『徹底討論 キメラれNIGHT!』(~聞き飽きたテーマ曲~)
rating: +38+x
blank.png

【軽快なジングル】


rabbeagle

偉大なる初代CHIMERA
かつて論争は7週間続いた


て皆様!!
本日も日本支部参加型オリエンテーション『徹底討論 キメラれNIGHT!』のお時間がやって参りました。
スタジオはサイト-8181、司会は私A・███。

本日討論して頂くはかのオブジェクト!
それではご登場頂きましょう!
parsley

「おれはパセリ……」

「パセリ!」
—草雛上級研究員

「ウサギ!」
—A・年子狐ねんねこ

おっと、勢いの良いお二方!!今日の論客は君達だ!!

「彼、あるいは彼女はパセリを自称しています。未知なる対象を同定する際、その自己認識は明確な指標の1つですね?」


「じゃあ貴方はこの子がパセリに見えるんです?緑らしさがゴマ程度なのに」


「見えるかという問いならば、いいえ。ですが視覚は所詮感覚の1つ、嗅ぎ、触り、味わう上でパセリ性が認められたら、それは大変にパセリらしいと言えるでしょう。それらが未だ不明な以上、聴覚的なパセリ性は優先されます」


「屁理屈です!情報不足の消極的認定では本質は見えません!」


「では君がウサギと断ずる根拠も伺いましょう。」


「勿論です、FR支部よりお借りしましたこちらの写真をご覧下さい」

black

SCP-210-FR
(写真には特殊な処理を施しています)

「……ウサギですね」


「では、今回の対象と比較してみて下さい」


「……あちらもウサギに見えますね」


「答えですよね」


これは驚きだ!確かにこの写真と見比べたら初代の君もウサギに見えてくる、新説だね!

「いや、しかしSCiPを基準とした判断は反則でしょう。これでは異常と異常の押し付け合いです。ツノも無いのにウサギだなんて」


「それはこっちの台詞です、パセリはあんな低い声で喋りません!」

parsley

「おれはパセリ………」
(バリトン)

「……個性、そう声のトーンは個性ですから。食べて正統パセリ性があれば許される程度の誤差です」


「食べたいだけじゃないんですか」


「否定はしません」


「否定して下さい!そもそも、オブジェクトの自称は判断基準として不適切です!」


「でも、あなただって名前だけ見たら猫か鼠か狐か分からないけど自称人間でしょう」


「私の名前は関係無いです」


「顔はタヌキみたいだし」


「顔は!ホントに!関係無いですよね!?そもそも私、目は2つしか無いです!」



ハハハハ!ここ辺りにしておこう。ヒートアップしすぎは御法度だ!モニター前の新人諸君、かくも分類学は難しきモノ、正常異常の入り交じる万魔殿たる財団で、こんな議論は日常茶飯事さ!


結局今夜も
!! キメラれねぇ!! !!
それではEDのお時間だ!
全米ビルボードで27週連続1位を獲得した名曲をモダンにアレンジした軽快な一曲
『Green Meadow Green』
meets Jamaica
陽気なスカのリズムに乗せて
さよなら、さよなら、さようなら………。


【高速で流れるスタッフロール】

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。