世界の果てのサンタクロース
評価: +11+x

空白
空白

 「さむい」

 雪が降っている。霧の立ちこめる私のまちに、今日は空から雪が降る。
 息を吐く。息を吐くって何だっけ。息って何? 代わりに、私から私が離れる。私の一部は一際白くなると、それから霧に紛れて消えてった。

 「さむい」

 さむいってなんだっけ。

 空に開いた大口から、今日もぼたぼたと何かが落ちてくる。
 雪と一緒に、ぼたぼた何かが落ちてくる。大きな音を立てて、ビルに突き刺さる。川面に落っこちる。その辺に散らばる。

 降り積もる。

 「さむい?」

 しゃがみこむ。しゃがみこむって何だっけ。

 私の足元には、大きくて四角いテレビが木端微塵になって落ちている。よくわからない部品が散り散りになっている。ひとりきりにさせないために、私はそれを集めて混ぜて、くるくる回して星の形にする。灰色の大きなお星さまが出来上がった。
 これはどこに埋めようか。どう使おうか。思い付かなかったので、ひとまず私の傍に浮かべて躍らせておいた。

 「今日は、多いなあ」

 どかどかと音を立てて、今度は向こうで大きな灰色の煙が巻き上がった。煙が私の居る橋の上まで来て、吸い込んだ煙に思わずくしゃみをした。くさい。くさいってなんだっけ? くしゃみってなんだっけ? 私は身震いした。

 とにかく、あれを何とかしなきゃ。

 煙を固めて、バラバラにしたら、キラキラした粉末になった。空に散らしたら、雪と混じってとても綺麗だった。
 今度はたくさんの樹が落ちてきた。何の樹って言うんだっけ、これ。私、知ってる気がする。他にも、樹にまとわりついてピカピカしたものがたくさん付いてきた。もしゃもしゃしてたり、綺麗なお星さまだったり、長靴とか、ステッキみたいのとか……。

 靴下。くつした。靴下って何に使うんだろう。

 綺麗だから、全部持って帰る。残りは全部街の公園に使おう。

 樹の群れの中から、不意に何かの声がした。

 みゃぁ。

 にゃぁ、にゃぁと鳴く子猫が居た。ダンボールに三匹。二匹は動かない。
 さむそうだ。それを拾って、私は部屋に運んだ。部屋に運ぶ内に、鳴かない猫の内の二匹は居なくなっていた。

 もう一匹は部屋に運んだ。ダンボールの中でごろごろ、ごろごろと喉を鳴らしていた。けれど、震えていた。

 「さむい?」

 毛布を持ってきて、詰め込んであげようと思った。
 外に出て、毛布を取ってきて、掛けてあげようと思ったら猫はもう居なかった。

 さむいって、なんだったっけ。

空白
空白
空白
空白
空白
空白
空白
空白

 「こんにちは」

 散歩をしていたら、人が居た。

 「やあ、こんにちは」
 「今度の人は礼儀正しいのね。貴方もお外から?」
 「外?」

 その人は、なんだか色褪せた水彩画みたいな色をしていた。所々赤くて、まるで。まるでサンタクロースだ。

 「外ってどこのことだい、お嬢ちゃん」
 「ええ? だって、いつも来る人はお外から来たって言うわ」
 「そうなのかい。けれど、お嬢ちゃんもそろそろ帰らないとダメだよ。サンタさんが待っているよ」
 「うん。わかった。おじさんも気を付けて」
 「ああ。もうすぐみんなも来るからね。君も、暖かくしておいで」
 「うん」

 ふ、とその人は笑んだ気がした。とてもやさしい顔をしていた。良いなあ、と思った。

 「それじゃあね、お嬢ちゃん」
 「ばいばい」

 手を振るおじさんは、私の隣を過ぎて霧の中へとゆっくり歩いて行った。その内、見えなくなってしまった。

 「……なんだっけ」

 サンタクロースってなんだっけ?
 私って、お嬢ちゃん?
 あたたかい、って、なに?

 さむい、って、こういう時に言う言葉だっけ。

 違う気がする。

 確か、こういう時に言う言葉は、こうだ。

 「さみしいなあ」

 ほっぺがつめたい。

 ほっぺってなんだっけ。

 私、って、なんだっけ。

 「まあ、いいや」

 私から、とても小さな私がたくさんたくさん離れては、きらきらして消えていく。

 「これも、捕まえられたらいいのに」

 おじさんが消えた霧の向こうに、立派な樹が見えた。その一番てっぺんで、大きなお星さまがオレンジ色に光っていた。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。