Nx-58
評価: 0+x

ネクサス番号: Nx-58

民間呼称: 夢ゲーム、日本国、徳島

人口: 5,724

エリアクラス: Shangri-La

対ネクサス・プロトコル: Nx-58に割り当てられたすべての人員には、皮下追跡装置をインプラントされなければなりません。サイト-79に於ける身分確認はパスコード方式のセキュリティの必要があります。網膜、顔面、DNA、指紋認証方式は、Nx-58のアノマリーのために効力を発揮しません。人員には追加で個人識別タトゥーを入れる場合があります。タトゥーの識別デザインは、人員、およびNx-58の住民間の既存のデザインと一致しないという条件があります。人員には、Nx-58内部に非常に戦術的あるいは経済的な物資、感情において重要性を含むものを持ち込むことを注意勧告されています。

Nx-58の住民は居住地に於ける異常な性質に完全に気がついており、町内のアノマリーに関連する問題に関して財団職員と協力することが奨励されています。Nx-58の民衆は協力的であり、財団活動に関してE-職員-クラスの知識を保持しています。

外部の市民がNx-58に入る場合は阻止してください。Nx-58は一般地図および登記簿から除外されており、Nx-58に通じている道はすべて切断され、財団工作員によりモニタリングおよび制限されています。

封じ込め施設: Site-79

説明: Nx-58は日本の内陸部にある都市圏です。Nx-58のネクサスとしての性質に関する、多数の邪径的なアノマリー発生を差し置いて、Nx-58の大部分のアノマリーは二つの主題的システムの中一つを由来としています。

第一のシステムは、レム睡眠中に見られる論理と幾つか共通性を持っています。Nx-58の街路の地形は首尾一貫性がなく、また、直接視野外で風景とレイアウトが変形します。Nx-58圏内の記録された地域は、外周から推測可能な規模よりも非常に大きいと思われます。時間的矛盾の外観も呈しており、工作員が散会している間にクロノメーターが、工作員が行動を共にしている際には同速度で動作していたのにもかかわらず、別々の時間長を記録します。Nx-58内に於いて、人物の身体的なアイデンティティー1は規則的に変化する傾向があり、しばしば注意不足による過失を併発させます。時に、この変化に伴い衣類および携行品を紛失し、別の組み合わせの衣類と携行品のセットに取り替えられます。これらの変化は皮下には及ばないと見られ、例えばタトゥーや皮下追跡装置など、また同様にNx-58内で発生した通貨にも変化はありません。

Nx-58に於ける第二の主題的システムは、様々なゲームやチャレンジと密接に結びついているように見え、Nx-58内の62%のすべての近づきやすい施設は、おおよそなんらかの論理パズル、チャレンジ、あるいは可変人数プレーヤー向けのゲームを開催しています。Nexus中のあらゆる箇所に様々なチャレンジが用意されており、しばしばディスプレイ・ボードあるいはディスプレイ・ボード類似物上に書面にて指示が示してあります。これらいずれかのゲームまたはチャレンジを完了すると、可変量の無印の未知の構成からなるコインが現れます。

Nx-58の建造物の美的主題は、都市的なシュルレアリズムやファンタジーを良しとする傾向があり、高度な技術による増築がなされています。Nx-58圏内の様々なインフラ、例えば水道水や電気照明用の動力は、見た目上起源をもちません。他にも遊戯施設や、Nx-58の大多数の建築物は食料、飲料、必需品、時折未知の用途の商品の販売に献身的です。これらの商品は、Nx-58圏内で発生する通貨で獲得できます。これらの建造物、それに加えてNx-58内の他の建築物には、一体のアノマリー実体(AE-58-1)が配備されています。アノマリー全体として人類の様々なフェノタイプを取っているにもかかわらず、すべてのAE-58は遺伝的に同一で、ヨーロッパコウイカ(Sepia officinalis)に酷似したDNAを有します。行動分析の結果、現在、AE-58-1は正確には知的ではなく、限定的なヒューマン・インターフェイス対応のみ可能であるということ考えられています。

顕著なものは、これらの人形は睡眠、栄養、水分、排泄の欠如の悪影響を身体的および精神的に受けているように見えないことです。ただし、飲食がなされていない際には、空腹と渇きを報告します。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。