ナチョ・ビジネス
評価: 0+x

財団では、手加減する余裕なんてない。もしお前が1つの仮定を考えたとして、お前が"スキッパー"と呼びかける前にそいつはお前の顔に飛びかかるだろう。ああ、この場所で実施されなければならない試験がどの暗いあると思う?詳細リストは俺のひじから手首までよりも長い。俺はあのみじめなマグロ頭がどんな試験をされるのか知らないが、それが俺じゃなくてよかったね。

- サイト-87内部の管理トイレでの盗み聞き


ブライアン・コーヘン研究員は、E-00043と分類された少し輝くナチョボウルの上方に立っていた。現在、面白いほど高レベルの秘密放射線を当てられているそれに、何が起こるのかを見ていた。これは仕事の中で最悪の部分だった。輝く新しいダイエットコーラや無限に凍らせるディスペンサーなどが来る度に、毎回彼はこの世の予期しない異常のあらゆるタイプの試験をそれにしなければならないのだ。

水に反応するか、重力に反応するかの試験や、それの上に座ったときに深刻な心臓障害をもたらさないかどうかの試験…基本的に、1人のレベル4職員が考えついたことならなんでも、彼は試験しなければならなかった。ブライアンは腕時計を確かめ、ため息をついた。まだあと104もの試験が残っている…

試験チェンバー: 196
オブジェクト: E-00043 "輝くボウル"
現在の試験: "怒り状態"のためのテスト"
テスト手順:

ブライアンが椅子に前屈みになり、プレッツェルの袋をゆっくりとさわった。そのとき、D-5611がチェンバーに入った。マイクを手探りで掴み、ブライアンはチーズまみれの指でインターホンのボタンを押した。

「君がもらったナチョをE-00043に入れてくれ、それで食べてくれ。」

オレンジのツナギの女性は輝く菓子入れを見て、インターホンを振り返った。

「今のマジで言ったの?」

「ああ。それで、アー、数秒以内に落として、それから食べてくれ。」

彼女は肩をすくめた。「わかりました。あんたがボスだもんね。」軽いチリンという音、それに続いてポリポリという音が続いた。

ブライアンは1分間彼女を見て、怒り状態のチェックリストに移った。「被験者は突然筋肉が増強したりしていないし、試験チェンバーを脱走しようともしていない。被験者は"お前の呪われた魂に10000の偏屈者の血を注いでやる"と脅したりもしていない。」ブライアンはマイクのほうに傾いた。

「やあ、Dクラス。気分はどうだい?」

試験チェンバーの中で、オレンジのツナギの女性は肩をすくめた。「同じよ、たぶん。」

結果: E-00043は人間の被験体に怒り状態を生じさせないということが判明した。


試験チェンバー: 205
オブジェクト: E-00043 "輝くボウル"
現在の試験: "精神錯乱の確率"
試験手順:

ブライアンはスケジュール上で何か大きな発見が見つからないか半分期待しながら壁時計を一瞥した。悲しいことに、その望みは叶わなかった。朝に3つ、くそったれ。散らかった山を見て、観察チェンバーに菓子の包装紙がどっさり積まれているのがわかり、ブライアンはため息をついた。そしてインターホンのボタンに手のひらを置いた。

「どうぞ…僕らが試しているものは覚えてるよな?」

「223、だと思います。」スピーカーはパチパチといった。

「ああ、じゃあ、そのうち1つをやろう。」

金髪の太った男が、輝く緑のツナギを着て試験チェンバーに入ってきた。襟に小さなしみがこびりついている、おそらくジャムだろう。ブライアンはインターホンを指で叩き、彼の人生の中で3番目にひどいドイツ訛りで試験の指示についてまくしたてた。これは精神影響試験であり、ボウルがお前をめちゃくちゃに泣かせないかを観察するものだ。従順に、Dクラスはボウルを頭にかぶった。そして仮定されていたように、何も起こらなかった。

結果: 異常な性質は見つけられなかった。

ブライアンはため息をついた。あとこれが何ダースもある…


Testing continued as it always did, at a snail's pace. There were tests of cumulative exposure, where they made someone wear it all day. Tests for seeing if it made your bladder weaker, or for making you into a different type of bowl, maybe some to test if it changed eating habits. The results were usually predictable as they come: The tester would do something silly with a bowl, and Brian would check the clock and whine to himself.

試験はカタツムリのペースで進んだ。暴露する時間についての試験では、それを誰かに一日中身につけさせた。ボウルが膀胱を弱くするか、もしくは人間を違う種類のボウルに変えるかを観察する試験もあった。食習慣を変えるかどうかの試験もあった。結果は常に予想されていた通りだった。テスターはボウルとともに何かばかげたことをやり、ブライアンは時計をチェックしては愚痴をこぼすのだった。

後半の試験は奇妙なものだった。オブジェクトはより独特で奇妙なことをやらされ、それが始まったときにしかわからないのは、カンザスの数枚のセーターが二重ミームに変わったからだ。ブライアンはそれが現実には存在しないことを確信していたが、それは試験スケジュールに載っているままだった。他の奇妙なものについての詳細リストがあった。犬の拘束、ペーパータオルの放射、ボウルが鮫にニキビを生じさせないかどうか。そういうたぐいのものが。これは被験者がボウルの隣に座り、丁寧に話しかけ、その間考えられるより多くの脳スキャナーを走らせるというものだった。

しかし、とうとう、最後の試験のときがきた。

ブライアン自身がこの試験をする必要があった。なぜなら彼自身が作り出したものだからだ。彼はこれが載っているか探すためにリストを何十回も見たが、決して見つからなかった。財団知的試験リストイニシアチブ(FSTLI)がそれについて考えなかったという思考が実施をためらわせた。しかし、それは行われていないのだ。片手でブライアンはボウルを持ち、もう片方の手でチップの袋をつかんだ。

試験チェンバー: 301
オブジェクト: E-00043 "輝くボウル"
現在の試験: 未認可
試験手順:

ブライアンはチップをボウルに注いだ。

一瞬の沈黙。

ポリポリという音。

そして何もなかった。

インシデント E-00043-A

██/██/████に、コーヘン研究員がE-00043について未認可の試験を始めようと試みた。試験観察チェンバーから発見されたノートに、試験が名簿に含まれていないと"このクソッタレを信じる"能力を彼が持っていなかったという引用が載っていた。後に、E-00043は以前見られた原理不明な異常効果を証明し、試験チェンバーを"レイ"ブランドのポテトチップ巣で一杯にした。これはコーヘン研究員を激しく傷つけた。このインシデントに対する調査は現在進行中であり、E-00043はさらなる試験が予定されている。

|ハブ|

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。