私の恋人、その犬: ケイン・パトス・クロウの信じられない真実の物語
評価: +1+x

私の恋人、その犬 - パート1

私はそのとき既にケイン・パトス・クロウについては聞いていたが、彼が本当は何であるかについては決して理解していなかった。彼は犬であったが、しかしそれ以上に男であったのだ。

私たちは孤独で、私は彼の新しい研究助手、手もしくは前足の追加パーツに過ぎなかった。

「手を貸してくれるかい?」彼は尋ねた。私は気がつくと彼の肉体を見ていた。どうやって彼は話したり、何か動作をしたりしているのか?彼はダンサーのように動いた。「なに?」

「心配しないで」彼はそう言い、テーブルに向かってジャンプすると彼のビーカーをつかんだ..ホイールがスツールに伸ばすために設置されていた。

「クロウ博士?」私は尋ねたが、彼が遮った。

「僕は自分の身体的障害について話したくない。」「これは確かに財団での笑いの種だけど、自分のオフィスではそうあってほしくないんだ!」彼は私を脅したが、私には彼の苦痛が見えた。

「お願いです、クロウさん、」私は言い、「あなたが傷ついているのはわかっています。私はただ助けになりたいんです!」

「ノー!」彼は私に吠え、試験管を床に投げた。

「毎日同じことの繰り返し!君に僕の気持ちがわかるか?!」彼が私と目と目が合う高さに立ったので、このとき初めて私は本当に彼を見つめることが出来た。私は彼の人間性を見た…

そして私は彼を求めていると感じた。

彼の表情は和らぎ、私は彼の犬の顔に涙があふれているのを見ることが出来た。「クロウさん、あなたに奥さんはいますか?」私は尋ねた。

「前は」彼は言い、「でも彼女は僕に何が起きたとか、僕が犬になったとかは絶対に知らない。僕が自分自身をこうしたことを彼女は嫌うだろうよ。」

「クロウ博士、私はあなたが嫌いじゃありません。」私は言い、彼にキスした。

それは長い間続き、すぐに私たちは情熱的にキスしながら床に倒れた。私はゆっくりと彼の下部を手に取り、しっぽが揺れ動いているのを見た。それはとても間違っていたが、とても正しいことだった。私たちはそこで愛を育んだ。

iPhoneから送信

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。