Nx-33
rating: +3+x

ネクサス番号: Nx-33

民間呼称: ドレイク、インヴァネスシャー、スコットランド

人口: 759

エリアクラス: Camelot

対ネクサス・プロトコル: Nx-33は物理的及びデジタル上両方の民間の地図から削除されます。非職員のNx-33への出入りは監視され、必要に応じて制限されます。

サイト-127には、標準的な職員要件に加えて、Nx-33 と財団との積極的な関係を維持する目的で、異常交流・交渉部門の現場代表者が最低3人必要です。

Nx-33内の一般市民は、居住地域の異常な性質を十分に認識しており、町内の異常に関する事項について財団職員と協力することが奨励されています。 Nx-33の住民の多くは友好的であり、財団活動に関するE-職員-クラスレベルの知識を有しています。

SOLLEMNITASイベントへの参加を希望する職員は、最低3週間前にT615Jフォームをイベントに提出し、そのフォームに応じて承認を受ける必要があります。SOLLEMNITASイベントへの参加は有給休暇に算入されます。参加する個人は、復帰時に経験の完全な説明を記録する必要があります。

収容施設: サイト-127

説明: 他のネクサスに存在する異常と比較して、多数の人的誘導/操作が主な異常であることが、Nx-33の特徴です。具体的には、これらの人的誘導異常の大部分は現実、周囲の環境、人間の解剖学的構造の短期的な改変に専念しています。これらの異常及びその他の異常は住民の日常生活、農業、建設、レクリエーション活動に組み込まれています。

また、Nx-33に存在する異常の大半は、ネクサスの普遍的な違反の平均レベルよりわずかに高いレベルであるにもかかわらず、超普遍的起源の兆候を示すという事実も注目されます。██個の別現実の上方からの異常が特定されているのにもかかわらず、存在する大部分の超普遍的異常はタイムライン-12-7-████に由来すると考えられています。

大部分の大規模な異常は不定であり散発的にしか活動していませんが、それらのいくつかは常に存在し、予測可能な程度に活動的であるか、1939年のイベント33-Betaにて自然に中和され、残されました (詳細は補遺33-1を参照) :

  • SOLLEMNITASイベントの発生。
  • 町とその周囲にはSCP-936の異常に大規模な集団が生息している。
  • 町の地下に存在する無人の洞窟。洞窟の現実性フレームの低さから、超越普遍性の違反及び重複の可能性が高まっている。
  • Nx-33のネイティブの住民は、間接的に (例として、鏡、写真、またはフィルムを通して) 観察すると、様々な形態の植物から構成されているように見える。写真による証拠はこの現象が次第に大部分の住民へと影響していき、1939年の時点で全住民が影響されたことを示している。
  • Nx-33は、1798年から1939年にかけて、異常に高い出生数と作物収穫量を記録した。また、この期間における冬季のSOLLEMNITASイベントの間、異常に多数の未解決の行方不明者と原因不明の死が発生した。
  • Nx-33の墓地にある遺骨のおよそ█.██%は、SCP-2615-Aと一致する多様な生理学または遺伝学的性質を有しており、その領域に存在する可能性があることを示している。この理論は現在検討中であるが、さらなる研究はサンプルの自然的に進行した腐食の影響により阻止されている。


補遺33-1: 続行するにはセキュリティ資格情報を入力してください。

Username: jfujimoto
Password: ●●●●●●●●●●

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。