ムーンライティング
評価: +2+x

サントスが6歳のとき、彼はサンタクロースが実在しないことを発見した。クリスマスのリストを書いた後、彼は両親に、リストの中のゲームボーイとローラースケートに触れながら話した。彼の両親は笑って、サンタは現実にいないと彼に言った。両親はプレゼントを買ったが、リストにあるものは何1つ買わなかった。


2000年、5月8日

「やあサントス!元気かい?」

「ああ、ガイ。会ってくれてありがとう。」

「いいって!そういえば何年も話していなかったな。それに、アナート!君がアナートをやりたいんだって!何か手伝おうか?」

「ああ。うん、そう言ってもらえてうれしいよ。こういうことはしたことがないからね。でも、うん、ここは何なんだ?ここにくるためにドアにUSBドライブを差さなきゃならなかったぞ。」

「え、ユーテックだけど?ああ、忘れるところだった!ここに来るのは初めてなんだな?何かする前に、君にグランドツアーをしてやる必要があるな!」


サントスが8歳のとき、彼は数学の集まりをすっぽかしてしまった。自宅で、サントスの父は彼を座らせ、息子の愚かさをののしった。父親は、サントスの未来は中国人のために芝生を刈ったりトイレを掃除したりする以外にないと明言した。結局のところ、中国人の子供はやるべきことに対し彼の10倍真面目に取り組み、成功するためにせわしなく動き、あらゆることでサントスを打ちのめすのだ。サントスが数学の集まりをすっぽかすことは二度となかった。


「そう、ユーテック、」ガイは話し始めた。彼ら2人は何マイルもの高さのガラスとコンクリートの摩天楼が並んでいる巨大で輝くクロムの遊歩道を歩いていた。そこには何千もの人間、サイボーグ、ロボット、アンドロイド、ホログラムさえもが渦巻いていた。巨大な電光掲示板は至る所で広告を放送している。拡張ペタバイトドライブ、ブランドものの新しい改良現実インプラント、バイオニック人工器官代用品、そしてスマートなキッチンシンク。

「よし、まずはユーテックについて話す前に、硅のノルニルの従者と呼ばれるグループについて話そう。簡潔に言うと、彼らはこの街の中心にある3台のスーパーコンピューターがシンギュラリティをもたらすと考えているトランスヒューマニストなんだ。そして彼らは、パラテックに心底打ち込んでいる。で、1985年、従者たちはこのペースじゃシンギュラリティは永遠に訪れないと考えた。彼らは進行を早めると決心したんだ。」

喋りながら、ガイは彼に怒った鳴き声を発するサイバネ蜘蛛を避けた。謝るように手を振ると、ガイはこれといって特徴のない店の前に止まった。店にロゴはなく、ラップトップの上に置かれた脳のアイコンだけがあった。床から天井まで延びる窓から、あらゆる種類の電子工学部品が見えた。

「最初に、僕たちはトランジスタ化した陽電子認識マトリクスを入手する必要がある。ブレインゲートには改良品が十分あるはずだ。」

サントスは彼に続いて入った。ガイはデジタルブレインの品ぞろえを見て回りながら話し続けた。「つまりだ。1985年。従者たちは待ち望んでいた。そして彼らは理解した、ゴック(Gocks)やファウンディー(Foundies)みたいな正常性維持機関は物事を厳しく取り締まり続けるだろうとね。それはパラテックのために集まり、共同研究をしようという人間にはあまりいい場所とはいえない。で、従者たちはそういう場所を作ることにした。彼らはそこをグローバルなテクノロジーの中心として形成したんだ - これだ!」

ガイは皺の寄った銀と灰色の脳をつかんだ。彼はそれをサントスに渡した。「これを見てくれ。ストレージは8ペタバイト、RAMは丸々1テラバイト - ソリッドステートのグリア細胞もある!完璧だ!」

ガイは薄い、チョコレートバーサイズのタブレットをポケットから取り出した。「よく見てくれ、」彼はそう言いながら、タブレットの下に脳を抱えていた。「これはスマートフォンと呼ばれてる。君はこれで写真が撮れるし、このマトリクスみたいな製品をスキャンすることも出来るし、ゲームも出来るし、なにより、そう、電話が出来る。」

サントスはそのデバイスに感心した。店を出ながら、ガイはその電話の特徴をさらに説明した。「…それにインターネットのホットスポットにもなるんだ!もちろん、これはユーテックでしか見られない。実際、ユーテックに戻ってきちまうんだ。この名前は、'ヨーロッパ'と'テク'のかばん語だよ。ある種のだじゃれだとも聞いたことがある。'ユーテック、ユアテック'…どっちなのかはわからない。彼らがここをどうやって作ったのかも、どうやって隠しているのかも - ポケットディメンションの一種だとは思うが - でも大事なのはだ、ユーテックが基本的にはパラテック愛好家のパラダイスだってことだよ。」


サントスが11歳のとき、彼は父親に数学の実力試験で取った95点を自慢げに見せた。父親は残りの5点についてサントスを責め、アジア人の子はみな満点を取ったと激しく怒った。この調子では、と父親は言い、サントスはMITに入ることは出来ないだろう、と続けた。サントスは涙を堪えた。それから彼は父親にテストを見せるのをやめた。


ガイとサントスが店から出るとき、サントスは認識マトリクスの入ったバッグを持っていた。「次は、身体パーツを取りにアナのところだ。人工器官は必要ないんだよな?正規の生体パーツがいいんだろ?」

サントスは頷いた。2人は遊歩道を横切り、2人用の小さなボックスへ向かった。ガイはボックスのドアに小さなプラスチックのカードをかざすと、サントスにそれを手渡した。サントスもカードをかざし、中に入った。「オーケー、ここのサークルに立っててくれ。これはテレポッド。実はPLモデルが基盤になってる。君の父親はそこで働いてたんだっけ?」

サントスは肩をすくめた。「昔ね。とにかく、あー、ユーテックのことを教えてくれないか?」

「ああ、ちょっと待っててくれ。」ガイはボックスの壁にあるガラスのサークルに向かい、それを指で押し上げた。サークルは赤く光り、電子音声を発した。「目的地を選んでください。」

「うーん…ウーサーセンター。15階、」ガイは答えた。

「あなたの目的地は…ウーサーセンター、15階。間違っている場合は、正しい目的地を入力してください。合っている場合は、立ち続けてください。出発まで5…4…3…2…1…」

サントスは閃光に目をつぶり顔をしかめた。再び目を開けたとき、彼らは遊歩道にいなかった。彼らは摩天楼の大理石の床に立ち、500フィート上空にある窓から遊歩道を見下ろしていた。ボックスのドアが開き、ガイが歩き出した。

「来いよ、アナの店は角を曲がって右だ。」

彼らは角を曲がって店先に入った。ラックにもたれ、棚の中で折り重なっている死体や人体パーツで店が散らかっていることにサントスは驚いた。「あー、ガイ?これはどういうこと?」

ガイはくすくす笑った。「聞いてなかったのか?アナは身体のパーツを打ってるんだ。心配するなよ、あれはシェル、ただの抜け殻なんだから。バイオテックみたいなもんさ。知ってるだろ、インプラント、バイオニクス、そういう類のものを。あれはそういう技術を試験するためのものだ。それに、そういう体の1つが欲しくてここに来たんじゃないか。」

ちょうどそのとき、初老のアジア人女性がやってきた。「あら、ガイ。あえて嬉しいわ。」

「こんにちは、アナ。友人のサントスと来たんだ。サントス、こちらはアナ。」

サントスは恐る恐る彼女と握手し、皺の寄った肌を最大限無視した。「ええと…どうも。」

ガイが、「サントスはここで複製シェルを買いたいんだ。写真は持ってるよな?」と言い、期待して後ろを振り向いた。

サントスはつばを飲み込み、ポケットから写真を出した。「うん、これです。」彼はもごもごとそう言いながら、アナに写真を渡した。「この人の若いバージョン、たぶん11歳か12歳のときのを探してます。僕の父です。」

「エクセレント。民族は何?」アナが尋ねた。

「あー、南アジアです。アジアの、インド人。」サントスは答えた。

「発送先はどこ?」

「え?」サントスが尋ねた。

ガイがそれを遮った。「僕のとこだ、アナ。」

「わかったわ。じゃあ、そこに立ってて。頭の側面と後方を完璧にするために、あなたの写真をいくつか撮る必要があるの。この男性はあなたの生物学的な父親だと私は予想しているのだけれど、なら顔の特徴は似通ったもののはずよ。」

どこからともなく、アナは自分の胸くらいの大きさのカメラを取り出した。彼女はサントスの周りをぐるりと歩き、カメラをカチカチと言わせた。それからカメラは消失し、アナはサントスに手を差し出した。

「そうね…4000よ。」

ガイはサントスに顔を向けた。「彼女はVisaが好きだぜ。」

サントスは再びつばを飲み込んだ。これは高価な投資だ。心を鬼にし、彼は財布を出し、Visaカードを手渡した。アナはカードを持つとどこかへ行った。4分後、彼女はカードとレシートとともに戻ってきた。「どうぞ。」

サントスはレシートを見た。「うん…どうしてダイアモンドの指輪って書いてあるんです?」

「なあ、納税申告書に'展示会のために人体を買いました'と書くつもりなのか?」ガイが面白そうに聞いた。

「そうか。いや、これでいいです。」

「ああっ!忘れるところだった、」ガイが叫び、電話を確かめた。「アナ、超能力者の海カバはあるか?」

「海馬よ、ガイ。海-。あなたの名前と韻が踏めるでしょ。」アナはガイを叱った。「ええ、用意できるわ。シェルと一緒に包んでおくわね。1000よ。カードを頂戴。」

サントスはしぶしぶまたカードを渡した。アナはそれを受け取りまたどこかへ行った。彼女は5分後に戻ると、カードとともに別のレシートを出した。

「グ…グラフィックカード?」サントスが疑うように聞いた。アナは肩をすくめた。

「ありがとうアナ。また会おう、」ガイは彼女にそう言うと、後ろを向いて歩き去って行ってしまった。サントスは彼を急いで追いかけた。「待って、彼女はどうやってあれを配達するの?」

「テレポッド、それからたぶんフェデックス。」

「フェデックス?!」


サントスが13歳のとき、父親が一通の電話を受け取り、サントスに彼が地域のシュローカのクラスから追い出されたと伝えた。サントスは大声で叱られ、半分ロボトミーされたサルより馬鹿だとののしられた。サントスの父親は叫ぶのを止め、サントスにもうお前の父親ではないと言った。父親がサントスに再び話しかけたのは4ヶ月後 - いとこたちがクリスマスに訪ねてきたときだった。


「で、複製を組み立てるのは本当に簡単なことだ。僕らがやることは海馬を陽電子マトリクスに差し込むことだけ。それから頭を開いてマトリクスを埋め込む。マトリクスが残りをやってくれるから、僕たちはただ君の意識のコピーをアップロードすればいい。バン!完成だ。」

サントスとガイはガイのアパートメントのリビングに立っていた。インド人の少年のシェルが、コーヒーテーブルの向こう側で大の字になって横たわっている。その隣に、陽電子マトリクスがバッグに詰められて置いてあった。

「ガイ。僕は脳外科手術のやり方なんて知らないよ。」

「脳みそがなけりゃ脳外科手術とは言わないだろ、」ガイが指摘した。

「君はPCの組立より簡単だって言った。」

「そうとも!PCの組立は5つの異なるものをPCに入れて自分で立ち上げる必要がある。ここで僕たちがやらなきゃいけないのは頭を開いてマトリクスを中に入れることだけだ。頭を閉じたときにものが逆さまにならないように場所やなんかを確かめる必要はないんだぞ。」

サントスは自分のこめかみを指で押した。「ファック、ああ…もっと調べればよかった…ファック。最悪の破産だ…」

「なあ!落ち着け!落ち着こう!」ガイは彼をなだめた。「全部終わったら金は返すからさ。オーケイ?難しいことじゃない。見ろ、のこぎりはある。マーカーもある。メジャーテープもある。やることは頭に印をつけて切ることだけだ。2時間で終わるよ。」

「ああ、わかったよ…」サントスは恐る恐るシェルに近づくと、メジャーテープを頭に巻き付け、切取線を引き始めた。


サントスが17歳のとき、彼はある大学に履歴書を提出する機会を与えられた。一週間後、彼は父親と一緒に自分の申し込み用紙を見て、提出したものは古いバージョンだったと気づいた。父親は激昂し、サントスがわざとやったのだと非難し、なぜそんなことをしたのかと責めた。顔を赤くしながら、父親はサントスが悪意を持ってそうしたと言い、どうしていつも父親を困らせたがるのかと厳しく問いただした。

サントスはバスルームに逃げ、数分間シャワーに打たれながら涙を流した。彼がバスルームから出てきたとき、彼と父親はそれがデジタルアプリケーションの不具合によるものだと気づいた。父親は謝罪し、彼を抱きしめた。サントスは抱きしめ返さなかった。


「2時間だって?」サントスは声を荒げた。彼は怪しげなヘルメットを被ってガイのリビングにある椅子に座っていた。シェルも同様のヘルメットを被っていたが、その頭の真ん中あたりにかなり目立つ傷のラインがあった。シェルのヘルメットには1束の厚いケーブルが接続され、もう1つの厚いケーブル束はサントスのヘルメットから延びてガイのラップトップに繋がっていた。

「2時間も2週間も、変わりはないだろ?」ガイは肩をすくめた。

サントスは目を細めた。ガイはそれにくすくすと笑うと手を上げた。「大丈夫、大丈夫。そら、これで終わりだ!君の側頭葉をスキャンして、すべてを除去する…22とコピーをシェルのマトリクスに送り込む。」

言いながら、ガイはラップトップにコマンドを入力した。

「そして…そら。よし、ヘルメットを脱いでもいいぞ。」

「ええっ?」サントスが尋ねた。「何も感じなかったけど。」

「君はそうだろうさ、」ガイが指摘した。「これは非侵襲的イメージングだ。」

サントスはヘルメットを脱いだ。彼とガイはシェルをもたせかけた。「それで…どうなる?」

「ちょっと待て…」ガイは深呼吸した。

何も起こらなかった。それからシェルの目が突然開き、それは深く息を吸った。ガイは拳を突き出し、サントスは興奮して囁いた。「イエス!」

「後は何をするんだ?」ガイはシェルの認識マトリクスのスイッチを切りながら尋ねた。

「ええと…VRヘルメットをマトリクスに接続して、それから、ああ…マトリクスを海馬に接続する。もう君がヘルメットはやってるんだろ?」サントスは聞いた。

「ああ。でも公式のものじゃないのはわかってるよな。1組のバーチャルボーイと1台のタイタンPCから僕自身が組み立てたものだ、」ガイは自慢げに説明した。「でももし僕たちが決まりきったイメージでやるなら、それはトリックになる。」

「うん、わかった。ヘルメットを持ってて。ドリルとワイヤーを取ってくる。」


サントスが20歳のとき、彼は母親から電話を受けた。それに答えたとき、通話相手は父親となっていた。サントスは彼と数分間話した。父親はサントスが今何をやっているのかを知りたがり、彼の成功が一番の願いだと言い、どれほど息子を自慢に思っているかを繰り返した。

サントスは電話を切る口実を作った。


サントスの携帯電話が鳴った。彼はそれを見下ろし、発信者のIDを見た。

アルヴィンド・デサイ

彼は一瞬考え込んだ。それから電話を切り、サントスは後ろを見、自分の出展作品に見とれた。

スクルディア芸術人文学センターの片隅で、興味津々の群衆に囲まれて小さなインド人の少年がプラスチックの椅子に座っていた。少年はスカルキャップを被り、その頭のてっぺんから数ダースのワイヤーが突きだしていた。ワイヤーは半ダースの赤いドーム状のヘルメットに繋がっている。ヘルメットは現在、プラスチックの椅子に座った数人の人間によって被られていた。

子供の脇の看板はこう読めた。

父のように、子供のように
ガイ・チェサピーク及びS.D.作

アルヴィンドに会いましょう。彼の父親を演じ、彼の子供時代の様々な重要な時点を通じて彼に影響を与えていきましょう。あなたが伝えたことによって、アルヴィンドの人格と目標がどのように変化していくのかを観察しましょう。あなたは彼が経験したことのないような素晴らしい父親になるのでしょうか?それとも彼が決して望まないようなひどい父親になるのでしょうか?アルヴィンドの未来はあなた次第です。

説明:ヘルメットをつけるとアルヴィンドとの交流が始まります。それぞれのステージでベルが鳴り、再びベルが鳴るまでの間に最大10分彼と話せます。それから、あなたがアルヴィンに話した内容で彼の人生がどのように変化したかのちょっとしたモンタージュを見ましょう。もし早めに終わらせたいのであれば、「シャズボット・ラズタマズ」と言うことでアルヴィンドの反応を誘発できます。

1人の女性が立ち上がり、ヘルメットを取った。彼女はどことなくショックを受けたようだった。サントスは群衆の数人を素早く押しのけると、椅子に座ってヘルメットを被った。

すぐに、彼の視界は白黒の3Dバブルに置き換えられた。彼は日産スタンザのハンドルの後ろに座っていた。サントスは右を向き、学校を見た。乗客用ドアが開き、小さなインド人の少年がそのステーションワゴンに乗り込んだ。「父さん!父さん!実力テストを覚えてる?僕95点を取ったんだ!」

ベルが鳴った。サントスは振り向いて少年に顔を向けた。「95?残り5点は何があったんだ?」

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。