私があまつぶになった日のこと
評価: +26+x

「行ってきまぁす!」
玄関をいきおい良く開けると、雨が降っていました。
お母さんがやってきて、
「もう、慌てないの。気を付けて行ってらっしゃい。」
と、かさを渡してくれました。

青色のかさをさして、歩きます。
今日は待ちに待った発表会。
あの曲を弾くみたいに指でかさをたたいて、
あの曲を口ずさんでみれば、
なんだか雨音が、音楽に聞こえてくるみたいで。

トントントンと、かさをたたけば、
「タンタンタン」、と雨の音。

青色のかさをつたって落ちた水滴は、まるで元気なこびと。
赤色のマーカーがたくさん引かれた教科書の入ったカバンを、ゆらしながらわたしもスキップ。

トントントンと、かさをたたけば、
「タンタンタン」、と雨の音。

将来の夢はピアニスト。
あんまり、練習は好きじゃないけど、
ピアノは大好き。
もっともっといろんな曲を弾きたい。
白と黒のけんばんに、雨のように指をすべらせて。

トントントンと、かさをたたけば、
「タンタンタン」、と雨の音。

会場はすぐ目の前。
青色のかさをさして、
青しんごうになるのを待ちます。
ちょっぴりきんちょうしてきちゃった。

トントントンと、かさをたたけば、
「タンタンタン」、と雨の音。

信号が青にかわって、
青いかさの私は歩き出します。
きんちょうして、楽しみで、あの曲を口ずさみながら

 
 
 

「タンタンタン」と、かさをたたけば。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。