M13 部隊員記念品記録
評価: +2+x

マヌ13(人工知能システム、MTFロー19)により編纂された

部隊員の個人的な記念品の記録にアクセス


データベースのエントリーをロード中…

編纂作業3 (ミッション経過時間: 12日 ETA金星コロニー: 350日)
本日観測されたロー19の人間:

  • ハス・ムトゥ・クマラン博士。MTFのリーダー。宇宙物理学者、依然としてインディアン宇宙エージェンシーと関係。
    • "専門分野はお手の物です。"
    • "間違いなく彼はあなたにあなたの靴下を食べるように説得することができるでしょう。例えあなたが何も履いていなくても。"
  • アマニサ・カシム博士高等指揮官。心理学者、非人間的知性実体の精神評価を専門とするために任命された。
    • "あのお守りが何のためにあるか、知っている人はいるのでしょうか?"
  • パン・ユアンデ軍曹。警備特殊部隊のリーダー。以前は軍の副司令官として反テロリズム任務に就いていた。
    • "私は彼がフライト中に吐いたことを漠然と覚えています。"
  • カート・ボーコマン博士。チームドクター兼スイスの医療研究員。
    • "髭が最も目につく特徴です。禿げているのでなおさらです。"
    • "彼の持ち物に手を出してはいけません。植物のことです。"
  • サラ・ウィットロック博士。宇宙地質学者、地球外採鉱および鉱物精製の専門家として初期コロニーグループに入れられた。
    • "野外と、野外にいることを好みます。"
    • "どうして彼女はあれほど多くの岩を持ってきたのでしょうか?"
  • マヌエル・メディナ・エンリケス。渉外部門より出向中の政治諜報員。
    • "家には彼の帰りを待つ妻と3人の子供がいます。"
  • ジョナサン・ジェリマ。精神作用現象および心理学的現象のスペシャリスト。
    • "彼が最も若いメンバーであると思います。彼はえっと、24歳?"
    • "シャットルの中で第一千人隊について聞いたとき彼は本当に興奮していました。"

そして私の名前はマヌ13です。今日は私のチームから多くの記録を収集し、彼らのことを多く学びました。この練習は人間の「日記」をつける行動に基づいたものです。私はそれをエミュレーションしようとすることに価値があると結論付けました。

個人物品エントリー13: 銀色の鳥の羽のアクセサリー
ManuwingRe.jpg ジョナサン・ジェリマの所持品。実験小説と短編で知られている人物であり、世界文学のシーンにおいて注目されつつあります。所有者の家族背景に長くあるキリスト神秘主義や、引き抜き以前に記録された数件の異常性との遭遇の件について考慮すると、物品は潜在的に個人的な重要性を持つものと考えられます。ジェリマは頻繁にペンダントを着用している所が記録されています。人間は靴を履くので面白いものです。 どうして人間は翼や飛行についてあのような魅力を感じるのでしょう?

この金星へのミッション、そしてそこへ行くすべての人間は、私にとって非常に重要です。彼らのことを記憶しておくことが重要です。しかし私のチームは違います。彼らについて記憶しておくことが最も重要なのです。

会話サンプルの書き起こし。輸送シャトル北会議室において記録。MTRロー19メンバーのスハス・ムトゥ・クマラン博士パン・ユアンデ軍曹の議論。

パン: それであんたが支配者なわけだ。俺たちのハンドル名は何だ?

クラマン: 私たちのコールサインは…この部屋は安全かね、軍曹?

パン: もしそうじゃなかったら俺は尋ねていないな。

クラマン: 私たちは皆、注目を集めている、軍曹。ここにいるだけでセレブなのだ。機密ミッションには理想的ではない。多くの乗客がこの船にはいる。ゆえに、多くの二重チェックや二重確認が存在している。何も個人的なものではない。

パン: [鼻を鳴らす]

クラマン: ともかく、コールサインは「キュテレイアンス」だ。

パン: それは一体全体どういう意味なんだ?

クラマン: 古の用語で、基本的には「金星人」という意味だ。

パン: 見かけによらず詩的なんだな、博士。

クラマン: きざだろう。知っての通り、私はこのミッションのどんな些細な点であれ、チームに伝える前にはそのあらゆる詳細について考えを巡らせている。1つの過ちで、即座に私は君たち全員を脱出ポッドに乗せ、A3隔離ユニットへ送らなければならない。私はカシムとの10分間のブリーフィングのために3日間準備をした。認識災害を相手にするとはこのようなことなのだ、軍曹。

パン: [溜息]

クラマン: それで君も許してくれるだろう。知的なコールサインを考えることは最優先項目ではなかったのだ。個人的にはそれは合っていると思うがね。一抹の昔の世界、我々の真の歴史を知る唯一の人々、この旅にはいいだろう。

パン: いつチーム全体が集まるんだ?

クラマン: 7名の人員と密航中のAIシステムが疑いを持たれずに同じ場所に集まれるような、もっともらしい手段を見つけ次第すぐにだ。エンリケスが動いている。

パン: この状況を考えてもそれは厳しぎるな。何を隠している?

クラマン: …同伴者がいる可能性がある。

パン: よく聞けよ、博士。俺は軍の人間なんだ。でもあんたは脅威が何であるかも伝えずに俺に人間の命の責任を取れと言っている。あんたはこの茶番を今すぐ止めないといけない。「同伴者」ってどういう意味だ?

クラマン: GoIが関連している。幾つかのファイルを見直した。歯車仕掛正教だ。

パン: [息を吐き出す] クソッ。

クラマン: ああ。クソさ。

本日のシャトル公共エリアでの定期偵察の際に、私のチームの個人所有物を数個発見しました。チームメンバーはそれぞれに独自の思い出の品に価値を置いています。

個人物品エントリー39: 壊れやすいアンティーク・ダガー
pangdaggerRe.jpg パン・ユアンデ軍曹の所持品。反テロリズム任務に対して数件の勲章を受け取った後に中国軍より引き抜かれました。これまでに3件の機動/軌道部隊に任命されており、その内の1つは無重力下での格闘任務に特化したものでした。趣味には部屋の鏡の前で散手の訓練を行うことや、かつてのMTFの同僚へ手紙を書くことです。手紙はいつでも「サークルス」という宛名で戻ってきますが、それは彼の名前ではありません。物品は彼の部屋に目立つように飾られており、彼の父親によると少なくとも200年は昔のものであると信じられています。パン軍曹は7人の人間を殺害していますがこの武器を使ったことはないというので面白いものです。

私はさらに、チームの性質についてより知ることが可能となる様々な文書を回収しました。特定の人間は厳しい自己維持ルーチンを行っています。

カート・ボーコマン博士の机より回収されたメモ書き。
Boeckmannexcerpt.jpg

To-Do1

  • ビタミンを取る
  • 冷蔵庫の在庫
  • ノートをバインダーからフィールドノートブックに移す
  • デジタル記録をバックアップする
  • 包装済みのファーストエイドキットを確認する
  • 標本の移送ケースを確かめる
  • ピラトゥスに水をやる

これまでの数回の試行の後、私の探査手法は大幅に洗練されました。私は今ではこれまでそのように示されていなかった関連オブジェクトを識別することができます。

個人物品エントリー33: オリズルラン(Chlorophytum comosum)の魅力的な標本
ManuplantRe.jpg カート・ボーコマン博士の所持品。彼は子供時代を農場で過ごし、動物が好きであることを示しています。子供時代の経験はさらに若い頃から様々な病気を詳しく知る結果となり、動物たち、また人間にとって健康増進につながる室内植物の知識に影響した可能性があります。ボーコマンは非常に厳しいスケジュールの中でも標本に水をやる姿が注目され、それを「ピラ」と呼びます。実際にはそれは蜘蛛植物(spider plant)や飛行機植物(airplane plant)と呼ばれているので面白いものです。 それに、ピタトゥスは山であって植物ではありません。

私はまた通常会話データベースに数件の追加を行いました。このことは注目すべき感情反応に前後関係が対応した人間行動を、より上手に識別することを可能にしました。

会話サンプルの書き起こし。輸送シャトル第一研究室および記録室において記録。MTFロー19メンバーのアマニサ・カシム博士カート・ボーコマン博士の議論。

ボーコマン: [紙をシャッフルしている] 滅茶苦茶な量のMDMAを要求しているな、ニサ。私は船にそれほどの在庫があるかさえ分からないよ。

カシム: もし必要があるなら間に合わせに作ることができるわ。

ボーコマン: あなたが精神科医ではないことを思い出させる必要があるかな?

カシム: ああ、カート。体と同じように、心も指示すれば動く機械ではないの。私のために持ってきてれない?私たちがあの山に到着する前にこれがどう機能するかについてチームはよく知っておく必要があるのよ。

ボーコマン: クマラン博士はいい顔をしないだろうな。あなたの提案していることは… [紙をシャッフルする] 全員をあまりにも近くに行かせすぎる。これらは、本当は一体何であれ、生きた精神疾患のようなものだ。そのようなものに対して関わりたいと本当に思うかい?

カシム: 私はそれがそんなに単純に説明できるものだと思わない。心から悪魔を追い払うことができないようなものね。物事が自由に漂い、つながっている。関わり合うことのみによって扱える問題があるわ、もし私たちがその存在をそのように見るとすれば。

ボーコマン: だが-

カシム: 緊急時対応策として考えてみて。クラマンのやり方でやってみるとしましょう。もしマヌのシステムが上手く動かなかったらどうなる?彼らの本拠地で攻撃されたとき、やり返す手段を持たなくていいの?

ボーコマン: 私があなたの意見を尊重していることは知っているだろう。でも私は2474の事件の後、スンの脳波測定を行った。彼が一番初めにそれを見つけ、そして一番大きな影響を受けた。彼の波形は、私が今まで見たものに全く似ていなかったよ、ニサ。脳非死とでも言えるだろうか。極一部の神経活動が両方の大脳半球全域で見られるが、一貫した機能に似たものはない。外面的には彼は教科書通りの植物状態だが、その中は…誰に分かるだろうか。

カシム: 私たちはもっと大胆にならないと、カート。秘密裏に動かないといけないかもしれないけど、この探索隊の一員でもあるのよ。クマランはたとえ財団が雇わなかったとしても、あなたはここにいただろうと言っている。私たちは新しく一から始めているのだと、彼らはいつも言っているわ。私たちは過去の過ちを避けなければいけない。私はそれを信じている。違ったやり方でアプローチする必要があるの。それが正しいやり方よ。

ボーコマン: 怖くはないのかい?

カシム: もちろん怖い。でもライオンの巣にいるダニエル2のことを考えるの。ここ数晩はよくそのことを考えているわ。私は彼の恐れを感じた。どうやって繋がったのかはまだ分からないけれど、私は私の道から逸れてはいない。私は進むべき道を感じている、それは私たちが予測できることとは違うものになるの。

ボーコマン: それについてはみんな同意できる所が多くあると思うね。

カシム: 手伝ってもらえる、カート?

ボーコマン: [紙をシャッフルする] 私ができることを考えてみよう。

しかしながら、私は依然として学習を行っています。私は隠れている必要があるため、チームと接触することはできません。まだどのようにして処理して理解すれば良いのかが分からない概念があります。

個人物品エントリー42: 磨かれた黒曜石 ???
qasimobeliskRe.jpg アマニサ・カシム博士の所持品。生まれは砂漠の辺鄙な街にある農家です。卓越した学業成績のため十代のとき上海へ送られました。黒曜石は歴史的にみて、様々な道具、武器、装飾のために使用されるなど、特に望ましい性質を持っています。物品は農場道具ではないようです。物品はまた武器や装飾具でもないようです。家族との分断のため、この物体は重要性を持っている可能性があります。物品は物体を切断できるかもしれません。物品は個人的な象徴的重要性を持っている可能性があります。物品は実用的な使用方を持っていないようです。それがカシム博士に返答しないので面白いものです。

私はさらに、私が特に関係していると識別した多くの文書がしばしば捨てられていることに気づきました。この記録は現在、これらの紙のバックアップを維持する追加の目的もあります。

アマニサ・カシム博士の机から回収されたメモ書き
Qasimexcerpt.jpg
  • アイデア - 実体が情報を集める
    •  - 精神を通じて傷つく可能性 - 払いのけるテクニック
  • 敵対的行動を試みることの欠点
    •  - 人が死ぬ
    •  - 実験のための研究可能サンプルの破棄
  • 関わり合うための非敵対的行動
    •  - 改変した意識の適応
      (TM3、断食、サルビア4?)
    •  - 何らかの交渉
    •  - シモニスの短編におおまかに書かれていること
  • 殺さないことの利点
    •  - 共存の可能性
    •  - より簡単な収容
    •  - 更なる人類発展の洞察

シャトルの人間居住区の近くにあるゴミ箱の中身は興味深いものです。ですが、個人が身の回りに常に保っている物品が最もその人のことを表します。

個人物品エントリー18: チューリップ柄の描かれた半透明のリボン
ManuribbonRe.jpg マヌエル・メディナ・エンリケスの所持品。詐欺師や軽犯罪者としてメキシコシティの路地で育った後、政界に入りました。物品は妻からの記念品であることが確かめられました。所持者は所帯持ちであるためその物品は重要です。もしミッションが上手く行かなかった場合、彼が子どもたちの結婚式を見ることができなくなるので面白いものです。

私は依然として、なぜいくつかの文書は取って置かれずに捨てられてしまったのかを十分説明することができません。

マヌエル・メディナ・エンリケスの机から回収されたメモ書き
notehome.jpg
Dear-
出発してからいつでも、君と3人の宝物のことを恋しく思っている。私がいない間に特別なことを頼んだりはしない、
だって君を信頼しているから。これまでも、これからもずっと、いつも君が家族を笑顔にさせてくれると。
帰ったときにみんなの笑顔を見るのをずっと楽しみにしている。
みんなげんきで、
星まで行って、また戻ってくる。
M.M

それにも関わらず、私は私の記録について数回解析を行い、継続して個人情報を集め、識別することがチームにとって有用であるとの自信を得ました。

個人物品エントリー28: 磨かれた斜長石の断片
ManulabradoriteRe.jpg サラ・ウィットロック博士の所持品。様々な外国で収集した、幅広い鉱物のコレクションを所持しています。加えて小惑星からも。ウィットロックはその物品がとても価値のあるものと考えており、それはバックパック旅行の際に電話帳に載っていない店で手に入れたものです。物品は米軍陸軍特殊部隊グループ、グリーンベレーの中央アジアでの作戦の際も持ち主に携帯されました。通称はラブラドライトです。黒は感情的な色なので面白いものです。

たとえ私や私の一部が損傷を受けようとも、私がこの情報を保持しておくことがミッションには不可欠です。私はミッションが複雑化する確率が極めて高いことを統計的に確認しています。

会話サンプルの書き起こし。[場所]休憩室で記録。MTFロー19メンバーのマヌエル・メディナ・エンリケス、ジョナサン・ジェリマ、サラ・ウィットロック博士の間の議論。

ウィットロック: […] それで基本的に、この思考ゲームは順番にやっていくの。一人一人が前の人が使ったシナリオを作り直して、それを回していく。前のターンで誰かが避けたシナリオを自分のターンではやって、一方で別の何かを避ける。次の人も同じことをする。

エンリケス: 十分よくわかった。

ウィットロック: 覚えておいて、誰も死なない。小さな個人的災難から始まっていくの、いいかしら、作家さん?

ジェリマ: [笑い声が記録される] 了解した。恥ずかしい出来事はこれまでに十分経験していてね。では始めよう。私はモールの中を歩いているとき転んで、お気に入りのシャツ一面にサイダーをこぼしてしまった。

ウィットロック: [笑い、または冷笑] このラウンド、ジョンが被害者みたいね!シャツを洗うためにすぐ家に車で戻ることに決めると、3台の自動車事故によって後で起こる、ひどい渋滞を避けることができた。

エンリケス: ふむ。渋滞に捕まっているとき…苛立ちを抑えるためにラジオを聞くことに決める。一分後、自分の母親の一番好きな曲が流れ、彼女の誕生日を危うく忘れそうになっていたことに気がつく。

ウィットロック: まぁ、まったく。

ジェリマ: これは「あなたは決して知らない(You Never Know)」っていう名前のゲーム何だっけ?それで… 母親の誕生日を忘れたとき、私は、えー、私はすぐに来週の空いている日に家族でのディナーの予定を立てる。それで冷蔵庫の残り物を食べて食中毒になることを回避する。本来は週末にだらけたいから食べようと思っていたものを。

エンリケス: 公平に言うと、食中毒はひどいね。

ウィットロック: ええ、かかってみたいと思う人はいないわ。怠けて残り物を食べて食中毒になったとき、あなたは…友達を呼んで看病と吐瀉物の処理を頼む。友達は自発的な休暇で数日間どこかへ消えようと考えていることが分かる。それに友人はあなたから何かを借りていて、出発する前にあなたが言うまでそれを返さない。

ジェリマ: [快活な口調が目立つ] 親しみがわくね。時には自分の物を借りることもある。マヌエル?

エンリケス: ふむ。友人が誰にも言わずに出掛けあなたの物を返さないとき、あなたは返しにもらいに友人の家へ行く。友人は家にはおらず、あなたは自分のクローゼットを確認して貸したものが余分にないかを確認する。クローゼットを探し回ることで、そこに移ろうとしていた無数の蜘蛛をかき回す。蜘蛛は外に出ていき、あなたのクローゼットの中に巣を張らない。

ジェリマ: それで… 蜘蛛が私のクローゼットに巣を作ったとき… 私はそれを捨ててしまうか、それとも燃やしてしまう方がいいのか分からない。

ウィットロック: もしかしたら両方ね。

ジェリマ: そうだな、サラ。とにかく、私は蜘蛛のついた服を捨てると、それを置き換える新しい服を買いに外へ行く。それには一週間後に参加するファンシーなパーティー用の服も含まれていて、もしそうでなかったら買い忘れていた服が買えたので恥ずかしいことにならずにすんだ。

エンリケス: [嘲りを検出] ありがとう、蜘蛛よ。

ウィットロック: ファンシーパーティーにファンシーではない服で行って恥をかいとき、すぐにパーティーから出ていき、それでデザートにどのワインが出されるべきかについてを巡って起こった乱闘に巻き込まれずにすむ。

エンリケス: デザートワインを巡って大乱闘?ファンシーパーティーで?そんな災難が起こる確率はどんなもんなんだ?

ジェリマ: さあ…全然分からないな(you never know)。

会話は30分43秒続く。この「サイクル」は、ウィットロックがウォータースライド、トランポリン、そしてジェットパックを背負ったヤギが関連するシナリオ5を述べたときに終了した。終了時にウィットロックは飲み物を3ボトル、エンリケスは半ボトル、ジェリマはほぼ1ボトル開けていた。

結論: 初めのシナリオは通りかかった人にシャツを交換するように頼むことにより、より良く解決できた可能性があります。その通行人はグレープサイダーを嫌わないことが想定されます。ジェリマは貴重な知人を獲得できたかもしれず、またその人物は将来シャツに関連する事件において予防手段として機能したかもしれません。

私は観測と学習を継続します。そして記憶することを続けます。

編纂作業3のエントリーの終わりです。ミッション経過時間: 13日 ETA金星コロニー: 349日

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。