失敗
評価: 0+x

誰だって間違いを犯すことはある。私は電気を消すことを忘れて、スーツに合わないネクタイを選び、通りを横切って、間違った仕事を選び、上司に間違ったことをいい、バスに財布を忘れる。

それらは我々の運命を決めるものだ。エラーがカーブを描き、運命を急激に変える。それに間違った決定やミスが津ずく。それが、エラーが失敗に変わる方法だ。そして、我々が最初に躓くとすれば、いつもそういったところだと思っている。

3

薄灰色のオフィス。空きの太陽は大きな窓から明るく部屋を照らしている。私の精神状態は非常に良好だ。私にとって、残された唯一のことは、ディレクターの署名をもらうことだけだった。今日、それが行われる。

私は、私がこの組織に就職したとき長い間疑問に思っていたことがある。すべての責任、秘密と危険。私はこの職業は女性らしくないといわれたが、私の不断のフェミニズムはこの決定を寄り強く私に押し付けた。そして、私は選択した。採用試験に合格し、今すぐ就職することを決定した。

ディレクターの目は熱心に私の履歴を読み込み、すべての書類と切手をチェックする。最後に、私から送られたものを手にする。

- さぁ、クリスティーナ・パブロフナ、あなたは仕事を引き受けることができるようになりました。

フォルダがきれいなテーブルの表面に静かにおかれた。血液のような赤い電話が隣においてあった。この部屋で唯一明るい色だった。

- ありがとう! - 満足感を隠すことなく私は言い、ディレクターに手を差し出した。すると、恐怖と憎しみに満ちた氷のような表情で彼は頭から足まで見回した。私はディレクターがミソフォビアをわずらっていると警告されていたが、私はそれを完全に忘れていた。私はすぐに自分の姿勢を正した。

- ごめんなさい –早口でそう言った。

私はディレクターから永遠に好意を失っただろう。

君のミスは、君を殴り倒すことができる。君を夢中にさせ、君を殺すことができる。そして、時には彼らは途中で遭遇するすべてのものを壊し、水の上の漣のようにぼやけていく。時には、君の運命だけではなく、一緒に居る人々まで、それに巻き込む。

2

セキュリティ任務は非常に奇妙なものだった。私は運がよかった。私は無生物の分野で働いていたからだ。私は小さな部屋に座って、モニターを眺めた。ロマ、私のパートナーが、明るくクールな娯楽を私に与えてくれる。別のとき、別の場所だったら、私たちは不倫をしていただろうが、ここではとてもよい友人だった。仕事の終わりに、私たちはいつも、寮の裏庭に出て、タバコをすいながらさまざまなことについてしゃべり続けた。

今日は涼しくて星のきれいな夜だった。雪はまだ降っていなかったが、寒い夜の空気が近づいてきていた。ロマは、タバコを取り出して、それに火をつけた。

- 俺はここで働くことを誇りに思ってる。 - 彼は伸びをした。 - この大きな、美しい世界は、俺たちのおかげで保たれてる。わかるか? - 彼は興奮してそう言った。 - 私たち一人一人が大切な存在だ。俺と、あなたと、それからあの男も。 - 彼は建物の電気のついた窓を指差し、再び顔を戻した。

それから、私は身近な雰囲気を感じた。私がかつて住んでいたところの中庭では、ティーンエイジャーが絶えず騒いではいたが、そこからのにおいに似ていた。

- ロマ 何それ、煙くない?

- わかるのか? - 彼は笑っていった。 - お前もやるか?

- やだ!これはだめよ!誰かにばれたら…どこで手に入れたの?

- 俺が窓辺で育てたんだ! - ロマは寝転んだ。 - 聞けよ、ザヤ。これは俺がここの重い仕事の後の唯一の慰めなんだ。もちろん、俺はこの仕事が大好きで、この壁の外での仕事なんて創造もできないが、私の精神は鋼じゃあない。わかってくれ。 - 彼は2本目を手に取った。

- このゴミはあなたに役に立つことは無いわ!どのくらいつづけてるの?

- そんなに心配するなよ。 - 彼は私の肩をたたいた。 - 俺たちは毎日死の危険の中で戦ってる。そして、私は100%確信している。私を殺すことができるのはこの大麻だ。 - 彼は足の上に尻を乗せた。 - お前はこれとかすべてのことを認めないと理解しているが、俺は大人で、俺は自分の行動に責任をもてる。

- しかしこれは法律違反よ!指示と規則がある。あなたは多くのリスクを背負ってる。わかってるの?

- これが俺の少し無害な秘密だと思ってくれよ。お前は秘密を保つ方法を知ってるか?

- わかったわ。私はあなたが何をしても - 私は誰にも言わないわ。

しかし、私はうそをついた。彼の行動は、ゾーンの規則だけでなく、一般的な法律にも引っかかるものだった。友人と、正義の間での選択は難しかったが、私は選択した。1週間後、私は当局に、匿名の手紙で打ち明けた。

ロマとは、それ以来あったことがない。彼は、消耗品に降格され、移転させられた。1ヵ月後彼は死んだ。衆人の一人が隠し持っていたナイフに気づかなかったのだ。

何年もの間、私の良心はいたんだ。わたしは、もうこれ以上親しい人を作らないように努力し、自分自身と私の仕事に没頭し続けた。私は順調に昇進した。すばらしいことだった。もちろん、トップまでは上り詰められなかったが、その少し下くらいにはなった。もっとも、責任はそれだけ増えたが、それは私にはいいことだった。私は、考える暇がなくなったからだ。

いくつかの間違いはあなたを正しい道に戻し、ほかの人はあなたを後押しする。しかし、あなたを止める人が居て、あなたはそれに何もできない。これが、あなたの間違いの終着点です。その後、なにもおきはしないでしょう。

1

ダイニングの仕事をしているルーダは、最近、私にとって唯一の慰めだった。彼女は、数ヶ月前に雇用された。陽気で社交的な少女だった。私たちは、すぐに共通の話題をみつけた。私は、再び人とのコミュニケーションに喜びを見出した。人生は、徐々に改善の方向へと向かった。

彼女の教養はほぼ0だった。ルーダは私が彼女に言っている事をほとんど理解してはくれなかったが、聞きに徹することがうまかった。私は、彼女に魂を注ぎ、私の身に起こっていることすべてを打ち明けた。科のyぞは私を慰めて、私を支えてくれた。キッチンの隣にあるクローゼットは、私の第二の家だった。

夜遅く、仕事の後、私は再びそこへ向かった。しかし、狭い廊下の通路は、2人の男によってふさがれた。

- クリスティーナ・オアブロヴァナ、一緒に来てもらおう。

私はこれらの人物の正体を理解し、抵抗しなかった。

だれが、このバリケードの後ろにくすくすと笑う少女がいると考えただろうか。彼女を邪魔だてしたエージェントは誰だったのか、私は決して見つけることができなかった。ルーダは、私の責任の下、特に重要な文書とともに抹消された。私は、かたきの共犯だった。そして、その結果として、永久の解雇をされた。

人間は間違いを犯す。間違いは私たちの生活の基礎だ。彼を今のようにした要員のそれぞれが、間違いであり、だれもがその責任を負わされる。私たちは間違いを犯し、後悔するが、なにかを巻き戻して、やり直すことはできない。これは人生だ。

私の間違いは、私を病院のベッドへと導いた。肋骨が折れていたことはうれしいことだったが、もうすぐ、すべてが終わることを理解していた。私は、解雇が何を意味しているか知っている。私は記憶処理を受けていないことを理解していた。私は、間違いが無かったことになることを知っていた。死後、罪人は地獄に行くが、私が最後に目を閉じた後何が起ころうと、自分の過ちよりも悪いことは起こりえないと確信している。これは私の救いだった。

私は、暗闇に落ちた

終わりだ。

明るい光が私の視界を覆った。しかし、数秒後、視界は徐々にはっきりとした。私は、よく知った部屋に居た。窓からは明るい光が差し込んでいた。男が私の目の前に座っていた。言葉が聞こえた。:

- さぁ、クリスティーナ・パブロフナ、あなたは仕事を引き受けることができるようになりました。

フォルダがきれいなテーブルの表面に静かにおかれた。血液のような赤い電話が隣においてあった。この部屋で唯一明るい色だった。

私は、叫び声を上げ、全力で逃げ出した…と私は思った。しかし、体は私に従わなかった。私は自分の中に閉じ込められていた。聞いたことのあるやり取りだったが、どう努力しても何も変えられなかった。叫び声が頭の中のどこかに消えて、唇は短く「ありがとう!」」と言った。そして、手が差し伸べられた。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。