Anomalousアイテム記録-KO
評価: +3+x

序論: 財団はこれ以上の研究は必要ない、あまり役に立ちそうにないアイテムを多く発見しました。この文書は後に必要もしくは使い道があるかも知れず、SCiPに対する知識を充当する資源になるかもしれません。
– サイト-██、研究主任██████████博士

説明:
回収日:
回収場所:
現状:

説明: 小さなゴムボール。触れた液体の色と同様な色に変わる。通常の綺麗な水では、色が変化しない。
回収日: 2████/██/██
回収場所: █████████,████
現状: 焼却。
メモ: 持って遊ぶにはぴったりだったのに、残念です。

説明: 製作者不明のゲームソフトウェア、プレイヤーに多大な怒りと苦痛を与える。
回収日: 2████/██/██
回収場所: █████政府████████ホームページ
現状: 何の措置も行わなかった。
メモ:多大な精神的苦痛を与えるSCiPだと思っていましたが、政府からの予算を無駄に利用して作成された教育用ゲームでした….これをゲームと言うべきかどうかは分かりません。Dクラス職員にプレイさせた時、[データ削除済]と言っていました。

説明: █████社で製作した200ウォンの安いアイスクリーム。名前はクール██。固体状態では何をしても凍らされた形を保って壊れず、分離されない。溶けて液体状態になる場合でも形は変わらず、気体状態にならない。他の液体と混ざると、それを変化させて吸収する。
回収日: 2████/██/██
回収場所: 釜山の██文具店で職員が購入。
現状: レストランにある冷凍庫の片隅に保管。破壊が不可能なため、誰も食べないまま放置された状態である。
メモ: これを食べようとしたら、歯がボロボロになった。クソ。何とかこれを処理したい。腐ることもないようだ。

説明: メーカー不明の32インチ木製野球バット。人が持っている時、スイング範囲に入ってくる投射体をホーミングして打ち、一般的な打球のように飛ばす。投射体を打つ瞬間のみ、破壊されない性質を持つようだ。
回収日: 2████/██/██
回収場所: ██████2軍チーム練習場
現状: 保管。
メモ: ロケットや爆弾のようなものは絶対に打たないこと。絶対に。

説明: ガラスに青い色が混ざったロックアンドロック社製760mLおかず容器。周囲の温度に関係なく正確に0℃を維持し、蓋を閉じると内部の液体を固化させる。固化された液体の温度は常に0℃であり、その環境内で同じ量の氷が溶ける時間と同様の時間が経過すると融合される。
回収日: 2████/██/██
回収場所: █████████, ████
現状: 保管。
メモ: 液状SCiPの収容に有用かもしれませんが、如何せん容量が少なすぎます。

説明: 意識を持ち、上下にごろごろ動き回るエンドウ1つ。本来、1つの皮に入った5つ中の1つであったが、異常性が未確認だった頃にエージェント・B███が4つを食べてしまった。エージェントは平凡な味だと報告しており、以降エージェントから特別な症状は現れなかった。対象との意思疎通は不可能だが、外部環境を理解する能力は備えている。
回収日: 2████/██/██
回収場所: サイト-██職員食堂35番テーブル
現状: 半透明のプラスチック容器に保管。██日が過ぎたにも関わらず、腐敗していなかった。保管中の対象はずっと恐れており、縮こまってガタガタ震えている。
メモ: 多くの人が誤解していますが、問題はこのエンドウ豆が既に食べやすく調理された状態なことです。つまり次にこれは…

説明: 両側にロボットアームが稼働していること以外は普通である███████社の一般的なスキャナ。財団エンジニアがSCP-███-KOを活用して改造した。スキャンされたSCiPの報告書が書式に合わない、文法やスペルが間違っている、収容プロトコルが荒唐無稽だった場合、報告書を研究者の顔に投げつけて撒き散らし、研究者の頭を情けないと言っているかのようにパタパタ叩く。
回収日: 2███/█/█
回収場所: サイト-██ロボット工学研究所傘下[編集済み]
現状: スキャナ兼サイト-██長官の無人秘書として活躍している。サイト-██の研究員はSCiPの報告書を提出する前に、必ずこのロボットの校正と評価を受けることになっている。現在は█階[編集済み]チームの机の横に位置している。
メモ: たしかSCP-███-KOのブリーフィングをやっている時だったか?このロボットはあいつの前で、SCP-███-KOの報告書をバリバリに引き裂いてしまったんだ。

説明: 風に吹き飛ばされる冷凍牛のあばら骨。肉塊を手で持ち上げたときの重量は82kg。風に吹き飛ばされる理由は確認されなかったが、一般的な肉とは異なり、温度を1℃以下に維持すれば腐敗しない。
回収日: 2███ ###### (字が潰されて読み取ることが出来ない)
回収場所: 財団バーベキューパーティーにて肉で怪我をする事故が起き、調査に行った職員が風に吹かれてきた肉に下敷きになる事件が発生した。数個は風に吹かれて他の場所に飛ばされたが、残りは無事回収された。この事件とサイト-██周辺で報告された空を飛ぶ牛肉との関連性を調査中。
現状: レストランの冷凍庫に保管。飲み込んだ場合の危険性は判明していないため、まだ生物実験は行われていない。
メモ: ああ、凄いだろ。空を飛ぶ大量の牛肉なんて。まるで子供映画を見ているような感じだった。だがそれに当たった時、そんな考えはすぐに消えたんだ。

説明: 至る所に細かな傷が多く付いているパーカーフロンティア社製万年筆。空中にペン先を振るとインクの種類に関係なくインクが気化した後、凝結して軌跡が数秒間残存し、散らばる。
回収日: 2███/█/█
回収場所: 大韓民国地域司令部█番廊下
現状: 行方不明。
メモ: 行方不明とあるが、どう見ても誰かが持ち出したようだが?

説明: 5.5m×5.5mのWWE社製プロレス専用リング。2人以上が内部に進入する場合、階級、役職、肩書き、その他地位を象徴する全ての階級章と名札が外れ、当事者はお互いの肩書きを考え、話すことが出来なくなる。韓国語や日本語、ドイツ語などを話す場合には敬語も使用不可能になる。そして、リング上でダウンした者は後でダウンした者に対して10日間敗北感を感じるようになる。ただし、攻撃性を誘発するような精神汚染は現れない。
回収日: 19██/██/█
回収場所: [データ削除済]
現状: 大韓民国地域本部人事部紛争撲滅委員会1403号に位置。SafeクラスSCiPに分類する案についての議論を行ったが、財団職員間の統制が困難な紛争、対立、反目、摩擦に対して対象を利用することで解決の補助が可能なため、別途の収容プロトコルは不要であると決定された。
メモ: 覚えておいてください。財団内で「階級は関係なく一戦しよう」という声が出るならば、私たちが1403号に送って差し上げますから。 - 人事部職員 Matilda Braya

説明: 一部少し磨耗した跡がある、3.5cm×2cmの白いプラスチック製の消しゴム。人が見ていない時、どこかに転がって行くことが可能であり、暗く静かな場所を好む。
回収日: 19██/█/█
回収場所: ██市にある██小学校2年1組の教室
現状: Rosenberg博士の机上に存在する。腰にロープがしっかり結ばれており、反対側は書類立てに縛られている。なお、時々脱走を試みている。

説明: ハインツ社のケチャップボトル。アメーバのような形で動いて環境への適応を示し、自分自身の化学的/物理的特性を変形して自分を防衛する。分割される、または体積が減少する場合、ハインツ社ケチャップボトルにおける元の体積になるまで増殖する。
回収日: 20██/█/█
回収場所: ██広域市にあるイタリアンレストラン████████
現状: サイト-██生物型収容室の密閉水槽に保管。知覚能力を保持するかどうかおよび自然増殖するかどうかを調査するため、定期的に検査されている。

説明: 人間の女性。腕と脚がなく、口腔内に存在する歯は潤滑油が塗られたゴム材質でできた歯のモデルに置き換えられている。[データ削除済]
回収日: 19██/█/█
回収場所: SCP財団で管理される。居場所は知らされない。
現状: 発見された当時は服を着ていない裸の状態であったが、現在は大雑把に布で包まれている。男性研究員が対象を見るとすぐに興奮状態に入った。現在、女性の研究員のみで管理している。

説明: トランプカードデッキ。これ使ってカードゲームをすると、確率的に不可能な上位になるための図がプレイヤー中で最も所持金額が少ない人に作られる。
回収日: 2███/█/█
回収場所: 大韓民国江原道某賭博場近くのゴミ箱で発見。
現状: 財団内における健全な遊戯文化の中興を行うためにサイト-19レクリエーションルームに保管され、使用中。
メモ: これのおかげで、財団内で大金をかけて賭博をやる奴が減った。

説明: A4用紙20枚。これを使って筆記または印刷を行う場合、約1時間後に内容が勝手に変更される。これは使用者の心理状態が反映されるものと推定される。SCP-033-KOとの関連性について調査している。
回収日: 20██/12/██
回収場所: 財団の年末決算を纏めたレポートの内容が[データ削除済]に変わっているのに気付いた研究員が、直ちに印刷機に入っていたA4用紙を取り出して保管した。
現状: 現在、tuebee研究員が調査のために保管。保管過程における過失によりその中から1枚人事ファイルとして提出された。
メモ: tuebee研究員は反省してください。

説明: どこにいてもインターネットに接続されているノートパソコン。インターネット回線を分断しても、無線ネットワーク信号が受信出来ない場所であっても、何があってもインターネットは無条件に接続されている。
回収日: 200█/1█/1█
回収場所: 警察に逮捕されたハッカー███の家
現状: PCが故障したエージェント・Solteが許可を受け、業務用に使用している。

説明: 周期が一定でない衝突球。追加調査した結果、モールス符号だと判明した。ㆍは1秒、-は3秒で玉が前後し、言語は主に日本語であった。常に動くのではなく、対象が話すことがある時に動いた。現在まで異常は見られない。
回収日: 2013/1/██
回収場所: 韓国ソウル市██区の廃屋
現状: エリア-██収容室に保管。カメラやエージェントをそばに配置するなど、オブジェクトが符号を送信するたびに解析している。

説明: 竹製の再利用可能なコーティングされた箸。触れた食べ物の味に応じて箸の色が変わる。これは甘さ - 緑色、酸味 - 黄色、辛さ - 赤色、塩味 - 青色、苦味 - 黒色が互いに対応し、様々な味を持つ場合はそれぞれの味に対応した色が混ざった色に変わる。食品の飲食には何の問題もない。
回収日: 201█/█/██
回収場所: 財団サイト-██の食堂
現状: エージェント・██の机上に保管。コーヒーミックス粉を混ぜる時に使用している。
メモ: これで混ぜると、いつもより美味しくなるんじゃないかと思ってついコーヒーを頼んでしまうね。 -エージェント・██

説明: 黒ビニール袋の中に入っている軟膏(8g)1個、様々なサイズのバンドエイドが入っている箱1個、過酸化水素水(60mL)1つ、消毒用エタノール(60mL)1つ、スプレー型湿布(200mL)1つ。対象から5mの範囲に負傷した人間がいれば、自ら簡単な応急措置を施す。対象の内容物は減らないように見えるが、効果は一般的な物と同様である。各製品には商標がなく、一般的な救急箱の簡単なロックさえ存在しないため、携帯性と利便性のためにビニール袋に保管している。
回収日: 201█/█/██
回収場所: 韓国大田広域市██区に位置する個人宅
現状: Alex研究員の要求に応じてAlex研究員のオフィスに保管。
メモ: これがどんな原理で動作しているか分かりませんが、本当に使えます。私がちょっとそそっかしくて。 - Alex研究員

説明: エージェント・██の体内から摘出した胆石であり、コケの塊。実験の結果、どんな液体に浸しても生き残り、液体に入れて放置すると光合成をして凄まじい浮力で水に浮かぶ。胃液や塩酸の中でも問題ないことが確認された。
回収場所: エージェント・██の体内
現状: 観賞用として水槽に入れて飼育。 焼却された。
メモ: 水に入れると、想像を遥かに越える速度で「毛」を水中に飛び散らせながら繁殖した。飛び散る毛は互いに絡まり合って3-5日後、新しいコケの塊となった。対象の繁殖力と身体に入った場合の危険性を考えて廃棄された。

説明: 粉を調合したロシア式紅茶ミックス粉。紅茶粉自体は何の異常性もないが、水に溶解させると多量のポロニウム210が検出される。しかし、蜂蜜を混ぜればこのポロニウムを消失させることが出来る。どのようなメカニズムが作用して蜂蜜がポロニウムを消失させるかは未だ明らかにされていない。ジャムやマーマレードで試してみたが、蜂蜜のような反応を引き起こすことは出来なかった。
回収場所: ロシアのウラル山にある岩の隙間。防水布で丁寧に梱包されていた。誰がこんなところに持ってきて、放置したのかは不明である。
現状: 保管。
メモ: 食後に飲むと、特に美味しいようだ。

説明: 血統が不明な雑種犬1匹。他の犬とは異なり、尾を振るのではなく尾を地面につけたまま全身を左右に振る。
回収日: 1999/8/██
回収場所: 大韓民国、緯度[編集済み]、経度[編集済み]
現状: 安楽死された。生物学実験室の調査データは、中央保管所に保管。

説明: 受けたエネルギーを反射するスニーカー、エネルギーを100%反射して放出する(重力、運動エネルギーなど)。例えば、上空10mから落ちると10m飛ぶことが出来る。
回収日: 2012/2/4
回収場所: ニューヨーク[編集済み]
現状: 最も高いビルである[編集済み]で行われた実験中に紛失。
メモ: あー、GPSをずっと付けておけば良かったのに。とにかくこれがその[編集済み]カでバタバタと大勢の人間を薙ぎ倒した。今でも中東かどこかで人々を薙ぎ倒していると推定される。

説明: 自ら動く手袋。鉛筆を持つ、またタイピングすることが出来るが、意思疎通が可能かどうかは不明である。何度も検査を行ったが、この手袋から如何なる有機的な存在も発見することが出来なかった。結果、どのようにこの手袋が活動しているかについては明らかにされなかった。
回収日: 2011/5/14
回収場所: [編集済み]デパート
現状: ████博士のタンスに保管。 行方不明。 ████博士のタンスに保管。
メモ: ちょっと待ってください、誰がここに行方不明と書いたのですか?この手袋はずっとタンスの中にありますよ。

説明: 汚れが落ちにくいタオル。正確には接触物体と同じ物質が分泌され、接触面に塗られていくという形である。未使用時におけるタオルの表面がマイクロファイバーで構成されている以外は、特別な点はなかった。
回収日: 不明。約2002年頃と推定される。
回収場所: サイト-██の掃除員が対象を使用して異常性を発見した。入手経路を把握するのは困難である。
現状: 掃除用具室にあるボックスに保管。塗料が剥げた所やひび割れた所に使用している。

説明: 7歳以下の女性を食べ、動き回るブリキゴミ箱
回収日: 2012/6/18
回収場所: 大韓民国[編集済み]アパートゴミ捨て場
現状: 銃弾の穴がいくつか空いたまま倉庫に 放置されている。 保管されている。
メモ: そのゴミ箱の中は…おお神よ。あれは悪魔の物だ!

説明: 一見すると一般的な傘と違いはないが、人間が広げて使用すると膜がないように見える傘。しかし、広げた時に手で触れることが出来る。
回収日: 20██/██/██
回収場所: ████街の裏通り
現状: 焼却された。
メモ: 一体誰がこんなものを使うんだ?

説明: ███社カッターナイフ。激しく錆びており、切り傷を負わせると狂ったように擽ったくなる。破傷風のリスクはないことが判明した。
回収日: 2013/07/20
回収場所: エージェント・█████宅の近く。エージェントの弟が足の折れた野良猫を虐待していた。
現状: 尋問を行う時、主に擽り拷問用として便利に使われている。 時々紛失して再び戻ってくることがある。 サディストなエージェント・███が無断で持ち出していることが明らかになった。
メモ: まったく…いくらAlomalousアイテムでも無断で持ち出して使用するのは駄目だろう。ましてや、SM用に使うなんて。

説明: 起源不明の黒革手袋。空中に浮遊する。最も近くの男性が失神するまで臀部を攻撃する。
回収日: 2013/07/29
回収場所: ███市場のアクセサリー店
現状: 密封された箱の中に保管。時々、████博士が不誠実な男性職員の机の中に入れている。
メモ: 凄く悪質でしたよ?廊下まで音が響いていました…

説明: 巨大なランニングマシン。横2.5m、縦4m、高さ2.2mで堅牢なプラスチック製品である。今は生産中止された███████社の製品であり、機器の操作は電源とスピード、角度調節と「障害物追加」ボタンで行える。「障害物追加」ボタンを押すと、ベルト上に30秒間隔でさまざまな種類の障害物が現れ始める。
回収日: 2012/12/30
回収場所: ████商店街近くのトレーニングセンター。
現状: 定期体力検査時、体力低下だと評価された職員たちの体力増進のために使用。
メモ: はあ……ああ……これからは運動を熱心にしなきゃいけないな。この前使った時、まさか螺旋階段やコモドオオトカゲが出てくるとは……

説明: ███社ガスマスク、毒ガスなどの有害物質を防ぐのではなく、周辺の有毒物質を残らず全て吸い込む。
回収日: 2013/7/7
回収場所: サイト-███訓練所
現状: 密封されて保管。
メモ: これは一体何に使うんだ?

説明: 銀粧刀。絹糸で巾着と一緒に縛られていた。腐食がまったく行われておらず、自然に使用することが可能。東洋人に限り、高い攻撃性を見せる。
回収日: 2010/5/12
回収場所: ██南道██区。開発途中、大量の遺物と共に発見。考古学者2人と助手4人が被害に逢った。
現状: 発見された姿のまま鉄製の箱に密封して保管。
メモ: 一緒に発見された遺物の本にてSCP-███とSCP-████を描写した物があった。解読職員の追加を要求する。

説明: ガラス面が割れ、故障している円形壁掛け時計。時計を見ると、現在の時刻を知りたい衝動に駆られ、他の時計を見て時刻を確認するときにその時計が直ちに破損する。
回収日: 1959/8/22
回収場所: 米国アリゾナ州██████████に位置した██████研究所
現状: 不透明ビニールに包まれ、金庫に保管。
メモ: 私が新しい時計を設置した事務室にこれを掛けた奴。誰なのか分からないが、捕まえたら時計でぶん殴ってやる。

説明: 原理は不明だが、台尻から銃弾が発射される銃。外見上はAKMに見える。
回収日: 2013/8/19
回収場所: █████射撃訓練所
現状: ███-█████通路の罠に使われる。
メモ: 可哀想だな、自分の肩と引き換えに休暇なんて。もうすぐ秋夕なのに….

説明: 15個のM18A1クレイモア地雷。地雷を設置した人間が被害範囲内にいると作動しない。
回収日: 2007/12
回収場所: サイト-███武器庫
現状: サイト-███武器庫に継続保管。
メモ: 作戦でかなり使えそうだ。

説明: ███社のLCDモニター。使用者の頭と画面との距離が約10cmになるまでモニターが離れる。調査結果、一種の人力が作用していることが明らかになった。
回収日: 2014/01/11
回収場所: サイト-██事務室
現状: 廃棄された。残骸は異常性を示さなかった。

説明: 外見上は一般的な会議用マイク。しかし、使用者が言葉を言い終わるたびに、「ないのに?」「なんですよ?」「ありませんが?」を付け加える特性を持つ。
回収日: 201█/██/██
回収場所: サイト-██会議室-D3
現状: サイト-██倉庫に保管。
メモ: えー討論会の時にこれを持って来て相手に渡さないように。

説明: ███████社2009年型███████大型セダン1台。クラクションを鳴らすと、正常な音の代わりに怒った中年男性の「おい!」という声が出て、2.5秒以上持続的に押すと、「お前は私が誰なのか分かっているのか?」という声が継続して鳴る。財団直轄整備所では全ての個別部品において何の異常性も確認されておらず、販売会社でも異常性を全く認知していなかった。
回収日: 2009/█/██(財団内イントラネットにおける最初の情報配信日。財団職員間の接触事故により、異常性が発見された。)
回収場所: 財団サイト[編集済み]外郭パトロールにて、クリアランスレベル3職員███とクリアランスレベル2職員███が関与した接触事故現場。
現状: サイト長官███が無期限管理することにする。 総務省社員福祉企画部長█████████が無期限管理することにする。 中・大型Anomalousアイテム地下保管室B-13に保管。

説明: ライダー・ウェイト・タロットカード。小アルカナは全焼して大アルカナ22枚のみが残っている。各カードに描かれた絵が動き、粗い動きで一定の行動を繰り返す。  しかし、「力」と「正義」カードには主要シンボルが存在せず、背景のみが描かれている。「愚者」カードは他のカードより自然で不規則に行動する。
回収日: 201█/██/██
回収場所: 某タロットカフェにてエージェント・███が占っていた途中に回収。
現状: 各カードの間に一定の距離を置いて展示箱に入れ、財団エリア-██の展示室に保管。

説明: 外見上は一般的な水鉄砲。使用者が対象の取っ手と引き金を握って飲みたい液体を考えながら引き金を引くと、対象の発射口から使用者が考えた液体が噴出する。ただし、人が正常に飲める液体のみである。例えば、数1000℃の溶岩や尿は出ない。
回収日: 2014/5/██
回収場所: ███百貨店の玩具用品倉庫の片隅で発見された。
現状: エリア-██の休憩室兼給食室にて保管。
メモ: どれほどの量また液体を発射出来るかどうかは、まだ明らかにされていない。さらに多くの実験が必要である。

説明: 7×7×7cmの黒い立方体。材質は不明確である。一面は灰色を帯びて区別されている。この物体をどう扱っても、最終的には灰色の面が空を見る方向に転がって止まる。
回収日: 不明
回収場所: 大韓民国のサイト-107
現状: サイト-107直轄の保育所に達磨の代わりに置かれており、5~7才の子供のおもちゃとして活用。
[WARNING] 追加の異常性が確認され、収容プロトコルが新設されました。そして、アイテム番号SCP-042-KOが付与されました。

説明: SCP-███-KOを活用して改造した空気清浄機。本来の機能である空気清浄機能はそのままで、清浄された空気に様々なハーブの香りを付加する。また、周囲の環境に合わせて湿度と温度を調節するなど、冷暖房機能も追加されている。
回収日: 2███/██/██
回収場所: サイト-██ロボット工学研究所傘下[編集済み]
現状: サイト-██研究所休憩室で使用。

説明: 「地が割れるほどの激しい怒りドリンク」という名前の栄養ドリンク。他のドリンクと成分は似ているが「激しい怒り」という成分が10mg含まれている。
回収日: 2014/6/12
回収場所: ██商店街の近く
現状: 12本1パックが完全に残っている。人体の影響を懸念して実験や使用は禁止。

説明: 文書や写真を削除する、知らない人に電話をかけるなど所有者がストレスを受けるような行為を行う携帯電話。破壊は不可能であり、電源が落とせずバッテリーも枯渇しない。
回収日: ████/█/█
回収場所: サイト-██レストラン。███博士の所有物と推定される
現状: 防音された鉛箱に入れて保管。
メモ: 誰かあの██な携帯を壊してくれ!██!-███博士

説明: 形が常に変わる黒い物体。その形態は5つ存在する。いかなる状況下でも床から1mの高さに浮いている。この床は地球の中心から物体まで最も近くある障害物を床と認知していると見られる。破壊は不可能である。表面にはギリシャ語アルファベットと形が同一の文字が刻まれている。
回収日: ████/█/█
回収場所: サイト-██内の庭で発見された。
現状: A2標準非生物Anomalousアイテム保管庫に保管。

説明: 5軸ジャイロスコープ。850RPMで無限に回転し、停止する時に800N以上の力がかかる。強制的に止まった場合、2秒以内に再び元の速度で回転する。中央に正体不明な豆電球ほどの大きさである輝く物体が浮かんでおり、微かな唸りを出す。回転を停止させる際、発光体は消滅する。
回収日: 2014/2/21
回収場所: ████, ████████
現状: 大韓民国財団本部標準非生物Anomalousアイテム収容室に保管。
メモ: 先日、あの六面体のようにサイトを飲み込んでしまうのではないかと怖くなった…

説明: メーカー不明の黒色スニーカー。スニーカーを履いて地面や壁などを踏んだ時、踏んだ箇所に一定の幅で虹色が塗られ、この状態で歩くと虹が速度に合わせて長くなる。スニーカーを履かずに地面や壁などの接触させた時やスニーカーを履いた対象が人間ではない時には効果が起こらない。
回収日: 20██/██/█
回収場所: ██████の住居地。所有者はある日、運動靴が空から落ちてきたと証言した。
現状: サイト-██標準安全Anomalousアイテム倉庫に保管。

説明: 猫の形をしたチョコレート█個。摂取するとすぐに平均的な大きさのロシアンブルーに変異する。知能と記憶は消えない。
回収日: 20██/██/██
回収場所: サイト-██レストラン
現状: サイト-██標準安全Anomalousアイテム倉庫に滅菌して真空包装後、保管。
メモ: これを半分だけ食べたら猫耳と尻尾の付いた人間に変わるわけではないので█を食べるのはやめてください。最初の摂取者である██博士を含めた█人は猫の能力を利用して偵察兵として活動中です。つまり研究室で安全に、現場偵察兵をするまたは█の眼球を失いたくなければ手をつけないことです。

アイテム番号: KO-1-302R
名前: ハリウチ・エイド
説明: 存在が確認された全ての言語を駆使できる日系青年。SCP-███-KOの回収過程で臨時職員として合流したが、異常特性が認められてAnomalousアイテムに指定された。
回収日: 200█/█/██
回収場所: 大韓民国██大学日本キャンパス
現状: クリアランスレベル1.5の研究員として正式採用。
追加情報: KO-1-302Rの能力は言語に限定され、文字は別に学習しなければならないということが明らかになった。しかし、文字の習得速度と記憶力も高いため主要な言語圏の文字を学習させている。

説明: 表紙が白く全356ページある白紙本130冊。この本に文字を書き込む、コピーして読もうとすると、正確に10分要する。ゆっくり読もうとしたにも関わらず、研究員たちはこれを全部読むのに正確に10分を要したが、本の内容は全て正しく覚えていた。
回収日: 200█/█/██
回収場所: 大韓民国慶尚北道██市██邑██████図書館
現状: サイト-██にて収容指針として使用。

説明: 19世紀小銃。引き金を引くと蒸気機関車の音と蒸気が出て、その蒸気を浴びた生命体は石炭に変化する。
回収日: 2015/2/10
回収場所: 大韓民国慶尚南道█市コスプレ同好会現場
現状:  サイト-██武器庫に保管。
メモ: かなり効果範囲や威力が良くて実戦に使用するために考慮してきたが、こいつの音がかっこよくてね…

説明: 摂取して1分から3分後、声にオートチューンの効果が加わり、発声が歌うように変わるペパーミント・キャンディー1袋。
回収日: 2015/2/28
回収場所: 大韓民国釜山市███、風俗街
現状: 財団関係者がその場で摂取した。
メモ: 職員の声は約3時間以内に戻った。

説明: 1919年代ものと推定されている太極旗。血液で濡れており、血液は枯れず、絞ると継続して流れ続ける。
回収日: 2015/3/1
回収場所: ソウル███前
現状: 滅菌処理後、標準Anomalousアイテム倉庫に保管。

説明: 黄色の液体、放置しておくと円柱形になる。しかし、掴むことは出来ない。確実に液体だが、絶対流されない。
回収日: 2███/██/██
回収場所: ██████, █████
現状: 保管。

説明: 「氷雲のお菓子」と印刷されたタバコ30通。喫煙時に出る煙が不完全な冷凍効果を示した。
回収日: 2010/4/12
回収場所: ████社の試演会中に発見。該当会社から開発した記録はなかった。
現状: 小型Anomalousアイテム倉庫に保管。

説明: 蘭が描かれた扇。扇子を握って回せば、約50分間パンソリ1を踊る。周辺に人間が1人以上いれば、その人間は適切な道具を持ってきて鼓手のように演奏しながらパンソリに合わせてリズムを入れる。
回収日: 2004/3/25
回収場所: 忠清北道██市██洞████住居地内のバザー会で発見。
現状: 布で覆った後、箱に保管。

説明: 等身大の鏡。前に立った人間は鏡に映る自分自身とジャンケンをすることが出来る。観察の結果、鏡に映った像はジャンケンで前にいる人間と異なる手を出すことが出来るという事項を除いて、異常性を示さなかった。
回収日: 2005/8/18
回収場所: ██市██高等学校の多目的室で発見。
現状: 包装状態で保管。

説明: サイト-27職員休憩室。外部で測定した広さよりも内部が10倍以上広く、この部屋より小さい部屋がいくつか連結されている。内部の電力と水道の供給は普通だが、サイト-27が使用する電力や水道とは別の何かを持っていると推定される。また、外部壁面やドアの強度が異常に強力である。研究結果によると、本来職員休憩室があるべき空間の代わりに、別の次元に存在するいくつかの場所が休憩室の空間に「重なっている」と推定される。
回収日: 2010/2/6
回収場所: サイト-27
現状: 危険性がないという調査結果に基づき、サイト内の備品保管倉庫に利用しており、残りのスペースは職員たちが自由に使用出来るよう許可された。また、壁面の強度を利用して内部に「パニックルーム2」を配置した。現在、職員の使用スペースにジュソ研究員が私費を投じて娯楽センターを作っている。

説明: 美容室でよく見られる金色の挟みヘアピン。これを着用した状態で直径12mm(+-5mm)、長さ8.3~2█.█mm前後の円筒形物体と接触すれば、接触した物体がプレイテックス社製タンポンに変化する。
回収日: 2015/09/██
回収場所: 休暇中だったエージェントs██████████がテジョン██洞にて露天商から購入。
現状: サイト-██、█階女子トイレにストローの束と共に設置して使用。
メモ: タンポンの価格が高い時とただ好きは咥えなさい。でも買ってから3日しか経っていない██万ウォンの万年筆が██万ウォンのタンポンに変わる可能性もあります。はい、私の話です。 - エージェント・s██████████

説明: ██社のスマートフォン充電器。断線や部品の損失など何の問題もないのにも関わらず、充電を行う事は絶対に出来ない。その他の異常性は発見されなかった。
回収日: 2011/10/18
回収場所: エージェント・███がインターネットショッピングモール██で購入。
現状: エージェント・██が故障した商品だと判断して放出。エージェント・██は懲戒処分された。

説明: 韓国戦争当時に使われた物と見られる大韓民国地図。地域が描かれている部分に接触した瞬間、接触した地域の空中にて弾丸が多量に発射される。
回収日: 2013/7/27
回収場所: 京畿道██市██面、非武装地帯内の放棄されたテント内
現状: Anomalousアイテム標準収容ボックスに入れて保管。研究進行中。

説明: 印がないプラスチックバケツ。触れるとガタガタという音と共に内部にチキンが生成される。これは蓋を閉めた状態でのみ生成され、蓋を開けた状態で触ると何も起こらない。生成されるチキンは個人の好みに影響を受けると推測される。内部に物を入れた状態で作動させれば内部の物品はなくなり、チキンが生成される。
回収日: 2015/12/24
回収場所: サイト-27内部。12/24深夜にサイト内部にあるE███研究員のベッド上に存在しており、ポストイットに「ハッピークリスマス!」という文字が書かれていた。E███研究員は対象がどうやって自分のベッド上に現れたのかは分からないと答えた。
現状: サイト-27レストランに保管されており、希望する職員は報告をして使用することが可能だが、3日に1回に制限する。
メモ: チキンはもうウンザリだ。 - イ・██調理人

説明: 折り紙150枚束██箱(約██万セット以上)、折り紙の1面に任意の単語を書いて紙を折ると、折った者は折り紙を開くまで紙の中に書いた単語に該当する物と半永久的に遠ざかる。効果を解除するには、再び折りたたんで開く。折り紙の耐久性は非常に弱く、5回以上折ると確実に破れる。
回収日: 2014/4/21
回収場所: サイト-25に配達された。差出人は不明。
現状: サイト-25倉庫に保管。新年、申請者に限って配布。
メモ: ああ、毎年来ている人が見えますね。少なくとも口と煙草を引き離すために来るべきでしょう、ね? - 在庫調査担当者

説明: 誰も住んでいない8階のマンション。偶数階の階段は(見る人基準)左、奇数階の階段は右にのみ階段があり、階段は1階の間に計24段ある。建物内部の階段に限って対象者が恐怖を感じ始め、その現象が現れたり触ったりすることが出来るようになりながら1階ずつ上昇するたび、その恐怖が増加していく。1階ではびっくりする程度だが、屋上に近づくほど恐怖の段階がますます高まり、8階を過ぎて屋上に到着すると対象者は屋上から飛び降り自殺を試みる。この時に死亡しなければ他のいかなる手段を使っても自殺を試みる。これを阻止した場合、阻止された者は7分24秒内に心臓麻痺で死亡する。 この現象は昼夜関係なく、1階以外の他の階から進入してもこの異常性は現れない。対象者の「恐怖」に現れる「人物」は「対象者」のドッペルゲンガーであることが確認された。
回収日: 2015/██/██
回収場所: 忠清北道██市に位置する低階層アパート。大学生3人が肝試しに行き、生徒全員が自殺した事件で1人の死因が心臓麻痺ということに疑念を抱いた財団のエージェント・金██が回収。
現状: エージェント・金██名義で周辺の土地████坪を購入し、工事中エリアに偽装した。
メモ: 追加実験が必要なようだ。

説明: ██社の補助バッテリー。正常に端子を差し込んで充電しようとすると、機器の電力がバッテリーの方に移動し、どのような方法を使っても放電させることは出来ない。現在までバッテリーに保存された電力は2█kAhである。
回収日: 2014/8/13
回収場所: エージェント・R██████がインターネットイベントに当選し、配達された。発送者は不明。
現状: サイト-51電子工学研究室に保管。

説明: ██社のシャープペンシル。筆記をしようとするとシャープペンシルの芯が必ず折れ、絶対に書けない。
回収日: 2012/1/12
回収場所: 千██研究員が図書館で発見。
現状: 標準Anomalousアイテム倉庫に保管される。
メモ: 私がこれを使って書いている時、熱が伝って死ぬかと思いました。

説明: 195█/2/22に撮影された██国民学校6年1組の白黒写真。撮られた学生たちが現実で死亡するたび、該当学生の姿が写真から消える。発見当時、学生5█人が写真に残っており、教師の姿は見られない。写真の裏には「50年後のこの日、また会う日が来るまで! ,5█.02.22,,」という文字が万年筆で書かれている。
回収日: 197█/6/11
回収場所: 当時、そのクラスの担任教師だったユン██氏の自宅。写真はユン氏が死亡した後に、遺族が遺品整理をしていた途中に発見された。
現状: 200█/2/21、最後の生存学生だった朴██氏が63歳でトレーラー交通事故に逢って息を引き取り、写真に写っていた全ての学生が消えた。教師であるユン氏が死亡して以来、50人以上の学生が多種多様の死因で60歳になる前に死亡していたことが判明した。最後の学生が息を引き取った翌日、写真の裏に書いてあった文章に次のような文章が追加されたことが分かった。

50年後のこの日、また会う日が来るまで! 5█.02.22

危うく先生が約束を守れないところでしたね。忘れてる人はいないでしょうね。
たとえお互いの姿が異なり、場所が現世でなくても、
みんな一堂に集まったということだけでも価値があるんじゃないかな?
先生もそうだと信じて。 0█.02.22

説明: 迷彩柄の戦闘服上下、迷彩柄の戦闘帽、弾薬帯、軍靴、M-16小銃。対象を所持した者は一定回数の行動を行う時、無条件に最後行った回数の番号を大声で呼ばれる。
回収日: 軍靴の場合、最初の異常性発見日時の2013/2/13。残りの物品はそれぞれ約一ヵ月間隔で回収。
回収場所: 海軍第1軍事教育団(軍靴)、論山陸軍訓練所(戦闘服上下、弾薬帯)、浦項海兵隊教育団(戦闘服の下)、真珠空軍教育司令部(戦闘帽)、3師団新兵教育隊(M-16ライフル)。海軍第1軍事教育団の新兵教育で行われた大規模な暴力事件によって財団がその異常性を発見してすぐに回収した。その後、同じ異常性を持つ物品を調査して追加回収した。
現状: サイト-25Anomalousアイテム倉庫に保管。
メモ: これを密かに搬入しようとする訓育官をいくつか見ましたが、それはやめて頂きたいですね。

説明: 化粧室用禁煙ポスター。半径3m内で人間が巻きタバコを吸うと、対象者の唇にタバコが吸着され、導火線のように燃えていく。タバコの炎が対象者の唇に触れると対象者の頭部が爆発する。爆発力は対象者の頭脳と同じ質量のTNTに等しい。
回収日: 201█/5/10
回収場所: ██株式会社の男性用トイレで発見。民間人1人が対象によって死亡した。その後、ガス管の爆発事故として偽装された。
現状: サイト-25Anomalousアイテム倉庫に保管。半径3mでの喫煙は禁止。
メモ: サイト-25の█階トイレに配置が検討されたが、安全と衛生を考慮して棄却された。

説明: 未確認の人物を描写したスケッチ形式の肖像画。対象を見た者は「どこかで見たことがあるが、覚えていない。」と証言する。
回収日: 2010/10/2
回収場所: エージェント・朴██が██市の不法ゴミ投棄場所で偶然発見。
現状: サイト-25Anomalousアイテム倉庫に保管。
新たな異常性が確認され、収容プロトコルが新設されました。そして、アイテム番号SCP-105-KOが付与されました。

説明: 「kor.ini」という名前の24kbコンピュータ・ファイル。対象をプログラムの実行ファイルと同じフォルダに位置させれば、対象プログラムがハングル化される。一般的な韓国語利用者が対象プログラムを利用することに不便さを感じないほど、テキスト、イメージ、映像、音声にハングル化が行われる。
回収日: 2015/9/5
回収場所: インターネットゲームコミュニティ███で発見。
現状: 財団韓国司令部のデータベースにて公開されている。

説明: 常温1気圧で崩壊しないシーボーギウム(Sg)インゴット2kg。対象を分析した結果、不明な力が対象の崩壊を防いでいるものと推定される。
回収日: 20██/10/6
回収場所: [編集済み]の化学実験室で発見された。
現状: サイト-34Anomalousアイテム保管ロッカーに保管。

説明: 中国██行政区域に位置する広さ約1.5km2の森林。対象区域では常にスズメを含めた様々な鳥類の鳴き声が聞こえてくる。この現象は、森に生息する鳥類が存在しないにも関わらず発生する。
回収日: 1959/5/4
回収場所: 中国にて祭祀が行われた時に雀の鳴き声を聞き、スズメを救済するため対象の森に民間人が進入したが、全く発見出来なかった。その後、財団所属研究チームが対象の森を発見した。
現状: 森には多数の鳥が生息している。また、中国の環境保護区に指定して民間人の出入りを禁止し、追加の収容はせず放置。

説明: 紀元前30~25世紀頃に製作されたと見られる新しい形の粘土板。対象に日が差している間、対象から半径7km内にある全ての人工飛行体は推進力を喪失して地上に自由落下する。対象にはエジプトの象形文字で次のように書かれている。

空はラーの宮殿であり、鳥の庭園である。人間は地上に葬られよ。

回収日: 19██/██/█
回収場所: エジプトのギザの大ピラミッド石棺室内。
現状: 黒い包装材で覆ってサイト-34のAnomalousアイテム用金庫にて保管。

説明: 開閉装置が存在せず、開かないドア。異常性が発現される前までは正常に作動したが、2015/██/█に[編集済み]研究員が初めて異常性を発見した。以後1█名の職員がドアを開こうと試みたが、全て失敗に終わった。 異常性が存在しない平凡なドアだと明らかになった。
回収日: 2015/██/█
回収場所: サイト-22第3研究棟
現状: Anomalousアイテム管理担当官の対応を待っている。 放置。
メモ: どうして担当官が来るまで誰もドアを引こうと思わなかったんだ?

説明: 110×220×80㎣の直方体歩道ブロック20個。一般的な歩道ブロックと混合して配置した後に人間が対象を踏めば、対象者は対象と同じ色の歩道ブロックを踏みたい衝動に駆られる。なお、この衝動は5秒以内に消滅する。
回収日: 2016/5/2
回収場所: ██████████市の工事現場
現状: サイト-33に20個保管。

説明: 木製の爪楊枝。歯に添えて、ほんの少しだけ力を加えればその歯が抜歯される。抜歯された者は、殆ど痛みを感じない。
回収日: 2016/9/23
回収場所: 中国の███工場
現状: サイト-211職員の歯科医療用に使用。

説明: █████社で製作されたドラム式洗濯機。内部に衣類を入れて洗濯すると、洗濯された全ての衣類の裏表がひっくり返る。物理学的にひっくり返ることが出来ない構造の衣類でも裏表をひっくり返す。この現象がどのように行われるかは洗濯機の外部から観測出来ない。
回収日: 2016/1/3
回収場所: ██市住民マンションのゴミ捨て場
現状: サイト-25Anomalousアイテム保管室に保管。

説明: 家庭用口腔洗浄剤。生物の口に入れると歯を除くすべての物質を分解する。これには歯肉、舌、気道、食道も含まれる。生物の口以外では異常性を示さない。
回収日: 2009/11/3
回収場所: エージェント・███がオンラインショッピングモール██で購入。エージェント・███は対象を使用して[編集済み]。現在サイト-211病院の重患室にて療養中。
現状: サイト-25Anomalousアイテム保管室に保管。人間に対する使用は禁止された。

説明: 2×3m2のガラス板。光の透過率が100%で、目に見えない。耐久性は一般的なガラスと同様である。
回収日: 1999/12/4
回収場所: ██市██████
現状: 目に見えるようにテープを巻き、サイト-25のAnomalousアイテム保管室に保管。

説明: 青いラベルが押された355ml缶コーラ。減った量が再び満たされる特性を持つ。これ以外にも、一定時間が経てば「開封した」缶の開け口が再び密封される特性も持つ。
回収日: 2015/8/31
回収場所: ███████研究員が██市███に位置する小さな店で発見。
現状: サイト-██の食堂に保管されており、希望する職員に虫歯がないという条件で、1日1杯のみ飲むことが出来るように制限されている。
メモ: こんな神様からの贈り物みたいな物がまた発見されたなんて。

説明: 木と金属で造られた背もたれ椅子1つ。この椅子に座った者は無意識に足を震わせる。対象者は自分が足を震わせているという事実を別の人間が指摘するまで気付かなかった。意識的に足を震わせないよう試みても、15分以内に失敗する。
回収日: 2016/10/22
回収場所: サイト-142の422号事務室
現状: サイト-25のAnomalousアイテム保管室に保管。

説明: ヒトスジシマカの1個体。この対象個体が何らかの理由(老化を含む)で死亡した場合、5分以内に対象個体の遺体が300℃以上に燃えあがって灰と化す。灰の中にはヒトスジシマカのボウフラ3が1匹が現れ、対象個体は引き続き維持される。対象個体の吸血は人体の疾病に対する部分的な症状緩和効果が存在するものと見られる。
回収日: 2016/10/27
回収場所: 英国ロンドン██████骨董品店にあるガラス瓶の1つに閉じ込められた状態で発見。
現状: サイト-211生物保管容器に保管。

説明: 「Dr-BrightMod.dll」という名前のファイル。一般PCのC:\Windows\System32に対象を入れれば、このPCで駆動される全てのゲームにオランウータンが登場するようになる。主に主人公のグラフィックがオランウータンに変化し、その他の物体やマップ背景にも登場する。グラフィックが存在しないテキストベースのゲームでは、オランウータンのアスキーアートが表示される。
回収日: 2016/11/22
回収場所: 韓国インターネットコミュニティ██████のユーザー█████がアップロード。所有者はネット履歴の逆探知などによって財団が拘束し、所有者のPCからはプラグソフトが制作したゲームが4種発見された。所有者は尋問後にクラス4記憶処理を施して解放し、財団が持続的に監視中。
現状: 財団韓国司令部のデータベースに公開。

説明: ██社製0.5mmシャープペンシルの芯1つ。この芯は一般的な容量の120倍程度を超える量を使用しても途中で切れたり、掠れたりしない。
回収日: 2016/12/11
回収場所: ██研究員がサイト-█近くの文房具屋で発見。後に、文房具屋を再び調査したが、該当場所では如何なる建物の痕跡も発見されなかった。
現状: ██研究員の筆箱に保管。 調査のために分解したが、シャープ芯の中には何もないという事実が明らかになった。その後、芯を再構成すると異常性を喪失した。
メモ: これはまるで……金の卵を生むガチョウ4だね。

説明: 可変的な長さを持つ大量の髪の毛。対象は約1日に1cmずつ成長し、長さが約13cmになった時、2つに分裂する。分裂する前に対象を焼却すると、分裂現象は発生しない。
回収日: 2016/12/17
回収場所: ██研究員が寮の自室で発見した。
現状: 横5cm、縦5cm、高さ5cmの小さな木箱に保管。1ヶ月に1度、内容物の半分を焼却する。
メモ: 部屋を掃除して髪の毛を発見し、それが自分の髪より長い髪だったら関連部署にお問い合わせください。それは確実にこれです。

説明: 家電用テレビ。2人以上の人間が閲覧すると、その中の1人は無条件にレム睡眠状態へ陥る。この状態で他人がリモコンでチャンネルを変えようとすると、寝ていた者が睡眠状態のまま「変えるな。」や「私はまだ見ている。」と寝言を言う。
回収日: 2015/5/17
回収場所: 韓国全羅南道麗水市████電子家電専門店
現状: サイト-25のAnomalousアイテム倉庫に保管。

説明: 同じ一族に属しているイヌイット族37人。この一族が使う独自の言語(イヌイット語を変形させたもの)で「目」を意味する言葉を特定人数が言うと、対象言語を知っているかどうかに関係なく、対象言語を正しい意味で理解するようになる。対象語句の発音は通常の人間が聞き取るのは少し厳しいが、一応発音のみ成功すれば誰もがその「目」という意味を聞いて理解するようになる。
回収日: 1985/11/2
回収場所: カナダ北部
現状: この一族は財団が所有する保護区域に居住することになり、現在サイト-141に収容されている。
メモ: サイト-141で初めてこれを発音した奴にはピザを1枚くれてやろう。 エージェント・ジェイコブがやったよ。業務時間ずっと「グプスェルクェク5」と言っていた甲斐があったな。

説明: ██████社製のルーター。これ使用してインターネットに繋ぐと、半径100m内にある使用可能な全てのサーバーに接続することができる。
回収日: 2004/5/13
回収場所: サイト-██近くの公園
現状: 発見したサイト-██のAnomalousアイテム保管室に保管。

説明: プラスチック材質の如雨露。この如雨露に液体を入れなくても、注ぎ口から水が出る。調査により、排出された水に異常性はないことが確認された。
回収日: 2015/█/█
回収場所: ソウル特別市██区██市場
現状: サイト-██Anomalousアイテム保管室に保管。
メモ: 如雨露に油を入れて実験してみると最初は油が排出されましたが、すべて排出されると水が出て来ました。水以外の液体を複製することはないようですね。ただ、水に油滴が浮遊して洗うのが大変でした。

説明: 商標がない粉末消火器。この消化器を5秒以上注視するすると、「トゥム6」に関するすべての知識を知ることができる。粉末は消耗しない。
回収日: 1988/5/28
回収場所: 忠清南道██市██マート
現状: サイト-██で使用中
メモ: これ、しりとりに使えますね。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。