MC&Dエージェントのオリエンテーション
評価: +1+x

ようこそ、マーシャル・カーター&ダーク・リミテッドへ。
君たちがここにいるということは、君たちは我々上流階級に受け入れられたということです。
おめでとう。

では、順を追って、私達の組織の概要を短く説明しましょう。
私達はちょっとしたクラブのようなもので、そして私達はメンバーの皆さんが、他所ではできない最も高級で最も珍しい体験をできるようにしているのです。
私達はロンドンを中心として、世界中にエージェントを派遣しています。彼らは、私達が「体験」と呼ぶものをよりよく提供できるように、私達のためにアイテムを見つけて回収しています。
今日ここでこうして目隠しされ、観衆に晒され、座っている君たちは、私達のために探索かそれとも回収を行っていただく手筈です。
私達は君たちを最高の中から最高の者として選びました。
応募者の中で、君たちは最も有能で最も知的でありました。

さて、君たちの任務を説明しましょう。
君たちは私達のフィールド・エージェントになっていただく予定です。
君たちの多くは私達が興味をもつ物品を扱う組織、例えば、財団、蛇の手、壊れた神の教会との繋がりを持っています。
私達は、君たちがこれらの繋がりを持つにも関わらず、私達の目的に対して完璧に忠実であると期待しています。
どんな逸脱的徴候を見せたとしても、処罰するでしょう。

君達には個々のケースに応じて働いてもらいますが、私はどのケースにも関与します。
ケースは、"獲得(Acquisitions)"として知られていますが、個人統計に基づいて割り当てられることになっています。
君達が”獲得”を拒絶することは許されません。
”獲得”の任に就いている間、場合によっては私達のほぼ限りない資源の一部を利用することが出来ます。
これらの資源の不正利用は処罰します。

君達は割り当てられた”獲得”のため迅速に行動しなくてはなりませんが、求められるような公の場でのあり方を保ってください。
どんなことがあっても、マーシャル・カーター&ダークのために働いているという事を暴露してはなりません。
マーシャル・カーター&ダークが認可していない者に、マーシャル・カーター&ダークについて話そうとしたものは処罰します。

以上で君達のオリエンテーションを終了します。
右を向いて、少しずつ慎重に歩いてください。
ドアを出次第、目隠しが取り除かれます。
そして、君達のうち何人かは最初の”獲得”ケースを受け取ってもらいます。
お時間ありがとうございました。


エージェント・スモールズは殆ど難無く部屋を出たが、彼の両手は体の横にぴったりと引き付けられていた。
彼は非常に用心深く歩いているようで、人とぶつかることを恐れているようであったが、そこには誰も居なかった。
戸口に向かうまで彼は緊張に満たされていた。
近くに彼を観察する者がいれば、彼の呼吸がゆっくりになり、額の汗の輝きが少々鈍まったことを確認しただろう。
前途有望な財団のエージェント、エージェント・スモールズは部屋で見た恐怖に畏縮していたのであろう。

カーター氏はその呼吸を注意深く制御しながらしょぼしょぼした目でその男が部屋から出ていくのを見ていた。
打ち付けられ傷跡だらけのしなびた皮の男が車椅子の背に取り付けられていた。
その乳白色の瞳には恐怖の名残があった。
老人が喋るときに喘鳴をあげるのに合わせ、皮男も喘鳴をあげていた。
”本当に価値があったのかね?たった一人の男の為にオリエンテーションを全てすることに?”

マーシャル氏は目隠しされた男が部屋を出るのを無感動に見ていた。
一本の長い指で合図をすると、観衆の他の男達が部屋を同様に出て行った。
足音が部屋に木霊した。
彼らは歩いてはいたがその目は虚ろで、それぞれの額には浅いがはっきりと見て取れる傷跡があった。
マーシャル・カーター&ダークの共同設立者は、咳払いをして、一杯の水を飲んだ。
彼の声はよそよそしい冷たい響きから、計り知れない非人間的知性とは矛盾するような、より豊かで深い響きに変わった。
”ああ。彼は将来的に役立つやも知れん。投資というものは常に良いものだ。”
彼はタイを整えた。
抜け目のない冷たい含み笑いをした。
”そして、財団と関わりのある彼らを持つということも常に良いことだ。これがどれほど役に立つということを誰が知ろうか?彼とてジェンキンスよりは役立つやも知れん。”
ゼーゼーとした笑い声が部屋にあふれた。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。