回収された物体
評価: 0+x
SCP-432から回収された物体

このファイルに含まれるすべての文書は、クラス2クリアランス職員2名によるアクセスを承認する署名が必要です。

以下のアイテムはすべて、現在までに行われた█回の探査によってSCP-432から回収されたものです。

木の葉

第1回目の探査で発見。合計で12枚の葉が回収された。内容はオークの葉3枚、トネリコの葉4枚、ナナカマドの葉2枚、カエデの葉3枚。すべての葉は乾燥して砕けており、かなりの時間経過を示している。

第2回目の探査で回収。左足だけの運動靴。ゴムとキャンバス生地から作られ、踵に████████のロゴがある。商標と製造方式から1982年代の靴であることが示されている。長期間使用された形跡が見られる。靴紐はほつれ、靴底と爪先はすり減り、土と錆が薄い層をなして固まっている。

乾燥した血液

第2回目の探査で回収。大きな乾燥した血の染みから採取した破片。実験によってこの血液は人間の男性のものであり、血液型はO型のRhプラスであることが確認された。あまりに古く劣化していたため、DNAの復元は失敗した。

動物の体毛

第4回目の探査で回収。絡み合った動物の茶色い体毛の大きな束と、その毛根に付着した皮膚細胞の塊。体毛は約13cmの長さで、毛質は硬く、非常に不快な臭いがする。DNA鑑定によりこの生物は████████████目███████科に属することが判明し、既存のDNAプロファイルとは顕著な差異が見られるが、[データ削除済]であることが示唆されている。

缶詰とフォーク

第5回目の探査で回収。潰された空の█████ミートボール入りベイクドビーンズ缶とブリキ製フォーク1本。缶はチャーチ・キー式1の缶切りで開かれており、中身はすべて食べられている。乾燥した残留物から缶の中身は█████ミートボール入りベイクドビーンズであったことが確認できている。缶の1つからソースに混入した人間の血液が発見され、同様に人間の体組織も発見された。ソースに混入したこの血液と体組織は、中身が消費される以前に加えられていたと思われる。
フォークはブリキ板からプレス加工されており、この製品は1940年代の軍用メスキット2のものと型が一致している。湾曲して所々に傷がついており、長期間使用されたことを示している。フォークの歯は乾燥した█████ミートボール入りベイクドビーンズのソースで覆われ、同時に人間の血液と体組織の付着が見られる。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。