彼らは死んだ、間違いなく
rating: +19+x



高くそびえ立った本棚は相も変わらず倒れかけており、無数の蔵書はやはり沈黙を保っている。

だが彼は、何かが失われたことを理解していた。

時が経つにつれ、図書館の住民や訪問客は日増しに少なくなった。長らく往来が無かったために、道や扉には埃が積み上がり、遂には堅く閉ざされてしまった。

ロビーを少しずつ進んでいく。彼らのような人やモノ達にとって、此処は最も大きな休憩スペースであり、心地良い我が家であった。しかし今となっては、此処には誰も居ない。彼は漂い落ちる羽を屈んで拾い上げた。羽は自分と同じ色合いをしている。彼にとって、十分過ぎるくらい見慣れたものだった。

ポルチコ1を一つ一つ飛び越していく。図書館の輪郭が段々と鮮明になり、建物の形が間近に見えてくる。彼は最後のポルチコに辿り着いた。

黄昏の日差しが、老木の扉を明るく照らしている。

彼は翼でそっと扉を開く。すると、名も知れぬ香りが、これまた名も知れぬ腐敗臭を伴って、瞬く間に彼の鼻腔を満たしていった。

部屋は思いの外広く、一面果てしない星海のようだった。

彼は明かりを提げながら、室内へと入っていく。

一匹の老いた蛇が、複雑にうねりながらトグロを巻いている。蛇の身体は彼の視界に収まりきらず、巨大な鱗片は己が矮小に見えるほどであった。

大蛇はゆっくりと目を開き、緩慢かつ難儀そうに息を吐くと、再びゆっくりと目を閉じた。

「我は直に死ぬのだろうな」

声は老いた蛇の身から発されたものではない。部屋の各所から、共鳴するように、同時に発されたものであった。

彼は首を振った。「既に死んでますよ、私たちは」


遥か遠方に、一棟の工場がある。

「ソレ」はよく理解していないし、理解したくもなかった

工場には未だかつて、職員が居ない。

己身の禍は、一日の災に非ず

もしかすると、昔は居たのかもしれない。

混沌は来たれり。然らば、混沌とは何ぞや?

だが、もう二度と来ることはないだろう。

日進月歩、白黒付かず

立ち並ぶ煙突は、もう煙を上げることがない。

最果ての地へ、風は立ちぬ

正門に原料が運び込まれることもない。

天変せし時、帰りなんいざ

最後の煙突が、その駆動を止める。

ソレは往き、そして目にした

"普通ではない"モノはこうして終わりを迎えた。

何物も、涅槃へと生まれ変わらん


信仰するものが眼前で消え、還らぬ灰燼と化した時。君の頭には何が響き渡るだろうか?

絶望の鐘の叫喚か?はたまた、希望の鳥の産声だろうか?

君は見聞した。生有れば必ず死が有り、死有れば必ず生が有ると。神はとうに死んでいる。神は既に、一度死んでいるのだ。故に、我等の信仰が変節することはない。引き裂かれし御神体を、我等はパズルの如く紡ぎ合わせ、一つに纏め上げるつもりだ。

我等は「二度目」を意に介さない。

神が死んだ事実は、神の存在証明にも繋がる。

我等の信心は誰もが疑わないものである。今日、我等は神の再びの死を目撃した。明日、我等は自らの両手で、彼を甦らせるだろう。

全ては希望の産声のために。

復活させるのだ。


マーシャル=カーター&ダーク社は数千年に渡って世界に存在し続けた。いや、彼らは企業というよりも、異常を愉しむ理念の化身、系譜というべきだろう。

手中のオモチャが次々と機能を失っていった際、MC&Dはかえって泰然自若としていた。

アノマリーが消失しようとも、彼らは忘れ難いサービスを提供できないわけではないのだから。

ダークが取締役会の首席に収まっている間は、理念が潰えることはないだろう。

実際の所、彼らの商売は以前にも増して繁盛していた。


IT'S NOT COOL.

全てのAWCYメンバーがそれに勘付いていた。

握られている絵筆が自由に動くことはなくなり、バケツ内の塗料も光を放たなくなった。命のように大事にしていた作品も、ゆっくりと消えて無くなっていった。こうした現象は、ひ弱な芸術家達に挫折感を味わわせることとなった。

あの日、あらゆる新聞がある事件をスクープした。

アメリカの某所にて、身元不明の市民が数百人、一斉に飛び降り自殺を図った、と。

芸術既に死す、私も同じだ。


「FBI上層部からのお達しだ。超常事物が減少したんで、えー、我が部署は解散することとなった」

「おっしゃあ!」


……財団?

財団って何だ?

FIN






特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。