遮断された死の情報
評価: +16+x

財団は非情だ しかし合理的だ
██は探査エージェントとして様々なものを叩き込まれた
-SCPの扱いは慎重に
奴らは何を起こすかわからない
-決して無闇に攻撃してはならない
意思ある者はそれに対して何かしらの反応を示すものだ

二階建ての一軒屋を██はライト付きのカメラを頭に付けて一人で歩いていた
家の周囲で計器類を持たされ、何時間も歩かされた上にだ
周りは暗い
外かラ見たときは普通の家のようだったが、中身はがらんどうでまるで映画のセットのようだ
蜘蛛の巣を払い、柱に触れると奇妙に柔かく、おぞましい感触がした

暗がりの向こうに何かが見える
おかしい
この暗闇に、光を反射する物があるわけが無い

強烈な耳鳴り 視界がぶれ、鼓動が早まる
まるで脳にノイズが乗ったみたいだ
みしりみしりと
柱が揺¦いる

この空っぽの家の中に一体いつからやつは居たのか
祈りの声が聞こえる
魂にまで及ぶような 怨鎖のごとき祈りの声
どこの国の言ばなのかもわからない

いつの間ニニかは後に壁が来てい¶
いや、じ分で後ろに下がったのか
柔らかく【暖】かい臓ふの臭
さらさらと音をた№て闇がしつりょうとなって迫ってくるるる

自分NO腰のあタりをさぐる
そウえばもう何何何分、瞬きをしてイないのだ∮うか
おタたいたい金ぞククの感触感触
頭のな力に心ぞうがあるみたいだ ひどくうるさいうるさい ぅiii

銃口←を向け5&? 指ガゆびう「  」ない
KAKINと撃鉄の†くぁいいた音が響く
アアア
ああ、そうか
-決して無闇に攻撃してはならない
銃声は鳴らない
そしてくらやみがおとずれた

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。