ローマ人の手紙
評価: +14+x
blank.png

主の御名を賛美します。

 そろそろ白い祭服に袖を通す時期だが、お元気だろうか。日中の陽射しは強くなったが、朝晩はまだ寒い。それでもドイツには及ばないだろうね。今はケルンにいるのだろうか、それともベルリンだろうか。

 信仰の保護の任を背負った我々としては、スターリングラードから届いた報せは衝撃だった。もしドイツが惨敗を期す事になれば、東欧の啓典の民は大きな試練を受ける事になるだろう。

 このような状況において、ドイツにおける超常研究は活発化していることと思う。NSDAPの来歴1より、超常研究の専門家が重用される事は否定出来ないだろうし、イタリア王国のRIDIA2、或いはIJAMEA3や蒐集院といった大日本帝国の超常機関・団体の研究成果がドイツに伝えられたかもしれない。
 此等、異端は即刻破却すべきであるし、それが不可能であっても将来対峙する時に備えなければならない。

 コンコルダート4に違反する行動を続けるドイツ首脳部との関係を鑑みるに、万が一の場合、バチカンは君の救出を断念するだろう。
 敵はゲシュタポだけではない、連合国の諜報組織、"財団"や様々な秘密結社、全てと敵対する可能性がある。
 注意深く、冷静に行動してくれ。私と組織は計画の成功の為、君への協力を惜しまないつもりだ。

主にあって。

1943年3月 ローマ


主の御名を賛美します。

 ローマでは半袖を着ている人が多くなった頃でしょうか。北ドイツは南欧出身の私にはまだまだ肌寒く、日中の陽射しは有り難い限りです。

 暫く手紙を送れなかったことをお許しください。詳細な報告書は無事ケルン、もしくはベルリンに帰ることができれば追って届けますので、報告書には載せることのできない雑感と共に手短に報告させていただきます。

 まず私は、敬虔な信者である学徒の数名を協力者として確保し、彼らの情報を頼りに国内を移動しました。多くの場合は、ただの新兵器や超常技術を使って便利にしただけの代物ばかりでしたが、私はその中で1つの名前を掴みました。

 "オブスクラ軍団"です。掴むまではそれこそ、暗室の中で彷徨うような状況でした。アーネンエルベの一組織であるオブスクラは占領地域や国内にてアノマリーの蒐集や、研究を行う研究機関です。ドイツ国内には超常研究を行う小機関が複数ある事を確認しましたが(報告書に一覧があります)、オブスクラはSSの中でも知る人には特に恐れられるものだそうです。
 そして、ドイツの超常研究機関はあらゆるアプローチで究極の兵士を生み出すことを目的としており、オブスクラは中でも、人の設計図を書き換えるという、神の領域に挑戦する悪魔でした。
 この研究には遥か大日本帝国からの研究結果も利用されており、作戦行動中にそれら資料を入手しております。

 捜索段階ではそれらの詳細な情報を入手することはできなかった為、私は旧ポーランド領内にある収容所に併設された、研究所に侵入を試みました。そこで奇妙な人物に出会ったのです。

 私は有ろう事か探索に夢中で彼の接近に気づかなかったのです。
「Guten tag。私のことは軍医殿、あるいは外科医師と呼んでくれ」
 私は振り返りました。
「おっとすまない。Hello?…Bonjonr ? …Buona sera ?」
 曲がった背骨に歪んだ胸郭。そして奇妙な両腕。引き攣って骸骨を思わせる、継ぎ接ぎの顔。
 その様な、いわば怪物が礼儀正しく、相手の母語で挨拶をしようとしていたのです。呆気にとられて私はつい答えてしまいました。
「Buenas noches。軍医殿
「成る程、スペイン人だったか。」
 彼は不揃いな歯を見せて笑いました。
「残念ながらスペイン語は不勉強なんだ、まあその分ならドイツ語も通じているはずだね。…ついてくるといい、珈琲と美味しいチーズケーキでもご馳走しよう。そのアタッシュケースは持ったままでどうぞ」

「残念ながらコーヒーは配給の代用コーヒーでね。ベイクドチーズケーキ…これはセルニック5というのだが、多分貰い物だろう」
 と、彼は言うものの、私は目の前のカップから漂う香ばしい薫りにすっかりリラックスして、ケーキを口に運びました。
「美味しいですよ」
「うーむ…戦前なら飲めた豆珈琲6のほうが私の好みなんだ…まあいい」

「さて…君の目的を果たすとしようか」
「いや、さっきから思ってはいましたが、なぜあなたが私に協力するのです」
「ただの気まぐれだよ。単調な毎日を送っていると何か変わらないものか、という気持ちが生まれることはないか」

 彼は木製の上等な机に備え付けられた引出しから、1つの書類ファイルを取り出し、アーネンエルベ-オブスクラ軍団について前述した様に一頻り説明しました。
「ここもその施設の1つだ。例えば、私みたいな気味の悪い人間を造って兵士にして利用しようだとか、才能ある人間の遺伝子と動物の遺伝子を融合し、更に超常技術を使って動物兵器を作ったりだとかね。隅まで探せばそういう生物やその残骸が転がってるよ」
 取り出した写真には巨大なコウモリが写っていました。
「コウモリにエースパイロットの遺伝子を導入して動物兵器にしたのがこれだね。音波による攻撃や鉤爪による攻撃、色々試したがどうにも航空機には効かなかった失敗作だ」

「では、私は自分の部屋に戻ろう。出口はここから近いしね」
 しかし、彼は立ち上がった時、その大きな身体を机に引っ掛け、全身を強打して動かなくなりました。恐る恐る近づくと、彼は私にその眼球を向け、不揃いな歯をガタガタいわせました。次の瞬間、彼は立ちあがって、持ち歩いていた黒革のスーツケースからメスを取り出し、私に迫ってきたのです。

 私は混乱しながらもコートからP38を抜き、引鉄を引きました。運の良い事に安全装置が作動せず、9mm弾は彼の右脚に命中。それでも、彼の進行を止めることは出来ませんでした。
 私は部屋から飛び出したものの、追うように長い腕が私に迫ってきました。私は狂ったように残り7発を撃ち尽くして、銃身を振り回して廊下を全力疾走していると、騒ぎを聞きつけた黒服が小銃を持って走ってきました。
「碌な武器もないお前は助けを呼んでこい!」
 その声に救われた私は、自分がスパイということも忘れて呑気に寝ぼけていた襟章付を見つけて報告し、我に返ってそのまま施設から脱出しました。

 現在、私は危うい状況にあります。いつゲシュタポに捕縛され、収容所に連行されるか分かりません。資料等をまとめるのは時間がかかるので、一先ず手紙を書くことにしました。追って届けます。

 では、またウァティカヌスの丘でお会いしましょう。

主にあって。

1943年7月 シュテェティン


総番号: ██████
1943年8月3日 17時 52分 ドイツ・ベルリン発
1943年8月4日 xx時 xx分 本省着
████・████████枢機卿 殿
第█████号 極秘
1943年6月に本邦の研究施設に対し、貴国の外交官█████・█████が破壊工作を行った容疑がかかっている。これは遺留品からの推測である。

現在、彼は死亡しているが、これは確保する際銃撃戦に発展し、また、彼が外交旅券を提示せず外交官特権を確認できなかった為である。
これが真実であるならば、貴国と本邦との友好関係に多大な悪影響を与える事だろう。
この件に対しての弁明を求める。
署名 大ドイツ国 █████・███████████

総番号: █████
1943年8月5日 09時 43分 本省発
1943年8月4日 xx時 xx分 在ベルリン大使館着
外務大臣 █████・███████████ 殿
第████号 極秘
8月3日に送信された文書の内容に対して、そのような事実は一切ないことをお約束しよう。以前からお伝えしている通り、聖庁には諜報活動を行える下地こそあれど、組織的な諜報活動は行っていない。
諜報活動が実際にあったとすれば、聖庁と貴国の外交関係を破壊しようとする謀略と考えられる。
聖庁としては、貴国に引き続きのコンコルダートの遵守と、友好関係の維持がなされる事を切に期待する。
署名 ████・████████枢機卿

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。