"白うさぎ"の編成。

私の観察からは、以下の面々がラムダ-5に存在している必要がある。私の記録の中で目立って重要な部分を占めていることから、彼らを"中心メンバー"と呼びたい。

中心メンバー:
アレックス・ヘンダーソン
ジェイコブ・ワイルダー
パトリック・カーター

機動部隊には他のメンバーもいるけれど、この現象の構造には必要ではないわ。彼らの名前はヴァレリア・ルナ、ジュン-セオ・パーク、トロイ・ワイト、ウィロウ・マーシャル。加えて、出現する名前は一定のものが維持されているように見えるの。私はヘンダーソンが女性として出現しているのを2回見たわ。これは"中心メンバーのファーストネームに一貫した命名法が存在している"ことがすべてのラムダの殺人者に対する必須条件とするべきかしら。 ラムダの殺人者?本当に?私たちは本当にこの危険な現象にタイトルを付けて扱っているのか?この男はうっとうしい。私は後で彼を連れてくる。彼の力は実用性を証明することができるだろう。


実例:タイムラインA-056:

機動部隊に集められたのは中心メンバーとルナ。窒息死。実務経験のない上級研究員に派遣されたラムダ-5の死は、財団全職員に画期的な変革を促し、最終的にO5指揮システムの再構築を導きました。その後の組織は施設とエージェントの間の円滑なコミュニケーションを維持することができず、10年以内に公に現れました。さらなるイベントはA-056タイムラインカタログに記録されています。

実例:タイムライン:A-134

機動部隊に集められたのは中心メンバー、ルナ、パーク、マーシャル。化学的なやけどにより死亡。彼らはある大学で現実改変者と対決し、その爆発は何人かの民間人を殺した。どれくらいの見物人が捕まったのかわからないけれど、死者は10人から15人と私は見積もっている。

実例:タイムラインA-227:

機動部隊に集められたのは中心メンバー、パーク、ワイト。死因はすべての肉と内臓が摘出されたことであり、機動部隊の装甲にはきれいな骨格が残されました。装甲の外部は一部白い財団のエンブレムが塗られ、装甲の固定されていない部分をすべて覆っていました。これは実効した存在のセキュリティ違反願望をほのめかしています。

実例:タイムラインB-009:

ここはわたしが普段暮らしているタイムライン。財団は彼がいた場所、森の中に収容のために機動部隊を送ったわ…誰が機動部隊にいたかわたしはよくわかってないんだけど、少なくとも4人いたわ。彼はみんな殺したけれど、1人は脈があったような-まるで彼が腕を振るとみんな、強力な爆発が起きたみたいに停止しちゃったの。彼は最後の1人の首を掴んで、彼が彼らに少し話しかけたとわたしは思うんだけど、それから彼はみんなを投げちゃったの。投げられると彼らは消えたわ、彼らは空中で死んだんじゃないかと思う。わたしはカタログがまだあんまり上手じゃないの、わたしが混乱していたらごめんなさい。 悪くなかった、でも次回はより正確な数を私たちに教えて。

実例:タイムラインB-112:

私は、アドレリンサはこのタイムラインで他の詳細を把握していると考えていたのだけれど、どうも彼女はかなりの回数記録を更新していなかったみたい。ともかく、この実例では何人かの財団職員はその存在の性質を前もって知らされていたみたいで、ラムダ-5は私がそれまで見たことがないくらい軍事的な設備を伴っていたわ。正確な数がわかるほど接近するつもりはなかったんだけど、死者数は約50人か60人、ここには中心メンバーと重要ではない存在が含まれているわ。

実例:タイムラインB-118:

私は自分自身でこのタイムラインを見た。機動部隊は最低4人のメンバーを含んでいたが、誰が誰なのか識別できなかった。私が見たものによると、最低でも2人の人間が機動部隊を攻撃していた。彼らはとても有能で、何らかの手振りによって兵士の首を遠距離から折っていた。私は彼らが死体を小道に運ぶのを見た。彼らは死体を壁に投げ、消えた。私はこれが彼らの死体の転送方法だと推測する。 …彼ら?複数?ここに1人より多くの人間を入れるの?多いわ、タイムラインにはそれぞれ1人ずつのはずよ。 あのような現実改変者がすべてのタイムラインに?本物人間か?もしくはただの現象なのか?

あなたたちは私がたとえそう見えなくとも人間だと言うでしょう。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。