オブジェクトクラス

特別収容プロトコル(Special Containment Procedures)を必要とする全ての異常な物品、存在、現象にはオブジェクトクラスが割り当てられます。オブジェクトクラスとは標準的なSCP記事テンプレートの一項目であり、オブジェクトの収容難易度の目安としての役割を果たしています。財団世界において、オブジェクトクラスは収容の必要性の識別、研究の優先順位付け、予算編成、その他の考慮事項のために存在します。オブジェクトのオブジェクトクラスは数多くの要素によって決定されますが、最も重要な要素はそのオブジェクトの収容の困難性および目的です。

主要なオブジェクトクラス

以下はSCP記事において使用される最も一般的なオブジェクトクラスであり、オブジェクトの大多数を占めています。

Safe

Safeクラスのオブジェクトは容易かつ安全に収容できるアノマリーです。これはしばしば財団がこれまでにそのオブジェクトを十分によく研究しているため収容にそれほど多くの資源を必要としないという事実か、そのオブジェクトが動作するにあたって具体的かつ意識的な活性化または誘因を必要とするという事実によります。「Safe」と分類されてはいるものの、これはそのオブジェクトを取り扱ったり動作させたりした際に危険がないということを意味するわけではありません。

サイト内のSafeクラス記事の完全なリストはこちら

Euclid

Euclidクラスのオブジェクトは完全に収容するのにより多くの資源を必要とするアノマリーや、その収容が必ずしも信頼できるものではないアノマリーです。通常これはそのオブジェクトの性質が十分に解明されていないか本質的に予測不可能であることによります。Euclidは最も大きな適用範囲を持つオブジェクトクラスであり、他の標準のオブジェクトクラスのいずれにも分類しがたいオブジェクトは通常このクラスに分類されます。

特に自律性自我知性を持つオブジェクトは、それ自身が思考または活動することにより本質的に予測不可能であるため、通常はEuclidに分類されます。

サイト内のEuclidクラス記事の完全なリストはこちら

Keter

Keterクラスのオブジェクトは継続的にまたは確実に収容することが極めて困難であり、しばしば収容プロトコルが大規模で複雑なものになるアノマリーです。財団はこれらのオブジェクトに対する確固たる理解を得ていないか、これらのオブジェクトを適切に収容または対抗する技術に欠けているため、これらのオブジェクトを上手く収容できないことがしばしばあります。「Keter」に分類されていることはそのオブジェクトが危険であるということを意味するわけではなく、単に収容するのが非常に困難または費用がかかるということを意味します。

サイト内のKeterクラス記事の完全なリストはこちら

Thaumiel

Thaumielクラスのオブジェクトは財団が他のオブジェクトを収容するために特別に使用するアノマリーです。Thaumielクラスのオブジェクトは存在そのものが財団における最高レベルの機密であり、その所在、機能、現在の状態はO5評議会以外では非常に限られた職員にのみ知らされます。

サイト内のThaumielクラス記事の完全なリストはこちら

Neutralized

Neutralizedクラスのオブジェクトは故意または過失によって破壊されたもしくは無力化されたことを原因として、もはや異常ではなくなったアノマリーです。

サイト内のNeutralizedクラス記事の完全なリストはこちら

非標準のオブジェクトクラス

以下のオブジェクトクラスは主要な(または現在廃止されている)オブジェクトクラスの分類を補うサブクラスです。

Explained

Explainedクラスのオブジェクトは、一般にはその性質が今や主流科学によって説明できるまでに完全に解明されたアノマリーや、これまでアノマリーと捏造または誤認されていたことが明らかにされた現象です。

サイト内のExplainedクラス記事の完全なリストはこちら

特殊/物語風クラス群 (Esoteric/Narrative Classes)

特殊クラス群(物語風クラス群と呼ばれることもある)は、上記の項目のいずれにも分類されないオブジェクトクラス群です。これらは通常一度のみ、特定のオブジェクトの物語性をさらに豊かにする目的で使用されます。強く推奨されているのはオブジェクトに対してここのリストに載っている標準のオブジェクトクラスを使用することです。一部の執筆者はこれらのルールの例外を記事に導入することを選びますが、それはごく稀なことであり、そしてそれを行う場合はその例外の存在と位置付けの正当性を示す必要があります。特に利点もないのに非標準のオブジェクトクラスを使用したならば、多くのサイトメンバーがDownvoteを投じるでしょう。

サイト内の特殊クラス群記事の完全なリストはこちら

Decommissioned

Decommissionedクラスは過去にシニアスタッフらによって、好ましくない記事をただ削除するだけでなく「してはいけないことの例」として一種の「恥の壁」1に並べ立てるために使用されていたオブジェクトクラスです。このオブジェクトクラスはもはや使用されていません

Decommissioned記事はもはや作成されていません。その理由の半分はSCPスタッフらによるこのような強権的な編集がもはや許されなくなったためで、もう半分はこれらの処置が結局は逆効果であったためです。過去のDecommissioned SCPとその使用に関する歴史的資料については、財団の歴史ハブを参照してください。

オブジェクトクラスのFAQ

「鍵の掛かった箱テスト」(the Locked Box Test)とは?
「鍵の掛かった箱テスト」とは、オブジェクトの「最も適切なオブジェクトクラス」を判断するために使われる非公式のガイドラインで、下記のように行います:

  • 「それ」を箱に入れて鍵を掛け、そのまま放置したとき、何も悪いことが起こらないのであれば、それはおそらくSafeです。
  • 「それ」を箱に入れて鍵を掛け、そのまま放置したとき、何が起こるか予測がつかないのであれば、それはおそらくEuclidです。
  • 「それ」を箱に入れて鍵を掛け、そのまま放置したとき、それが容易く脱走するのであれば、それはおそらくKeterです。
  • 「それ」そのものが箱なのであれば、それはおそらくThaumielです。

特筆すべき注意点として、「自律性を持つもの」「生命を持つもの」「知性を持つもの」は、ほとんどの場合最低でもEuclidに分類されます。というのは、生きているものを箱に入れて鍵を掛け、そのまま放置してそのことを忘れてしまったら、それは最終的に窒息死するか餓死してしまうでしょうし、そうなるのは望ましい結果ではないからです。知性を持つ存在は学習することによって収容プロトコルの裏をかけるようになる恐れもありますし、財団による収容の試みに対する協力を止め、そうでない場合よりも危険なものとなる恐れもあります。

誤ったオブジェクトクラスが使用されているSCP記事を見つけたら?

執筆者の創作上の自由を制限しないよう、オブジェクトクラスはあえて曖昧なままにされています。オブジェクトクラスの厳密な定義体系を定めてしまうことは執筆者が書きたいように書くことを妨げかねないため、新しい定義体系を作る提案は過去に幾度も却下されています。

もしあなたが「オブジェクトクラスが不適切かもしれない」と感じるSCP記事を見つけた場合は、ディスカッションページで議題を提起して他のサイトメンバーの意見を聞くことができます。もし説明に納得できないならば、その問題についてのあなたの見解を示すことも結論に基づいて投票することもあなたの自由です。

オブジェクトが非常に危険であるならそのオブジェクトクラスはより高いものにすべき?

いいえ、危険性はオブジェクトのオブジェクトクラスにそれほど影響を及ぼしません。上記で何度も繰り返し述べてきたように、オブジェクトのオブジェクトクラスは収容しなかった場合にそれがもたらす危険性よりもむしろ収容の困難性に基づきます。例として、押されたときに全宇宙を破壊することができるボタンはSafeに分類されるでしょうし、その一方で地球上のあらゆる場所にいる別の猫と無作為に入れ替わる猫はKeterに分類されるでしょう。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。