有責義務
評価: +1+x

「申し訳ございません、奥様、ですがワンダーテインメント博士はワンダーテインメント博士の子ども先生用いしょく手術キットの不正使用に対して一切の責務を負うことができません」

私は最高のワンダーテインメントの煌めくような笑顔™を身に着けて、ワンダーテインメント博士の天下一品有責義務班のために新たな訪問客と向き合いました。悲しいことに、彼女は商標ワンダーテインメント博士の積極的な姿勢™を持ってはおらず、彼女の気分はこのように最高の状態ではありませんでした。私は彼女に無料キットをお送りすることを心に書き留めておきました。

「天下一品警告表示にてまさにこの通り申し上げております。ワンダーテインメント博士の子ども先生用いしょく手術キットには少量のナッツが含まれている可能性があります」

「少量のナッツですって?私の可愛いジョニーはお宅の移植なんちゃらとかいうのを使った直後に死にかけたのよ!」

ため息をついて、私はワンダーテインメント博士公認の免責条項の本(全部で27キログラム!)を引き出し、適切なページを開きました。

「申し訳ございません、奥様」私は適切な条項を示しながら言いました。「1485ページのまさにこの箇所にて述べております」

ワンダーテインメント博士の天下一品警告表示にてナッツの存在が明確に記載されているならば、ワンダーテインメント博士はナッツによる怪我(ナッツによる怪我の完全なリストについては、付録5-Aを参照してください)に対し一切の責務を負うことができません。

私はワンダーテインメント博士の凄い視力の目™の輝きを増して、前方へ身を乗り出して、言いました。「私共はとてもとても申し訳なく思っており、補償としてあなたにワンダーテインメント博士の素晴らしい製品を無料でなんでも喜んで提供いたしたいです。こちらに」私は机の多くの引き出しの中の1つを引き出してサンプルを取り出しました。「ワンダーテインメント博士の最新製品、Infinite Fun-Book™はまさに本日発売されました。あなたはご近所さん達の中で無限の楽しさを手に入れた初めての人になれましたことを保証しましょう!ただ心に留めておいてください、私共は保証を保証致しません」

女性は私を顔をしかめながら見ました。「分かりました」彼女は言いました。「私はこの先ずっとお宅の製品のどれにナッツが入っているかをジョニーが知っているか確かめることにします」それから、彼女は私の事務所から立ち去りました。知識が確かならば彼女はワンダーテインメント博士製品の妙技のおかげで無限の楽しさを手にすることができるでしょう。

私はワンダーテインメント博士の魔法の指持つマッサージチェア™で落ち着いて、別口の仕事が上手くいった事に満足しました。私の幸福な思考は、しかし、私のデスクの電話が鳴ったことで中断されました。

「申し訳ございません、旦那様、ですがワンダーテインメント博士はワンダーテインメント博士のWonder-Ponyの不正使用によって引き起こされた怪我、死、病気に対して一切の責務を負うことができません」

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。