ムーンレイカーズ
評価: 0+x

やあノームトスク。」

「どうもディレクター。」

それ以上言わずに、フォン・エルバッハは机の向こうに切り抜きのシートを押した。彼らはそれらを心の中で新聞と呼びたかったが、しかしほとんどがリサイクルされたプラスチックの薄いシートに印刷されていた。そのシートは、何人かがふざけて連合地球艦隊と呼ぶ機内の中で事実上紙代わりとなっていた。

ザ・サイドリアル・メッセンジャー

CID代表'ソイレント・レッド'へのコメントを拒否

(CIDF人々の意志) より一般的になったタイプ3合成レーションの継続した発売について議論するためのプレスカンファレンスで、中国中央調査局の水農学部門からの代表は、食料製品への一般的なニックネームへのコメントを拒否した。代表は代わりに、合成レーションは米と他の水耕作物由来のタンパク質で構成されていると繰り返した。

追跡不能の化学添加物の発見後、議論は全体の93%…

ザ・ワンダリング・スター

'突然の失敗'
GOCSイェーガーの悲劇

(UNOC中央指令、アテナ・ワン)大分離初期の混沌とした日々で、多くの人々の生は破壊された世界オカルト連合恒星間宇宙船イェーガーから日々更新され、その高潔なクルーは彼らの周りの実験船が崩壊するときでさえも民間契約者の安全を守り続けました。今、初めて、この5回のシリーズはそれを特集します…

ザ・サイドリアル・メッセンジャー

情報提供者:'UNOCが人型戦闘機を実地試験'

(UNOC中央指令、アテナ・ワン) 人型機のUNOC月面防衛施設のドッキングベイ周辺での試験の目撃例が増加している。これはUNが再軍備への秘密計画に投資しているのではないかという多くの推測をもたらしている。

「3階ほどの高さで、猫背でした。私はあんな風に動く宇宙船を見たことがありません。あれは踊っていました…」

ザ・ワンダリング・スター

社説:エイリアンは我々の中で歩く…だろうか?

大分離から長年、私は人々が信じようとしているものよりも人々が疑っているものに驚かされてきました。私たちはまだ、今日でも、地球に何が起こったのか知らないのです。そしてUNOCもGRUも財団ですらも何、藻しくは誰がそれに関係しているのか秘密を漏らしません。なぜ旧弊な人々は、それが自然現象だということにし続けるのでしょう?証拠は明らかです…

ザ・サイドリアル・メッセンジャー

天才か怪物か?
アクセル・フォン・エルバッハ:月面を引き上げた男

(FSF L'Engle) 艦隊社会の全ての謎において、アクセル・フォン・エルバッハよりも議論の余地のある(そして書きがいのある)ものは少ない。神話の向こうの彼を研究するなかで、極論を避けるのはほとんど不可能になっている。戦争犯罪とナチズムについてのすべての非難のために、人類を新たな道へと導いた無私のルネサンス的教養人は美化された記述が行われている。インタビューは、もちろん、不可能だ。そして私たちが知っている数少ない事実は内容が希薄である…

ザ・ワンダリング・スター

SICPは製品公開を延期
レーザーの実行可能性について疑問の声

(UEFSの勇気ある進歩) 公表は出資者にある種の無礼さを感じさせた。スバッチ-インズ消費者製品は今日、小惑星防衛装置としての需要が高まっているにも関わらず、彼らの戦闘レーザーのLCOLシリーズの一般公開を延期することを発表した。事前に用意された説明では、SICP社長は…

「これらは全て、この6日間に印刷されたものだ。君はこの6日間になにが起きたか知っているか?」

「確か、我々はいくつかの素晴らしい映画製作を行いました。そしてあなたは自分の中にジャーナリスティックの腫瘍を発芽させましたね。なにも異常なことは起こっていません。」

「君は蛇の手に精通しているな、ノームトスク?」

「ええ、はい、'魔法'を僕は巧妙に隠蔽された十分に発達したテクノロジーだと言う意味では使っていませんよ。でもそれが何なんです?魔術師たちが木工品に熱中するのを心配すべきだと?様式の違いではないのですか?ファンタジーは時々陳腐になるものです。でもこれがすべきなのは-」

「その…」フォン・エルバッハはためらった。'浄化'という言葉が最初に頭をよぎったが。彼はそれを脇に置いた。

「最初の数ヶ月においての警察的行動の間、私たちは全ての、私たちも含めた全ての報道を確立した権威の強固な制御下に置くと決めた。君はファウンデーション・デイリーユナイテッド・ボイスをもちろん見たことがあるだろう。」

「要点を言ってください、フォン・エルバッハ。あなたは滅多に歯切れがよくならない。」

「6日前、大気コントロールは酸素取り入れと水分レベルが1分間上昇したのを発見した。これは少なくとも10人の余分な人員がアテナ・ワンに侵入したのと一致する。通常の職員に加え10人が艦隊を移動したのだ。6日前、誰かが2つの非合法な新聞を、存在すべきでない情報提供者とともに発行し始めた。」

「つまりあなたのセキュリティは完全ではなかったということでしょう。それは-」

「6日前、我々の反アノマラス活動発見機器は蛇の手の奇跡論に一致するサインを記録した。そして君が供給したすべてのショウメンの機器はなにも示さなかった。」

ノームストクは歯の震えを押さえるために全く動かなかった。

「でも-でも不可能です。理由が全くありません-」

「君は歯切れをよくしたいんだったな?短く言おう。君の小さな実験は損なわれた。誰かが船を出入りする道を見つけた。誰かが故郷への道を見つけたんだ。」


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。