Anomalousアイテム記録
評価: +18+x

前記: 財団はこれ以上の研究は必要ない、あまり役に立ちそうにないアイテムを多く発見しました。そのうち興味を惹くアイテムは本文書にリスト化されます。将来これらのアイテムの知識が役に立つまたは必要になる時、この文書は情報源として活用される可能性があります。
- サイト-██、研究主任█████ █████博士

注意: このページは本家のAnomalousアイテム記録の翻訳です。翻訳記事を転載して作成されています。日本支部のAnomalousアイテム一覧はこちらをご覧ください。


説明: 壊れないランプ。
回収日: ██-██-████
回収場所: ████████、████
現状: サイト-██のライツ博士のオフィスに保管。
メモ: これは初めて”Anomalous”に分類されたアイテム群のうちの1つです。さらなる研究の価値が薄く、特別な取扱方もあまり必要ないとされたためSCP指定は受けませんでした。


説明: トスをした際に必ず"上を向く"ペニー硬貨
回収日: ██-██-████
回収場所: ████、███████
現状: 恒久保管庫に収納。
メモ: 研究者の誰一人として賭け事に悪用しようとしなかったとは信じがたい。


説明: 何時間も先端でバランスを保つことができる███████製のHB鉛筆。
回収日: ██-██-████
回収場所: ███████、████████
現状: 焼却。
メモ: 私にはこれのどこに特異性があるのかわからない。おそらく、非常に平坦な先端だったのでしょう。
注意: 適切な許可なくAnomalousアイテムを破壊することは財団の理念に対する重大な違反です。二度としないように。 - サイト管理者█████ █████


説明: 見たものは軽い横隔膜痙攣かしゃっくりを起こす絵画(おそらくは風景画、記録不明)。
回収日: ██-██-████
回収場所: ███████、███████
現状: 焼却。
メモ: 確かに一緒に働くには厄介な代物ですが、どうやって症状が現れるか確かめてみるくらいはすべきじゃないですか?
注意: 適切な許可なくAnomalousアイテムを破壊することは財団の理念に対する重大な違反です。二度としないように。 - サイト管理者█████ █████


説明: 一般的な庭に住むナメクジだが、這った跡が商業ドレッシングと全く同じ成分と味を有する。また、毎週分裂して繁殖する。
回収日: ██-██-████
回収場所: ████、███████
現状: 動物収容庫に保管、余剰分は焼却。


説明: どこからともなく明るい白色光を発する小さな岩。それ以外に特徴なし。
回収日: ██-██-████
回収場所: ██████、███████
現状: 現在ライト博士が所有。
メモ: 放射線はない、生命の徴候もない、何にもない。もし本当に何もないのならば、このアイテムは宇宙の不可解さを思い知らせてくれるものなのでしょう。


説明: 第三薬室からの発砲時に正体不明の男性の声で「ナイスショット!」と叫ぶ1964年型スミス&ウェッソン製.41口径マグナムリボルバー。
回収日: 09-03-████
回収場所: アメリカ合衆国、カンザス州ウィチタ市
現状: サイト19の年代物武器保管庫に保管。
メモ: 異常性を除けば問題なく使用可能で、十分にメンテナンスされている。声は銃の扱いの上手さや狙いの正確さなど、それが実際に「ナイス」か否かに関係なく聞こえてくる。


説明: 針金製のハンガー。首回り15.5~16.5インチの青い男性用長袖ワイシャツのみを掛けることができる。その他全ての衣服はハンガーの使用時にただ単に滑り落ちる。
回収日: 09-15-████
回収場所: カナダ、ノバスコシア州ハリファックス市
現状: 保管中。


説明: 核のスノードーム。振ると雪が降る代わりにミニチュアスケールの核爆発が起きる。放射線、音、衝撃は放たず、爆発のパターンは振るたびに変わる。爆発後に起こる現象として、放射能を持つ雪と黒い雨が観測された。無作為な間隔で内部に小さな小屋、車、トラックが生成され、これらは爆発の影響を受ける。
回収日: ██-██-████
回収場所: ロシア、ソクロヴィエノ
現状: 保管中。


説明: 常に普通よりとても遅く動くリス。飛び上がったり落下しているときも同様で、ビデオのスローモーション場面のように動く。
回収日: ██-██-████
回収場所: ███████の███████ファミリーキャンプ場
現状: 動物収容庫に保管。


説明: 安っぽいプラスチックのピンポン球。一日に二回、赤色から緑色に変化する。
回収日: ██-██-20██
回収場所: アメリカ合衆国、カリフォルニア州██████████
現状: 保管室19-553Bのロッカーに収容。メンテナンス班は取り出しを要求している。


説明: 白いカウボーイハット。かぶると喜びの声を上げながら"box dance"をせずにはいられなくなる。
回収日: ██-██-20██
回収場所: テキサス州██ ██████
現状: 使用頻度の低い実験室に保管、スタッフの誕生パーティに持ち出し可能。


説明: 時折7の目が出る6面ダイス。
回収日: ██-██-19██
回収場所: メリーランド州████████の████████賭博場内部
現状: マッカラム博士が研究のために使用。
メモ: 研究?バカな。あいつはあの呪われた代物をセービングスロー(抵抗判定)でイカサマをするために使ってるのさ。 - モーガン博士


説明: コ█・コ██ブランドの量産品のコークグラス。このグラスで飲むどんな液体も、ペ██ブランドのコーラの味がすると報告されている。
回収日: ██-██-████
回収場所: サイト-19内
現状: 食堂の従業員P. ███████が洗浄後落として破壊。


説明: 装填した全ての実包が空砲であるかのように発射される.500口径███ ██████サイドアーム。
回収日: ██-██-████
回収場所: ██████████、████
現状: 保管中。


説明: あらゆるものの表面から正確に7センチ浮かび続けるガラスの文鎮。
回収日: ██-██-████
回収場所: ██、█████████の██████遺体安置所
現状: 奇妙なアカペラ事故 (?) により破砕。マッカラム博士が現在調査しています。


説明: 1パイント (568ml) まで満たすことができるように見えるが、注いでみると35mlであふれる飲用グラス。
回収日: ██-██-1998
回収場所: イリノイ州████████
現状: 保管中。


説明: 巻き戻すと、毎回役者や舞台装置、性交方法が変化する、シリーズもののポルノビデオのVHS。全て実際に撮影された映画のように見えるが、質は低い。
回収日: █-██-1995
回収場所: ニュージャージー州ハッケンサック市
現状: 不明。おそらく紛失。 最近██████博士の所有物から発見された。 保管中。


説明: 高さ76センチメートルのピエロの像。当該アイテムが置かれた部屋では、灯りが消えるとウフフと笑う音がする。
回収日: 5-16-200█
回収場所: ドイツ、██████
現状: エージェント██████によって9ミリ拳銃による約15発の射撃を受ける。エージェントは叱責を受けた。残骸からは異常な特性は見られない。


説明: 雄の成体のカピバラ(学名:Hydrochoerus hydrochaeris)一匹。その種の自然生息地からは数千マイル離れており、毛は鮮やかな青色と緑色をしている。
回収日: ██-██-20██
回収場所: ウィスコンシン州████████
現状: ██████████製の染髪剤で染められた、迷子のエキゾチックペットであると特定される。飼い主の元に戻され、クラスAの記憶処置が施された。発見したエージェントは叱責を受けた。


説明: 書くためには使えず、ジミ・ヘンドリックスが様々な食物を食べている写実的な絵を描くHBの鉛筆。
回収日: ██-██-1979
回収場所: リヒテンシュタイン公国、█████
現状: 試験中(1993年)に意図せずぽっきりと折れる。折れた鉛筆は異常な特性を示さず、後に焼却。


説明: 一般の建設レンガの大きさと形にカットされた、24000カラットのダイヤモンド。
回収日: ██-██-197█
回収場所: 南アフリカ共和国、███████
現状: 出処の識別中につき保管。


説明: 白い木綿とポリエステルでできたTシャツで、正面には"SCP:確保・収容・保護"の文字が、背面には"SCP-173:まばたき禁止"の見出しと共に、粗雑だがSCP-173と判る漫画があしらわれている。機密の漏洩を表しているのを別にすれば、この品物に特異な特性はない。
回収日: ██-██-20██
回収場所: ニューヨーク州ニューヨーク市の█████████リサイクルショップ
現状: 保管中。


説明: 6時間ごとに別の結婚式のものになる結婚式の招待状。今までの全ての式の日付は5年から15年前で、式の関係者が存在しているのが発見されたことはない。
回収日: ██-██-20██
回収場所: ウェールズ、██████████████████の█████████████本屋
現状: ワンタイムパッド生成に使用。


説明: ██████████社によって製造された、16ヶ月分 (2009年9月から2010年12月) の日程表で、表に書き込んだ内容が他の全ての表にも複製されるもの。これはまだ過ぎてない日時の欄に書き込んだときにだけ機能します。
回収日: ██-██-2010
回収場所: フロリダ州██████ ████の██████ ███████事務用具室
現状: 財団が17枚所持。市中に出回っている数は不明です (█枚と推定)。研究担当が残された複製品の所在を突き止めるため新たな書き込みを監視しています。


説明: 一秒ごとに消えたり現れたりするように見える、イケア製の壁掛け時計。
回収日: ██-██-19██
回収場所: スコットランド、███████
現状: グリニッジ標準時19██年██月██日の11時24分に消失。当該アイテムが再び現れることはなく、回復は不可能と推測。


説明: ゴムと金属のはえたたき。無脊椎動物の殺害に使用した時、使用者はわっと泣き出す。
回収日: ██-██-19██
回収場所: スリナム共和国、█████の███████無料診療所
現状: 保管中。


説明: 投擲すると最も近くの人型生物の心臓を貫き、さらに刃の部分からいくつもの刺を伸ばす槍。エージェントは、“最も近くの人型生物”とはたいてい投擲した者自身である点に注意してください。
回収日: ██-██-████
回収場所: アイルランド、█████
現状: 保管中。


説明: 駒の個数が変動する、ボードゲームの「リスク」のセット。駒は必要に応じて盤上に現れたり消えたりします。サイコロを硬い面の上で振ると予想されるようなカチャカチャ音ではなく戦闘の効果音が鳴ります。
回収日: ██-██-████
回収場所: オレゴン州████████
現状: エリア-43の休憩室で息抜きに使用可。


説明: 書くまたは描くために使用する時には、いつでも数秒ごとに“誰か助けて!木炭の中に囚われているの!”と書かされる、ぶどうの木炭片。
回収日: █-██-████
回収場所: スコットランド、████████████
現状: 保管中。


説明: █████ █████████の芳香の密造酒のボトル。使用すると、半径1キロメートル以内の猫を引き寄せる。███ ███████繁華街に4000匹を超える猫が集合し、交通渋滞を引き起こした後に発見された。
回収日: █-██-████
回収場所: ██████████、███ ███████
現状: サイト-██の低価値物品保管庫に気密容器にて保管中。


説明:アップライトピアノ。人間が鍵盤のいずれかに触れると、三時間が経過するか演奏者が力尽きるまで、ピアノを弾き有名なブロードウェイの劇の曲を歌うことを否応なく強いられる。注目すべきことに当該アイテムが音楽的才能、曲の知識、または正確な歌唱力を与えることはない。
回収日: 4-28-200█
回収場所: 財団のサイト-33内レクリエーションセンター。ピアノはサイトに数年間に渡って置かれていたが、この異常な特性は[削除済]が起きるまで明らかになっていなかった。
現状: 封じ込め違反発生時にスレッジハンマーで破壊。破片は焼却。残った燃えカスは異常な特性を示さず。


説明: HBの鉛筆。使用すると、使用者は知らないうちに書き間違いをする。この鉛筆を使用して書き間違いを修正することは可能である。
回収日: 6-██-20██
回収場所: サイト-19キャビネット支給
現状: 事故により破壊。残骸は異常な性質を示さない。
メモ: きみはこの報告をした者が単に書き間違いをしやすかっただけではないとしっかり確認したのかね?


説明: 白いプラスチックの“光輪”。七つの大罪をいずれも犯していない人物の頭におくと、光輝き浮遊する。その他の人物の頭上におくと、真っ赤に燃える。
回収日: ██-██-████
回収場所: ████、███
現状: ████ ██████博士の頭上に乗せると融解した。


説明: 1ドルから20ドルまでのドル紙幣。外貨の隣に置くと大声で叫ぶ。
回収日: ██-██-19██
回収場所: ██、██ ██████の██████銀行
現状: シュレッダーで粉々に。欠片は異常な特性を示さず。


説明: 雪だるまが斧で見物者を殺害する11秒間の光景が繰り返されるスノーグローブ。
回収日: 12-25-20██
回収場所: アメリカ合衆国、██の█████スキーリゾート
現状: ゴルドシュタイナー研究補助員の机の上。観賞目的。


説明: 動かすと使用者の頭も一緒に動く、██████製のバブルヘッド(首振り人形)。あまりに激しく動かすと首を痛めることも。
回収日: ██-██-19██
回収場所: ワシントン州シアトル市
現状: ロジェ博士の事務机の上。 ロジェ博士の事務室の金庫の中。


説明: 19世紀初頭のロシア製のカノン砲。カノン砲の可聴範囲内でチャイコフスキーの“1812年(序曲)”が演奏されると、カノン砲は空包(火薬は入っていないように見える)に火薬を詰め、装填し、発砲する。発砲のタイミングはわずかに曲とずれており、調和していない。
回収日: ██-██-████
回収場所: ████████、████████博物館のナポレオン戦争展
現状: サイト-12の職員用広場にて芝生の飾りとして保管中。チャイコフスキーの“1812年(序曲)”は当サイトの禁止物を記したブラックリストに追加された。


説明: 幅11インチのガラスのディナープレート。有機物質が皿の上に置かれると、廃棄物のようなひどい味と不快な見た目にする消化酵素(主にプロテアーゼとセルラーゼ)を分泌する。
回収日: ██-██-20██
回収場所: サイト19のカフェテリアで、███████次席研究員が発見。当初、彼はキッチンスタッフが彼の毒殺を企てていると信じていた。
現状: █████博士により調査中。


説明: 白いコーヒーマグカップ。現地時間で午前3時になると、カップ内にどのような果実飲料が入っていようとグレープフルーツジュースに取り替えられる。
回収日: ██-██-20██
回収場所: ミネソタ州███████
現状: ジェイコブ研究補助員が所有。 保管中。
メモ: 回収の19日後に、ジェイコブ研究補助員が当該アイテムをグレープフルーツで満たして以来、一貫して効果が表れなくなった。


説明: 音源、エネルギー源がないにも関わらず、絶えずビートルズの曲を流し続けるコードレスヘッドフォン。
回収日: ██-██-████
回収場所: アメリカ合衆国、カリフォルニア州の████████コンサート
現状: 保管中。


説明: ボールペン。このボールペンで書かれた数字の小数点は、以後314日間に渡り定期的に動く。
回収日: 11-03-20██
回収場所: サイト-11経理部
現状: サイト-23の保管庫の低価値物品棟に保管中。


説明: "~DFFF1C.tmp"という名前のコンピュータファイル。-2バイトという負のファイルサイズを持ち、記録媒体の利用可能領域を増加させる。ファイルのコピーは特性を維持するが、ファイルを編集するとサイズが0バイトに変化する。
回収日: 05-21-20██
回収場所: ████博士の家のPC
現状: ████博士のPCに保存。複数の携帯端末にバックアップ済。


説明: 三面ダイス。物理的には存在しえないにも関わらず、どれほど観察しても被験者はダイスが三つの面でできていると報告する。
回収日: ██-██-20██
回収場所: [編集済]でおこなわれた卓上ゲーム大会。
現状: 半分に切断したところ、一面ダイスが二つ生じた。


説明: 高さを調節できるステンレス鋼の扇風機(製造元不明)。聞こえる範囲内の誰もが知らないアーティストの曲が流れた時にのみ作動する。
回収日: ██-██-1997
回収場所: フロリダ州ジャクソン市
現状: 保管中。


説明: 切る時に少女の笑い声がするパウンドケーキ。
回収日: ██-██-2012
回収場所: ワイオミング州█████のパン屋
現状: サイト-17で冷蔵保存中。


説明: 粘板岩で作られた人間の手と前腕部の彫像。全長およそ0.5メートル、重量およそ50キログラム。当該アイテムの方向を変えることはできず、常に親指が磁北を指す理想的なコンパスとして機能する。
回収日: ██-██-2012
回収場所: イギリス、ロンドンのマーシャル・カーター&ダーク株式会社への襲撃時。
現状: セクター25の職員用広場。
メモ: 添付されていた回収報告書によると、MC&Dはこいつの買い手を見つけるのに苦労していたようだ。


説明: █████ █████製モペッド(エンジン付き自転車)、235キログラム。走行速度が時速30キロメートルを超過する時、速度に応じて著しく質量を(おおよそ350kgから600kgに)増したかのように慣性の増大が見られる。
回収日: ██-██-1999
回収場所: ドイツ、████████
現状: 保管中。


説明: 大きなホワイトボード。被験者がホワイトボードに問題を書くと、直ちに問題に関連する情報をまとめた表の形成を始める。当該アイテムは次に、まとめた情報と解答を見つけるため試作に関連性を形成しようとする。しかしながら、被験者の知性や外見に関する侮蔑的ともいえるコメントも書き残す。
回収日: ██-██-████
回収場所: テキサス州█████████
現状: 保管中。


説明: 位置、状況、電話の状態に関わらず常にアンテナが二本立つ携帯電話、Nokia1208(商品名)。その他の機能は正規の携帯電話と変わらない。
回収日: ██-██-████
回収場所: アストラハン地区████████村、[編集済]の所有物から発見。
現状: 保管中。


説明: 強く握ると最近の成功と失敗を深く考えるようになる紫色のストレスボール。
回収日: █-██-████
回収場所: P████ レイモンド博士という名前の精神科医の事務室の引き出し。
現状: 放し飼いにしていたペットのコーギーがズタズタに引き裂く。復元を考慮中。
メモ: こんなものが必要か?なんでこんなものを元の場所から取ってきた?レイチェルは昨夜なぜぼくを振ったんだ?ナンデ??? ――エージェント・R████████


説明: わずかだが人間のように話すバセットハウンド(犬種)。様々なアクセントやトーンで、“dude(よう)”という言葉のみを発する。
回収日: ██-██-████
回収場所: カリフォルニア州████
現状: サイト-33の犬舎。


説明: 1930年代後半のアーケードゲーム、スキーボール。一つのフレームで850点以上になると、得点するたびに券売機から生きたゴキブリが放たれる。
回収日: ██-██-1943
回収場所: ニューヨーク市コニーアイランド、████████&サンズゲーム
現状: 収容中。


説明: 監視されていない空の部屋の扉を開くことができる鍵。しかし、副次的な効果として、開いた部屋の中に無作為に小型哺乳類の骨が出現し、扉を開くと外に転がり出てくる。
回収日: ██-██-2006
回収場所: ロンドン、███████
現状: 収容中。


説明: あらかじめ入力していた利用時間が終わる前に停止させると、突然最大速度(15km毎時)まで上昇するランニングマシーン。プラグを抜いても同様の結果になる。
回収日: ██-█-2012
回収場所: 韓国、ソウル市の██████████████保健所
現状: 2012年██月██日、当該アイテムが壊れているのが発見されたことで、収容して以来、多くのエージェントが運動するために当該アイテムを使用していたことが明らかになった。修理後はもう異常な特性が見られなくなったため、財団の保険センターに移送。


説明:“正しく”かぶることしかできない野球帽。横向きや後ろ向きにかぶろうとすると、着用者の頭から強制的にはずれる。
回収日: ██-██-20██
回収場所: ニューヨーク州███ ████
現状: 保管中。


説明: 編み物の基礎という題名の書籍1冊。編み物をする上で起こりうるトラブルを解説した章を読むと、次に編み物をするときに同じトラブルに見舞われる。取り上げられるトラブルには、三次元空間では起こりえない絡まり方に関するものもある。
回収日: ██-█-2012
回収場所: アメリカ合衆国、メリーランド州ボルチモア市
現状: 保管中。


説明: 袋詰めされた薄切りジャガイモパン350パック。いずれもパンの端の部分のみ。このパンを見ると、方向感覚の喪失や前庭の機能障害が引き起こされる。
回収日: ██-█-2010
回収場所: アメリカ合衆国、ユタ州ソルトレイクシティ
現状: 封じ込め違反発生時に粉砕される。破片は被験者の11%に軽い耳鳴りを引き起こすにとどまった。残骸は保存中。


説明: 1992年、副大統領討論会のVHS録画。副大統領のダン・クエールが茶色のウズラ(Coturnix, ypsilophora)に置き換えられているように見え、収録中のウズラは正常な鳥類と同じように振る舞う。テープ内の他の対象に変化なし。法医学ビデオ分析は編集の証拠を明らかにしていない。
回収日: 11-17-2012
回収場所: フロリダ州フォートローダーデール
現状: Q█████博士のオフィス。


説明: 黄色い"ゴムのアヒル"のお風呂用玩具。今抱えている問題についてアイテムを擬人化された生きたアヒルのように扱って話かけると、お互いが問題点についてよく理解できたような錯覚を覚え、しばしばその場で解決策を思いつく。
回収日: ██-██-199█
回収場所: アメリカ、カリフォルニア州、███ ████
現状: サイト-17の事務所に展示されており、全職員が使用可能。


説明: 半径32.444メートル周囲の火災を消火するサカツラガン(酒面雁、Anser cygnoides)。上弦の月の夜には101mに拡大する。
回収日: ██-██-████
回収場所: モンゴル、アルタイ市
現状: 動物収容所。


説明: ページに触れるとそこに描かれているものの感触がするハードカバーの本。
回収日: ██-██-████
回収場所: ジョージア州カーターズビル市
現状: レイ博士の机の中。
メモ: 私はふわふわした子猫のページが好きよ。 -レイ博士


説明: 水に入れると動き出すクイーンエンゼルフィッシュ(Holacanthus ciliaris)のガラスの彫刻10個。彫刻は酸素を除き、普通の魚が用する物すべてを必要とする。
回収日: ██-██-████
回収場所: アイルランド、██████
現状: サイト-17二階休憩室のアクアリウム内。


説明: イギリスのアニメキャラクターウォレスとグルミットの磁器製フィギュア。観察者に対しチーズが食べたいという弱い欲求を生じさせる。
回収日: ██-██-████
回収場所: マーシャル・カーター&ダーク株式会社への襲撃時、SCP-████とともに回収。
現状: 保管中。


説明: 白とピンクの大理石で造られたチェスの駒のセット。(普段の取り扱いでは何もないが)ゲームで使用する際には、駒がプレイヤーにとって大切な人々の形へと姿を変える。プレイヤーの性別に関わらず、王は常にプレイヤーの姿をとる。
回収日: 04-26-19██
回収場所: ニューヨーク州ニューヨーク市セントラルパーク内のパブリック・チェスボード上に放棄されているのを発見
現状: 保管中。


説明: ジョン・ケージ作曲4分33秒の楽譜32枚。「演奏」すると、複数の無調性楽曲を練習するユーフォニウムの音が各コピーから小さく発せられる。
回収日: ██-██-20██
回収場所: ハワイ州オアフ島、████████高校の音楽室
現状: 保管中。


説明: ゼラチン製の模型ドクロ。このアイテムは一般的なゼラチンのように劣化する様子が見られない。毎年10月31日に公演をおこない、公演内容は████████ ████動物園で毎年恒例のコンサートの、███ ███████ ████というバンドの演奏と一致している。
回収日: ██-██-██11
回収場所: ████████ ████ 動物園、多目的シアター
現状: ███████博士の机の上。
メモ: 少々薄気味悪いが、なんといってもコンサートがタダだからね。 - ███████博士


雪銘: 木損の荒揺る洋式に老いての地震の奇術を、園弦五の煮たような撥音を藻つ琴場に沖帰る地所。
改宗美: ██/██/20██
海舟馬書: 飴理科合唱穀、炒り野胃衆、鹿後市
玄奘: 斉藤-59の票順補完六課ーに帆缶。


説明: 青銅の人魚像。像に晒された哺乳類に絶えず窃盗衝動を発生させる。
回収日: 6-30-1967
回収場所: ██、████████
現状: レプリカと入れ替え。オリジナルは保管中。


説明: ”sieve(ふるい)”の対義語として定義される、実在しない9文字の単語”[編集済み]”。読むか聞くかするとこの定義をすぐさま理解する。この単語を2つ以上書き記すことはできない。新しく書き記そうとすると、前の記述が消し去られる。この作用はおよそ1808km/sで伝播する。単語は自然で流れるように発音できると報告されており、外部の人間がこの単語を思いついたり書き記したりしやすいと考えられる。それ以外は特に異常性なし。
回収日: ██-█-20██
回収場所: サイト-18データバンクの単語生成検証サブルーチン
現状: 紙片に書き記してサイト-19に保管中。外部の人間がこの単語を記述した際は、定められた研究員のうち1人に連絡を取って新たに書き記させること。


説明: 生きたキノコやその他無侵襲性の菌類で構成されているティアラ。頭部に装着した人間の上半身は地球ゴマのように固定される。どれだけ力を入れても、完全な鉛直方向を向いた上半身を動かすことができない。
回収日: ██-█-1919
回収場所: デンマーク、コペンハーゲン市
現状: 保管中。


説明: 通常の素材で作られたブラジルの民族楽器ビリンバウ。これを持った人間が弦を叩くためにスティックを振り上げると、伝統的な旋律を奏でるための知識を直感的に得られる。それ以外に知識を得ることはないが、いったん得た知識はその後も残る。
回収日: ██-█-20██
回収場所: ブラジル、サウト
現状: 保管中。
メモ: 認識災害作用を持たないことが完全に確かめられるまで、接触および実験はDクラスのみに限定する。


説明: 129文字の文章。オンラインサービスのパスワード欄に入力すると、それが"password"であった場合を除いて、本来のパスワードがどんなものだったとしてもログインできる。
回収日: ██-██-201█
回収場所: ナイジェリア、ラゴス市
現状: 記録済。暗号化した上で研究し、ネットワーク構造へのこの効果に対する耐性の付与を進行中。


説明: 青いストレスボール。握った人物は激しく怒りだし、投げられると跳ね上がり投げた人物の頭に当たる。
回収日: ██-██-19██
回収場所: ████の████精神病院
現状: 保管中。


説明: ███████ブランドの一般的なトランプ1セット。ゲームに用いると”逆向き”になり、持ち主には裏面を、それ以外のプレイヤーには表面を見せる。
回収日: ██-██-20██
回収場所: アメリカ、ネバダ州███ █████
現状: サイト-██のレクリエーション室。


説明: 未知の黒色物質でできたクレジットカード。このカードを磁気ストライプリーダーに通して行った買い物は、メキシコ銀行の顧客ナンバー██████.██からの借り入れとして1993年10月にさかのぼって精算される。
回収日: ██-██-20██
回収場所: エジプト、カイロのギザの大ピラミッド内の隠し部屋
現状: 保管中。


説明: どんな場所にいてもラジオからメン・ウィズアウト・ハッツの”The Safety Dance”しか再生されない1994年製のトヨタ・カムリ(赤)。カセットテープを取り除いても、ラジオ自体を3回交換してもこの性質は消えなかった。
回収日: ██-██-20██
回収場所: ジョージア州アトランタ市
現状: 封じ込め違反発生時に粉砕され、融解。残留したスラグは異常な性質を示さなかった。


説明: 解説しようとした人物に対して認識災害的影響を及ぼすハイテクタイプライター。本アイテムはタイプライターであるにもかかわらず常にタイプライターであるかのように描写され、各種の性質や収容場所などはタイプライター関連の語句に置き換えられる。動詞の"shoot"は影響を受けず、アイテム本来の性質通りに記述される。アイテムの撮影は精神作用により妨害され、絵画の作成はタイプライターを描く結果に終わる。
回収日: ██-██-20██
回収場所: 解体された要注意団体[編集済み]に属する印刷機器研究施設
現状: サイト-███の印刷室に保管。本タイプライターを複製する試みが進行中。
メモ: このタイプライターは素晴らしいわ!"shoot"しやすいし正確だし、"shoot"距離も文句なし、重量も軽く、別規格のキーセットにも対応、トレイにカートリッジ60個を装着可能。タイピング機構は取り外し可能で、バージョン.45ACPと5.56が使えるわ。たぶんこの異常性は、諜報防止のために付与されたんじゃないかしら。 - エージェント・コーラ


説明: 歯車により輪ゴムを撃ち出す木製の玩具のライフル。銃身から発射された輪ゴムは光速の1/540に加速される。
回収日: 10-15-2010
回収場所: バージニア州マウントバーノン市
現状: 異常兵器収容室に保管。


説明: ネットワークに接続できないにもかかわらず、光速その他の物理的制約を無視してどこでも正確に161.24kbpsでインターネットに接続できるコンピュータ。
回収日: ██-██-2011
回収場所: ポルトガル、██████
現状: ████████との連絡手段として使用中。


説明: 非ユークリッド的構造をしたガラス製の彫像。 ガラス製の彫像の欠片。壊れる前は非ユークリッド的構造をしていた。
回収日: ██-██-2013
回収場所: ███████、████
現状: 保管中。
メモ: 私が見つけたときにはもう割れてました - エージェント・グリーン


説明: 読み書きできない人間が見ると、ラトビア語の読み方と書き方を教えてくれているように見える犬の絵。
回収日: ██-██-████
回収場所: ██、██████████
現状: サイト-██のレベル1文書保管庫。


説明: 分解できないクリスマスツリー。
回収日: 25-12-2013
回収場所: 元の場所は不明。サイト-14入場トンネルの付近で発見された。
現状: 飾り付けをしてサイト-14の休憩室に設置。


説明: 1枚のコースター。水平な面に置かれると、直径6.3cmの円形の水の跡を残す。本アイテムが残した跡は除去が非常に困難になることが判明した。
回収日: 09-18-1995
回収場所: テネシー州ガトリンバーグの██████ ████████醸造所
現状: 事故により破壊。原因不明。


説明: イスラエル・ミリタリー・インダストリーズ社製のピカニティレール付.50AE用デザートイーグルmk19。持つと周辺視野の右下に残弾カウンターが表示され、撃つと命中部位に応じて5点刻みの得点が表示される。
回収日: ██-██-████
回収場所: アメリカ、フロリダ州███████
現状: サイト-19の低品質アイテム保管所。
メモ: 説明だけ聞くと格好いいんだが、残弾カウンターは焦点を合わせにくいから射撃のときに気が散るし、かろうじて数が分かる程度だからほぼ使えない。得点機能は確かに正確に働くけど、撃つたびにいちいちスコアを記録しておくってのは面倒だ。まともに使える武器と混ざらないようにしてもらいたいね。 - エージェント・ハレルソン


説明: ガムが6ピース入っている███████ブランドのチューイングガムのパッケージ。噛むと、”チューイング”する前の状態に戻る。噛み直したガムはこの性質を持たない。
回収日: ██-██-████
回収場所: カナダ、████ ██████
現状: サイト-██に保管中。
メモ: どういう仕組みなんだろう?-██████博士


説明: 振るとギターの音がするタンバリン。スタッフから大変好評を得た。
回収日: ██-█-████
回収場所: イギリス、██████
現状: サイト-19の休憩室に設置。


説明: 空色(baby blue)のボクシンググローブ1組。これをはめて幼児の顎を殴ると、その幼児の永久歯が24時間以内に生えてくる。
回収日: 08-10-20██
回収場所: スコットランド、グラスゴー市
現状: サイト-17の収納ロッカーに保管中。


説明: ステゴサウルスに似た生物を描いた、4世紀ごろに作られたローマモザイク。内容が時代はずれである点を除けば異常な性質は見られない。
回収日: ████-██-██
回収場所: イタリア、シチリア島のヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレ
現状: サイト-77の歴史的異常物品棟に展示中。


説明: 木製のパンパイプ。吹くと、未知の男性が演奏者の母国語で音楽に関連したダジャレを言うのが聞こえる。
回収日: ██-██-1991
回収場所: ギリシャ、テッサロニカ市の████音楽ショップ
現状: 保存中。


説明: ███████ブランドの赤い自動車。この車が走った後の地面には炎の轍が残ると報告されている。また、時速████kmまで加速できる。
回収日: █-█-████
回収場所: █████家のガレージ
現状: ジェラルド博士が運転しているのを見られたのが最後。破壊されたと推定される。


説明: 黒いシルクハット。かぶった人間が発するいかなる音も、未知の男性が話す擬音語的な単語に置き換える。(例えば、くしゃみの音は「くっしゃーみ!」に変わる。)
回収日: ██-██-████
回収場所: ███████、███████
現状: 保管中。


説明: ”WORMS(ミミズ)”と白で書かれたスズ製の缶。ふたを開けると、そのすぐ下に新たなふたが現れる。分析により、おそらくふたは無限にあるという結論に達した。
回収日: ████-██-██
回収場所: ウェストバージニア州███████
現状: Anomalousアイテム収容ロッカー。


説明: ████████ブランドのたばこ1カートン。吸うとオペラのような歌声でしかコミュニケーションが取れなくなる。効果は8から15分ほど続く。
回収日: ██-█-2004
回収場所: アリゾナ州フェニックス市
現状: 回収から1ヶ月後にサイト-22の職員が数本を消費。残りは保管中。
メモ: これすごく面白いね。製造元を財団がつきとめたら、休憩室に自販機を設置してくれないかな。 - エージェント・██████


説明: 2011年モデルのアルファロメオ159(赤)。運転席に座るとシフトレバーの使い方を忘れる。車両から出るとこの効果は消える。(この車にはシフトレバーがあることに注意。)
回収日: █-██-20██
回収場所: ポーランド、█████████
現状: 保管中。クラッチが焼き付いたため修理待ち。


説明: 半径5m以内の人間に対し誰かに見られているような感覚を与える、羊の群れを写した白黒写真。
回収日: █-██-████
回収場所: ███ ██████
現状: 保管中。


説明: トライアンフアドラーTA-1600ブランドのコンピューター。起動すると、すべての周辺機器が熟成されたアベイ・ド・ベロックのチーズに変わる。
回収日: 11-██-2012
回収場所: カナダ、アルゴンキン大学
現状:サイト-██の休憩室に保存。
注意: 言うまでもないと思っていましたが、未だに事故が起こり続けています。故意にチーズに変えるつもりでない限り、スタッフは周辺機器をこのコンピューターに接続しないように。 - ホワイト管理人


説明: 指で描かれた絵。3センチの円の中に7センチの正方形が描かれている。
回収日: 12-2-20██
回収場所: Christian Addler小学校
現状: 調査中。
メモ: 物差しが間違ってないのは分かってる、だが私の脳はこれを信じたくないと言っているんだ。誰かこれが間違ってないと言ってくれえ。 - エージェント・モリス


説明: 切断されたイリエワニ(Crocodylus porosus)の頭部。腐敗も腐食も発生していない。触れられるか持たれるかすると生き返って触れた人間に噛み付き、その後不活性化する。本アイテムは受けたダメージを即座に修復する。
回収日: ██-██-2014
回収場所: ネバダ州ラスベガス
現状: 冷凍保管庫で保管中。


説明: 青いM&Mチョコ1粒。平らな面に置くと回転し始め、およそ65rev/s(1秒あたり65°)まで加速した後に静止し、持ち上げて置きなおされるまでその場に留まる。
回収日: 2-24-2014
回収場所: コロラド州ボルダー
現状: ██████博士が消費。


説明: 開けたばかりの14オンス入り███████ブランドのケチャップの瓶。叩いても振っても中身を出せないように見える。
回収日: 4-15-20██
回収場所: メキシコ、サン・ファン
現状: サイト-22で認可を受けずに中身を取り出そうとした試みの際に粉砕。瓶が粉々に砕けたにもかかわらず、中身は外に出てこなかった。破片と残骸はサイト-59の標準収容ロッカーに保存。


説明: 通常のものよりも3.86秒遅れてものを写すガラス製の鏡。反射物を見ようとすると奇妙な「ラグ」が生じる。
回収日: ██-██-████
回収場所: ウクライナ、██████████
現状: サイト-73で実験中。調査により、鏡面反射による光子の速度の増減は見られないことが判明している。


説明: 地球の重力圏を脱出するのに十分な速度まで加速できる、未知のポリマー製のおもちゃのロケット。財団の注意を惹き、実験が行われた。
回収日: ███-██-████
回収場所: ████と█████の境界
現状: 現在は地球軌道上の熱圏に位置している。


説明: スウェーデンの映画”██████████の████ █████”(19██)の海賊版VHSビデオ。再生のたびに登場人物の性別と人種がランダムに変化する。
回収日: ██-██-████
回収場所: グアム、████████
現状: サイト19の休憩室。 現在保管中。
メモ: 役者は大根、脚本は陳腐。


説明: ██年物と推定される、█████ブランドの小さなFMラジオ。電源を付けどんな周波数に合わせても、使用者の思春期にティーンエイジャーの間で流行していた歌をランダムで再生する。それらの歌の内容は常に恋愛関係を含んだものであり、試験の95%においては使用者の最近の人間関係と著しく似通ったものを描写した。恋愛関係を持っていない者によって活性化された場合は、このラジオは個人を特定できない思春期の男性が、無調の電子ピアノの音色の伴奏とともに、調子はずれであるがドラマテックに歌うHarry Nilssonのシングル"One"の稚拙なカバー曲を流す。
回収日: ██-██-1986
回収場所: イリノイ州███████の███ ██高校
現状: ████研究員のテスト後紛失。


説明: ███-████ブランドのマシュマロの詰め合わせ。マシュマロが摂食されると、摂食者の頭が青い炎に包まれる。その温度が100℃を超えているにも関わらず、目立った変化が報告されない。
回収日: █-█-2014
回収場所: スコットランド、███████
現状: 残りのサンプルを保管中。


説明: 自身のおよそ半径1km圏内で死者が出た際、時折民謡のtwa corbiesを歌うペアのワタリガラス(Corvus corax)。
回収日: 06-27-1989
回収場所: ブリテン諸島、████████
現状: 標準的な鳥小屋に収容。


説明: 正反対であるとしか表現できない、███ブランドのヘッドフォン1組。
回収日: ██-██-20██
回収場所: カナダ、█████
現状: サイト-██に保管中。
メモ: これについて深く考えすぎるな。 - ███████博士


説明: ブランド表記の無いノート。全てのページに多数の手書きの虹が含まれている。表紙に"カイル, 6さい"という文字が見える。このノートに関係する全ての文が、ノート中に含まれる虹の色彩パターンに倣うよう変更される。その描画は、実際の虹の色彩パターンには従っていない。
回収日: ██/██/██
回収場所: イギリス、サセックス州
現状: サイト-98に保管中。


説明: 強い磁場の存在下(8テスラまで試験済)であっても、完全に強磁性に欠く半径2cmの鉄の玉軸受け。唯一のanipole(架空の単極子とは対照的に、極を持たない磁石)な実体として知られている。これは放射線感受性の実験で使用するための低バックグラウンド鋼(low-background steel)の探索中に発見された。それは異常に低レベルな微量の放射性元素であると知られていた。後の分析で、それが完全に純鉄で構成されていることが明らかになった。
回収日: ██-██-200█
回収場所: アメリカ、アラスカ州の███████工場
現状: 純度を維持する為、サイト-11の放射線遮蔽ユニットに収容。


説明: 標準的な「モノポリー」のボードゲーム盤。プレイした時、常にプレイヤー間の口論を扇動し、最終的に彼らの関係が婚姻関係、相互関係、友人関係、その他どのような形の物でも停止または解消に繋がる。
回収日: 07-03-2001
回収場所: アメリカ、イリノイ州の██████ファミリーヤードセール
現状: サイト-19に保管。


説明: 人気トレーディングカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」のブースターパック7つ。パックのいずれかを開封すると、「ハッ!間抜けが!」と言う身元不明の男性の声が聞こえる。声はパックを開けた人物から離れた場所に位置していると思われる。
回収日: ██-13-20██
回収場所: ████ & ██████コミックス
現状: 5つが残っている。現在はサイト-23の格納室へ収容。


説明: 2m×1mのガラスの長方形。平行宇宙に繋がる運搬可能な窓として機能する。裏側は未知の不透明物質であり、現在まであらゆる破壊の試みの影響を受けていない。現時点では宇宙同士の相違点は不明であるが、あらゆる点で地球との違いがみられない。ガラスは実質上鏡として機能する。
回収日: ██-03-19██
回収場所: イングランド、████████
現状: 印をつけた上でサイト-██の更衣室で使用 2009年9月6日、プロトコルANTI-AN105/76「収容第一」の再制定に則り、保管庫に移動。


説明: 工作用粘土の塊17gで、これを複数人が視認すると、全員が非常に大量の粘土があると認める。この幻覚が持続するメカニズムは現在不明。一人だけで見た場合、異常効果は発現しない。
回収日: ██-12-20██
回収場所: イングランド、█████████-████-████の██████ █████
現状: サイト-██の休憩室内の小型ビニール袋に保管中。


説明: 可聴域の音声で、自身についての愚痴を言う枕。これまでの愚痴の内容は、自身の柔らかさ(時折「硬すぎる」「柔らかすぎる」と供述)、素材、内部の材質、値段についてのものがある。この枕は知覚力がある事、担当者への応答が出来る事が注目されているが、その話題は専ら自身である。
回収日: ██-14-20██
回収場所: █████・ソフト株式会社
現状: サイト-35の保管庫に収容


説明: 古くなったり鮮度が落ちないチキンナゲット。一部を切ると、切り取られた部分が再生する。もう一方の切り取られた側は再生しない。ナゲットの「メイン」部分は、切り取っても異常性を示さない破片を伴って再生するものと考えられる。
回収日: 12-31-2013
回収場所: コネチカット州████████
現状: サイト-48の冷凍庫に保管中。
メモ: 恐らく我々は、食糧不足時にこれを無限レーションとして使えると思います。 - スミス博士


説明: 目撃された時、必ず「皮肉っぽい」と目撃者から供述されるアルバオーク(Quercus alba)の木。影響を受けた対象は更に説明する事が出来ないか、又は説明を拒否している。
回収日: 05-21-2011
回収場所: カナダ、█████████
現状: 保管中。


説明: ブルームーンが発生する度に生命が宿る、高さ1mの純金製のフラミンゴの像。生命が宿ると天井を通り抜けて飛ぼうと試み、結果ただ天井に衝突するのみとなる。拘束されるか、ブルームーンが終了し夜が明けるまで像はこの動作を続ける。
回収日: 05-16-████
回収場所: アメリカ、███████動物園
現状: 保管中。


説明: 赤いマーカーで「ジミーのぼうえんきょアンドアンティスコップ」と書かれており、周りに星のステッカーが散りばめられているトイレットペーパーロール。一方から見ると望遠鏡として機能し、反対側から見ると物体が反転して見えるよう機能する。
回収日: 06-12-████
回収場所: アメリカ、█████████の森
現状: 保管中。
メモ: これを失くした子供が可哀想だな。 - リチャーズ博士


説明: ██████-████ (██)同じ方向に二回ひっくり返すと"3つ目の面"が見える複数枚の紙。もう一度ひっくり返すと最初の面が見える。最初の面から逆向きにひっくり返すと3つ目の面が見える。
回収日: 03-20-████
回収場所: ██、████████の████████高校
現状: 保管中。


説明: Mサイズの白い男性用シャツ。写真や映像はシャツが存在しないかのように発生するため撮影の試みはすべて失敗している。
回収日: ██-██-████
回収場所: ████████、████
現状: 保管中。


説明: 2.11189メートルの銅製の抽象像。作者は不明。暴露すると9.800419時間にわたり精密測定の能力を極端に過大評価するようになる。
回収日: ██-██-████
回収場所: ████████近代美術館
現状: 保管中。


説明: 一組のチーズグレーター。互いに6メートル以内にある限り片方で削ったチーズはもう片方から出てくる。
回収日: ██-██-████
回収場所: ワシントン州、スクイム、21████████通り
現状: 試験中。


説明: 生きておりボアコンストリクターと同じ習性を持つ標準的な紙製のストロー包み。この習性は蛇のように這うことや獲物を締め付けることを含む。その素材が故に非常に小さな力しか及ぼせず、注目に値するようなものは何も阻めない。
回収日: ██-██-20██
回収場所: ██████、██████のモーズ・ロードサイド・グリル1
現状: 恐らく事故によりくしゃくしゃになっている。"死んだ"と考えられている。


説明: HAPYFASES.TTFというフォントファイル。このフォントを用いたテキストは"クリンゴン・スティード"(12の未刊行のスラッシュ小説2)からの抜粋のようになる。著者と作成者はこの事を知らず、異常性も見られなかった。ダウンロードファイルは破損データのデコイと置き換えられた。
回収日: 03-06-2009
回収場所: PhreeKrazyFontz.com(16-12-2012現在存在せず)
現状: サイト-12の上級研究員メアリー・エスポジートのワークステーションにインストール済み。


説明: 雪山の向こうの日没を描いた油絵。この絵を見た者はその構図について十分に「価値を認めた」と見なされるか外力によって動かされるまで動けなくなる(瞬きなどの不随意運動を除く)。
回収日: 12-06-200█
回収場所: ウクライナ、████の███████美術館、前日に自発的にギャラリーに出現
現状: ジェントリー博士が警備員によって動かされるまで3時間動けなくなった事件に次ぎ、恒久的に収容。
メモ: 描いた奴が奥行きを伝えるのがもっと上手かったら、こいつの価値を認めるのももっと簡単だっただろうよ。 - ジェントリー博士


説明: 安っぽい見た目のゴールデンレトリーバーのぬいぐるみ。被験者はぬいぐるみの体について異常なほどリアルに感じると述べる。毛に触ると犬の毛のように感じると述べ、口に触ると湿っていてベトベトすると述べる、など。
回収日: 09-21-1992
回収場所: ルイジアナ州、███████の██████ ████ダラー・ストア3
現状: サイト-15のラウンジ(レクリエーション用)


説明: ダメージを受けると大きな「甲高い」音を出し、逃げ出す13の12インチ定規。
回収日: 01-██-20██
回収場所: テキサス州コッペルのステープルズ4の廃倉庫、以前はセックスカルト████と████ ████の所在地だった。
現状: 試験中。


説明: 自分自身についての記述を不確かにすることができると思われるコーヒーカップかも知れない。
回収日: 1999年頃?
回収場所: フロリダのどこか。
現状: 保管中。たぶん。


説明: ニッケルメッキを施した懐中時計。振り子のように前後に揺らされていないときに観察者を軽度催眠状態に誘導する。
回収日: 06-██-20██
回収場所: カイロの蚤の市
現状: 異常特性は抑制されており、観察は安全。
メモ: 本当に誰かこれを揺らし続ける小機械を作ったのか?まあお疲れ、でも真剣な話、箱の中にしまっておけばよかったんじゃないかな。 - ミカ博士


説明: 管状の縁(直径6.4 mm)を持つ銅製のフープ(直径152 mm)。内側の面を1.6 mm幅の溝が走っている。25.4 mmの3本の棒磁石が溝内部のレールに留められている。この磁石は常に等距離を保っており、運動量を与えられると一定の速度で遅れることなくフープ内を回る。この機構から力学的エネルギーを抽出しようとするあらゆる試みは突然の停止を引き起こした。全ての模倣はオリジナルの永久運動を複写することに失敗している。
回収日: 08-08-1968
回収場所: ネバダ州ラスベガスの発明者大会
現状: サイト-19の技術調査研究所


説明: 様々なコンテンツと未定の正確な枚数がプリントされた大量の 128枚の 127枚の およそ124枚の A4の紙束。束が数えられるたびに1枚から3枚の別々な何枚かの(決まっておらず、恐らくランダムであると思われる)紙が消失する。
回収日: 05-11-2010
回収場所: 中国、上海の██████ビル。元々は400枚以上からなっていたと考えられている。
現状: 保管中。


説明: 2つの同じ大きさの黒点を持つ10x10 cmの白のカラーペーパー。点はどのように紙を回しても地球の赤道上に沿うように並ぶ。紙を地上に対しておよそ平行を維持しないと異常性は現れない。
回収日: 12-11-████
回収場所: ██警察法医学研究所、故ジョン・ドウから回収。
現状: 保存のためラミネート済み、保管中。


説明: いかなる重力も受けないプラスチック製のミルク差し。ミルクは異常性を持たないことが判明している。
回収日: 01-12-2015
回収場所: アルゼンチン、███-█████の████████リサイクルセンター
現状: 盗難。


説明: 数メートル範囲のテレパシー能力を持つ岩。ほとんどは自身がどれだけ退屈しているかについて考えている。コミュニケーションは一方通行のみであると思われる。
回収日: 09-01-████
回収場所: 機動部隊プサイ-8("サイレンサー")によるサイト内異常イベントの調査中に発見。特定可能なより大きなアノマリーにくっついていたのではないと断じられている。
現状: 保管中。
メモ: どの岩が異常なのか特定するのに数時間かかった。膝が痛い。 - エージェント・█████


説明: 動かず、0.25メートルまで下方移動する豚。効果は完全に視覚的なものである。外観は常に効果が開始したばかりのように見える。効果は瞬時に現れると報告されている。
回収日: ██-██-████
回収場所: ████、██████の養豚場
現状: サイト-██でバレム次席研究員のペットとして飼育中。


説明: 粘土製の壺に入ったヒトの足のミイラ。エジプトの第十八王朝に遡ると考えられている。遺伝子検査の結果現代のカリフォルニアに在住し現在両足を持つDaniel Eichtue-Heau5のものと一致した。Eichtue-Heauは監視下にある。
回収日: 06-13-20██
回収場所: エジプト女神マアトの神殿の遺跡にて発見。
現状: 保管中。
Eichtue-Heauの左足は02-21-20██の労働事故で切断。足は財団職員により確保され、ミイラと同じ遺伝的特徴を持つことが判明している。現在冷蔵収容中。


説明: 高さおよそ0.7メートルの半熟ゆで玉子。淡茶色で緑の斑点がある。DNA検査は非決定的。
回収日: 12-11-████
回収場所: 南アメリカで違法営業していたエキゾチックフード専門店から回収。メニューには他にユキヒョウ、チンパンジー、ケナガマンモス、ヒト、SCP-███が含まれていた。このような卵はすでに二つ給仕され、最後の方の一つは中国の裕福なブローカーのために用意されていたことが報告により示されている。卵は█,███,███ドルで売られる予定だった。
現状: 試験中。


説明: 必ず観察者に本物のジャックラッセルテリアを見ていると信じさせる同種の犬のプリント画像。効果は鏡やカメラを通し、間接的に観察することで避けられる。
回収日: 09-04-████
回収場所: ニューオーリンズのペットショー
現状: サイト-██の犬小屋で飼育中サイト-██ の認識災害ファイル収容室で保管中。


説明: 15 cmのクレイモアのミニチュアに似たレターオープナー。素材は一般的な低品質ステンレスで、握り部分はラッカー塗装されたオーク材。採取されたサンプルは異常性質を示さなかった。これを用いて開けられたいかなる封筒の中身も適切な内容の詩になる。ミッションレポートはバイキング・サーガから第一次世界大戦の戦争詩人による詩に似たものまで変化してきたが、一方事務的な内容は通常ダダイズム6的、あるいはアブサーディズム7的な内容になる(特に██████会計部門で作成されたもの)。
回収日: ██-██-20██
回収場所: ████の████████
現状: サイト-████の保管庫に保管中。アクセスは通常A - Cクラス職員の████████博士への要請書により許可される。


説明: ツインサイズのマットレス。このマットレスの上で寝た者は必ずフォークとキッチンナイフだけで生きたセイウチを食べさせられる夢を見る。それに成功するか否かは重要ではないと思われる。
回収日: 14-06-1983
回収場所: イングランド、███████の家具屋
現状: 保管中。


説明: 3本の自然界には存在しない色の色鉛筆を主とする、クレオラ8製の24色色鉛筆セット。箱及び各鉛筆には"moiter"9、"emilet"10、"cankri"11と記されている。これらの鉛筆は予想通りに機能した。
回収日: ██-██-████
回収場所: カナダのマナによる慈善財団の施設から回収。
現状: 保管中。
メモ: 多分ミームか何かだろう。これを見ると頭痛がする。軽度とはいえ。 - ████████研究員


説明: 脚架、照準眼鏡、マガジン、内部機構を完備した.338口径のアキュラシー・インターナショナル12製AWMスナイパーライフルの、種々の異常に丈夫な食物で構成された1:1レプリカ(大部分はチョコレートケーキでできている)。その構成にも関わらず完全に火器として機能し、.338ラプアマグナム弾を装填し発射することができる。
回収日: 07-16-2000
回収場所: イングランド、サマセットのサンドフォード
現状: 保管中。


説明: すべて紙屑でできた走行車。モーターは見つかっていない。
回収日: ██-██-████
回収場所: テキサス州の████████
現状: サイト-██のガレージに他の非危険車と共に保管中。


説明: (何らかのウェブサイトでユーザーネームとして使われた場合の)"█████████████"というフレーズ。この名前のアカウントは自然に発生するコンピューターエラーにより規制も削除もできず、投稿・アップロードされたコンテンツも削除できない。
回収日: ██-██-2007
回収場所: なし。最初の実例はRedditというソーシャルメディアウェブサイトで特定された。
現状: このユーザーネームを使用した██の既知のユーザーは、アカウントの使用を防ぐため特定・記憶処理を施した。ユーザーネームは財団により可能な限り多くのサイトで登録済み。


説明: メーカー識別子を持たない標準的な硬貨計数機。計数機はトリプルAバッテリー131つで動き、予想通り作動し、投入された硬貨を正しく数える。しかし、投入された硬貨は全て同じ金額分のペニー14になる(例えば1枚のダイム15は10枚のペニーになる)。外見上計数機はペニーでいっぱいのように見える。蓋が外されると、ペニーのままではあるが、通常通り取り出すことはできる。
回収日: 11-11-2011
回収場所: フロリダ、███ █████のウォルグリーン16
現状: █████博士の机の上。


説明: A stack of three-hundred and sixty-four (364) pieces of personalized stationery. "Messages for Bertrand Bartleby" is inscribed at the top of each. When folded in half, stationery will inscribe itself with the name, physical description, and a chronological record of actions taken by anyone in proximity to the folded paper, using terminology and slang common to turn-of-the-century London.
回収日: 02-15-2015
回収場所: 412 Missionary Street, London, England.
現状: Missing.
Notes: On 06-20-2015, all but one (1) piece of the acquired stationery were reported missing from storage. The remaining piece had been folded in half and left in the empty locker.


説明: 乗っている間、たとえ屋内であっても秒速█~███メートルの逆風が発生する、█████社製マウンテンバイク。
回収日: ██-██-2014
回収場所: デンマーク、███████
現状: 風力の潜在的発生源に関する調査が進行中。


説明: █████社製デジタルカメラ。写真を撮影すると、シャッターを切る約4.5秒前の光景が写真に映し出される。ビデオ撮影の場合は動画の冒頭4.5秒間が同様の影響を被る。
回収日: 04-10-20██
回収場所: ドイツ、██████████の██████撮影所
現状: B█████博士のオフィス内に保管中。


説明: █████のコンソール用コントローラー。これを把持した人物はアルファベットの代替としてアスキーコードや記号を用いる「1337(リート)」という"言語"で記述ないしタイピングを行う。
回収日: 04-15-20██
回収場所: アメリカ合衆国、イリノイ州█████████████
現状: アルベー博士の個人用ロッカーに保管中。


説明: 様々な人間文化における所作を模倣し、流暢なイギリス英語を話す蠍。
回収日: 01-28-2010
回収場所: アメリカ合衆国、テキサス州██████
現状: サイト-██の赤外線ランプ付き標準テラリウムに収容中。
メモ: 完全肉食性の一般的な蠍であるにも拘わらず、紅茶を好むようです。 - ヘンリー博士


説明: タカ科(タカ、ワシ、ハゲワシ)の尾羽に類似した未確認生物種の羽毛。白色の筋の通った茶色で、自然に抜け落ちたものとみられる。長さ4メートル、幅1メートル。
回収日: 09-14-2011
回収場所: カザフスタン、アスタナから約500キロメートル西方のステップ地帯
現状: 保管中。
メモ: したがって、我々は巨大な卵及び羽根を保管しているわけですが、巨鳥はどこに居るのやら。しかも何故誰一人として心当たりが無いのでしょうか。 - アージェント博士


説明: 無印のAndroid端末用データ通信ケーブル。対象のデバイスに接続されると、見かけ上ケーブルが電源に接続していない場合でも、当該デバイスが充電される。
回収日: ██-██-20██
回収場所: 「販促品」として███経由でサイト-██に送付された。郵便の送り主の住所は財団工作員により目下調査中。
現状: 職員が使用可能な形でサイト-██に保管中。


説明: 適切な水中環境内に置かれると活性化し、ウミエラ目(Pennatulacea)に類似した振る舞いを見せる12本の羽ペン。水中から回収されると元の状態に戻る。当アイテムは、生きたペンがあるとの報告により発見された。
回収日: 08-23-2015
回収場所: サンディエゴの████████内の小水槽。
現状: ██████博士の部屋の養水槽内に配置中。


説明: ████ █████社によって製造及び販売された、22種の道具から成る工業電気技師用工具セット。いずれの工具も、直接目視せずに手に取ろうとすると瞬時に数メートル離れた場所にランダムに転移する。工具を5回回収する毎に、全ての工具が適当な場所に転移し、「;)」のエモーションアイコンを模した配列に並ぶ。
回収日: 04-18-2013
回収場所: 収容エリア-████の建設現場。
現状: サイト-45の低重要度研究棟に保管中。


説明: "Do not swaer" [原文ママ]という文字が全ページに記してある便箋1綴り。当オブジェクトに文字を書く際、文章中のあらゆる罵言が綴りの似た単語に自動的に置換される。
回収日: 09-08-2015
回収場所: オーストラリア連邦、██████████の██████████学校の教室内。
現状: ██████研究員の部屋の用紙トレイ上に保管中。


説明: 未知の物質で構成される黒色のグローブ。当アイテムを着用して生物ないし無生物を殴打すると、発生した音を叙述する大きな文字が装着者の周囲1メートル以内に1.7秒間出現する。
回収日: 09-08-2015
回収場所: アメリカ合衆国、ワシントン州ワラワラのプロップハウス。
現状: ███████博士のオフィス内陳列ケースの中に保管中。


説明: 未削りの鉛筆と区別できなくなるまで、挿し込まれた鉛筆に木製の裏板を継ぎ足す鉛筆削り器。
回収日: ██-11-2015
回収場所: ████████アフリカ、██████████の教室内。
現状: 鉛筆の再利用のためスタッフ用支給品置き場内に保管中。███████博士のオフィス内鍵付きコンテナ内に保管中。


説明: 1ガロンのベン&ジェリーズ社製アイスクリーム。周囲の気温に関わらず、アイスクリームの温度は摂氏12度に保たれる。アイスクリームを消費する際、その味は既存品の味の中からランダムに変化する。ただし、アイスクリームの摂食は「アイスクリーム頭痛」を必ず引き起こす。アイスクリームが消費後に再生成することはない。
回収日: 03-14-19██
回収場所: ███████の冷凍食品売場。
現状: エリア-23の冷凍庫に保管中。消費済。


説明: ヒトの頭蓋骨。把持者にウィリアム・シェイクスピア作の戯曲「ハムレット」を演じさせながら部屋中歩き回らせる。終演後、把持者は当該頭蓋骨を元の位置に戻し、平常状態に戻る。対象は質問された際、多くの場合は劇中の台詞を引用して応答する。
回収日: 09-14-2002
回収場所: イングランド、ロンドンの劇場。
現状: モロー博士のオフィス内鍵付き陳列ケースに保管中。


説明: 水中を泳ぐかのように空中を遊泳するオスのヨシキリザメ(Prionace glauca)。
回収日: 11-16-2013
回収場所: フロリダ州マイアミ
現状: サイト-B14構内のテラリウムにて飼育中。
メモ: 通常の鮫が食べるものなら何でも食べますが、ドッグフードが好みのようです。 - ウルマン博士


説明: ヒトに着用され、かつ、1羽以上のペンギンの視界内にある時、ペンギン1羽あたり1メートルの加速度で上向きの力を着用者に及ぼすシルクハット。標準の環境下では、10羽以上のペンギンが居なければ着用者は重力に耐えることができない。
回収日: ██-██-20██
回収場所: ██、██の██████動物園
現状: サイト-37の倉庫棟に保管中。


説明: 倒せないダブルシックス・ドミノ。力を込めて押された際、同量の力で物体を押し返す。仮にヒトが押した場合、押し倒そうとした指を折る。
回収日: 03-28-1996
回収場所: マサチューセッツ州ボストン
現状: サイト-4の仕切り倉庫に壁伝いに保管中。当アイテムを倒そうと試みたエージェント・[編集済]により銃撃され、複数個が損壊した。また、ピースは互いに強接着されたことで異常性を喪失した。


(訳注: 170件程度のエントリを省略しています。また、近日中に元記事での剪定によりエントリが減少する可能性があります。)



説明: 大人の白人男性の左の脹脛に以前に存在していた皮膚片。オブジェクト上には「ゲーマーズ・アゲインスト・ウィードのミスター・タトゥーがあるやつ」と書かれているタトゥーがある。この入れ墨はあらゆる除去の試みに抵抗を見せている。皮膚移植手術中に該当の皮膚を除去した。手術以降、以前の所有者は完全に新しい自我を確立しており、タトゥーを入れていた間の自身の記憶が無いと主張している。
回収日: 05-02-2016
回収場所: バージニア州リッチモンド市
現状: 極低温貯蔵庫に保管中。
メモ: タトゥーの以前の所有者は他の「ミスターズ・アゲインスト・ウィード」のものと類似のリストを所持していた。文書は以下に含まれている。また、タトゥーがまだ所有者に存在していた時点で、対象はタトゥーを入れられた記憶がないこと、生まれつきタトゥーが存在していたことを主張した。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。