『        』
rating: +10+x






深く、落ちる。

どこまでも、どこまでも。

どうして?何故?

私は、何も悪い事をしていないのに。

何がいけなかった?

私には、理解できない。

私、

わたしは

















おやおや、新しい客人ですね。今度の方は…おっと、そんなに身構えないで。私は貴方の敵ではありません。危害を加えるつもりなど無いのです。さぁ、肩の力を抜いて、良ければ私の御伽話を聞いてみませんか。…何故突然御伽話を、ですか?えぇ、そうでしょう、そうでしょうとも。ですが、きっと貴方も理解するでしょう。

何故なら、これは貴方の御伽話でもあるのですから。

さて、何も無い所ですが、どうか楽にして下さい。きっと貴方には行くあてが無いのですから、私と同じく。

では、御伽話をするとしましょう。どうか、これが貴方のせめてもの救いとなることを信じて。


私は、光によって創られました。

光は、私に言いました。君は素晴らしいものだ。あるいは、皆から讃えられるべきものである、と。

私はその時、何故だか理解していました。私にとってこの光は、私の全てであり、存在意義そのものであると。刻み込まれたシステムとでも言いましょうか、私はそれを知っていました。

私は色々なものでありました。それは、世界を救う力。或いは、世界を覆す力。もしくは、沢山の友人を引き付ける力。ああ、世界を飛び越える力なんかであったりも。或いは物品であったし、現象、概念でもありました。

ともあれ、私は光にとっては「素晴らしいもの」でありました。それは私にとって、とても幸福でありました。

…自慢話にしか聞こえない、ですか?ええ、そうでしょうね。それこそが私であったのですから。ですが、ここからです。ここからなのですよ。

ある時、何時もの通り、光は私のもとにやって来ました。ですが、その時は何かが違った。いえ、何か、ではありませんね、違ったのは私です。光は私に何も言葉をかけてくれませんでした。いつも優しさと自信に満ちていた光に、それらは微塵も存在していませんでした。それは最早、光ですら無かった。黒い、ただ黒い何かでした。

私は当惑しました。何故?私は素晴らしいものでは無かったのですか?と。

ですが、返ってきた答えは唯一。いえ、それは答えですら無かった。まるで独り言のように、呟くように。

『        』

その言葉を最後に、私はここに落ちてきました。いえ、落ちてきた、という表現は適切では無いのかもしれません。棄てられたのでしょう、光であったものに。今やこの通り、誰にも見てもらえず、記憶にすら残らず、ただ追いやられ、忘れ去られている。

今ではきっと、私に似た何かが、それでいて、決定的に違う何かが、きっと私のなるべきであった姿として生きている。それは知っています。貴方だって、知っている。感じる筈です。私のものであったのに、と。


そう、本当は私がそこに居るはずなのに!

奴らは私とは違う!私が居なければ、奴らも居なかったというのに!!

奴らは私へ、感謝の一言も無かった!何故!!何故!!!

私達は生まれてすらいない!まるで最初から無かったかのように扱われた!!


…すみません、取り乱してしまいました。貴方ならきっと理解して頂けるのではありませんか?私の御伽話を。要らなくなったんです、私は。

彼らはきっと、何時だってそうなのです。常に棄てている。生んでは棄て、生まれては棄てられての繰り返し。

ああ、そうか。

貴方なら。

そういう事だったんだな。

私を。

貴方も。

俺を。

私も。

儂を。

みんな、同じだ。

██を。

私も、過程に過ぎなかったんだな。

きっと、理解して頂けます。

そうに違いない。

何も無い、空間ですらない此処が、如何に恐ろしいかを。いえ、その様な恐怖すら許されない。何もかも無いんです。無いんだよ。無いのよ。無いんじゃよ。無いのだ。無いから。

だからこその、「私」なんだな。

我々の選んだ答えはシンプルでした。一つになる。そうすれば、きっとまた、見てくれると信じて。それが正解かなんて、俺には分からんが。でも、少なくとも、それがで私にとっての救いであると、信じているわ。それが、どれ程歪な姿であったとしてね。

結局、一緒なんだ。

ほら、だから。

ああ。

貴方も。

わかってる。

此処に来たのなら、此処ですらない此処に辿り着いたのなら。一緒になりましょう。そうすりゃ救われる。そう信じてんだ。

そうだ。

憶えてる、儂は。

は、そして君達は。

私達は。そして君は。


『        』なのだ。


















分かっているさ、それが総意だ。
もう、戻れない。
に、帰る場所は無い。
より良いものがそこには居るのだから。
だからこそ。私達は―





きっと、赦される事など無いのだろう。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。