マルチ-U101
評価: 0+x

こんにちは、皆さん。私の名前はトレバー・ベイリー博士です。私は超宇宙業務部門の部長です。そしてこれは、超宇宙事業の紹介セミナーです。これは長ったらしいので、私たちはマルチ-Uと呼んでいます。

宇宙由来のエス、シー、ピー?いえ、それとは違う部門です。それにはカートライト博士を探しているんですね、でしたら左の三番目のドアです。いえ、問題ありません。

はあ。NASA。二次元方向を理解できていませんね。

それで、超宇宙です。短いアルト。私たちは完全な法則の殆どを、いまだに手探りしている状態ですが、それについてのセミナーを開くには十分に把握しています。あなたたちが聞いたことは、イエスです。全てが可能なのです。もしあなたたちがマルチーUに入れば、現実の外にある無限小の非実在である、相当量のものが見られるでしょう。

財団全体がサメを殴ることに専念している宇宙を知っていましたか?もしくはクレフがサタンである別の宇宙は?いくつかの面白い事実を私はここから拾いあげるのが好きです。相当に奇妙なものたちがマルチーUにあります。

では、理解できる無限を創造するのに戻りましょう。ここでは、私たちはH-B-Fという分類システムを使っています。ハブ、ブランチ、フローター。

ハブ宇宙は大きなものです。もちろん、比喩的な言い回しです。それほど重大性が大きいわけではありません。ハブは複数のブランチの基底であり、ブランチはさらにたくさんのブランチに枝分かれします。ブランチは大抵、枝分かれする際には何であれ数種類の変化を起こします。それは、今朝あなたたちが歯を磨かなかったという一つの小さな変化や、文化的な激動や、XKイベントやそういったたぐいの出来事などであるかもしれません。しかしそれら全てはもう一つの宇宙が土台となり、一つのハブに還るのです。

フローターは、他のどれとも明白な繋がりを持っていません。ハブとも、ブランチとも。それらはアスベストとビロードアオイの毛玉から作られた完全な宇宙であったり、ロンドンなまりのアクセントで話す腐りかけの魚の頭が孤独に存在しているものであったりします。

マルチ-Uにまぐれはありません。あなたたちがアルトを扱おうとするとき、殆どの場合あなたたちが見るものは、そうすべき最善の方法です。どういうわけかイベントの進行と原子の位置は、あなたたちが観測したときに全く普通に、好ましく感じるもので満ちている宇宙作り出します。ええ、あなたたちが子供時代にお気に入りだったテレビ番組の宇宙は、完全かつ究極的な現実です。ここには選択でき、蹂躙でき、肉粉砕機にかけられる宇宙が大量にあります。

見てしまったものを持ち去りすぎたので、今の私たちのアルト-オペレーションは標準よりも少し単純です。中に入り、周りを見、すばやく後ろのスイッチを押してください。背後に何も置かず、何も後ろから取り出さないでください。研究チームがフォローアップを与えるでしょう。これは、付いていくための非常に重要なガイドラインが数種あるということです。

一、観察。絶対にしなければならない状況に陥らない限り、交流を行わないでください。覚えてください、あなたたちはそのシナリオにおいてエス、シー、ピーであり、あなたたちが行く世界は私たちの世界とは多くの違いがあり、あなたたちはジャック・ブライトのクリスマスパーティーよりも悪目立ちするのです。私たちはそれを望みません。

二、光の保存、気を引き締め、全てを記録し、出口の場所を覚えていてください。

三、もしそこが詳細調査のための探検を承認できないほど危険だったり無価値だったりしたら、しないでください。なぜならそれにDクラスを消費するということは、あなたたちが持っている割り当て分が無駄になるからです。

四、もしそこが私たちの宇宙に害を与えたり台無しにしたり出来るくらい危険なら、背後のドアを閉める、もしくは破壊してください。いくつかの小さな文化的不一致を研究するために、私たち自身の宇宙を危険にさらす価値はありません。

五、あなたたちが、「もしかしたら別の宇宙でなら僕は、ジェンダーの違いとか近親相姦とかマスターベーションとかと上手くやっていけるのかも?」と考えるたぐいの人間でしたら、答えはノーです。あなたたちは私たちの現実の外に足を向けることはありません。ずっと。

ですが、異なる宇宙でもし自分自身と遭遇出来たなら…

「ああ、すまない、2時30分に始めると思っていたよ。」

オーケイ…いいでしょう。これです、みなさん、これが人々が問題と呼びますが、私は「学習体験」という用語で扱うことを好むものです。誰か私に、もし自分自身に遭遇したら何をすべきか教えてくれませんか?はいあなた、そこの髭の人。

いいえ、あなたたちはただちに彼らを殺しません。

オーケイ、あなた、MOMのタトゥーを入れている人。それ、いいですね。

いいえ、それは物事をまずい方向に導きます。

「皆さん遅れてしまってすまない、私はトレバー・ベイリー博士。そして…おいおい。」



ええ。私は今私たちが陥るであろう状況に恐怖しています、なので行動し…これを解決できます。玄関下の第四休憩室で小休憩してください。

「あの男の顔を見たか?」

「鼻にほくろのあったやつかい?失禁してるみたいだったな。」

「その後ろのご婦人、蝶ネクタイの人は、幽霊を見たようだったよ。」

「プッ。ここではそんなもの絶対見たくないだろうね。君はマルチ-Uでゴーストより悪いものを見る。」

「ああ。君はベイリー博士たちに会う。」

「だけどここに男がやってくるのは10時30分だった。彼は僕たちを睨みつけた、僕たちを理解するためだったと僕は思うよ。次回のために計画を変更しよう、トレブ。」

「僕はトム。彼がトレブ。君はトリスタン。」

「ああ、そうか…父さんは本物のまぬけだった、そうだろ?」

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。