オブジェクトクラス

特別収容プロトコル(Special Containment Procedures)を必要とする全ての異常な物品・存在・現象には、研究の優先順位付け、予算編成、その他の考慮事項のためにオブジェクトクラスが割り当てられます。割り当てられるオブジェクトクラスは一般に複数の要素から決定されますが、特に重要な要素は対象のもつ収容の困難性および財団職員や人類全体に対する危険性から成ります。

物品・存在・現象に対する研究の進展・改善に伴い対象の取扱いが更新あるいは変更される際、それに従って対象のオブジェクトクラスも再分類されます。

主要なオブジェクトクラス

以下は異常存在に割り当てられる最も一般的なオブジェクトクラスであり、財団のデータベースの大多数を占めています。

Safe

Safeクラスのオブジェクトは、現時点において完璧かつ確実で永続的な収容下にあると十分に判断できるか、あるいは故意に活性化させない限りはその異常な影響が発現しません。

「Safe」と分類されてはいますが、しかしこれは対象を取扱ったり動作させた際に危険はないということを意味しません。職員は特別収容プロトコルの全てを強く認識し続け、安全な取扱い手順を常に順守しなければなりません。

Euclid

Euclidクラスのオブジェクトは性質が十分に解明されていないか、本質的に予測不能である異常存在です。信頼できる収容が常に可能とは限らない一方で、Keter分類に値するほどの脅威を有しません。財団にて収容・管理される異常存在の大多数は、性質が十分に解明されるか再分類に値する危険性を示すまでは、まずEuclidに分類されます。

特に自律性自我知性を示す異常存在は、それ自身が思考・活動することにより本質的に予測不可能であるため、通常は少なくともEuclidクラスに分類されます。

Keter

Keterクラスのオブジェクトは財団の職員および人類全てに対する敵対的な脅威をもたらす異常存在で、なおかつ収容のためには広範で複雑な手順を必要とするか、現時点における財団の技術と知識では完全な収容が不可能であるものが該当します。

これらの異常存在は財団の収容においてもっとも危険なものであるとみなされており、すべての研究の努力は、これら異常存在に対してより信頼できる収容を可能とすることを目標とします。あるいは最後の手段として、時機を見て異常な影響を無力化・破壊します。

副次的なオブジェクトクラス

以下のオブジェクトクラスは、主要な(あるいは現在廃止されている)オブジェクトクラスの分類を補うサブクラスです。

Neutralized

Neutralizedクラスのオブジェクトは、故意あるいは事故によって破壊された、使用不能になった、あるいはその他の要因により、機能を喪失したか異常性を示さなくなった、もはや異常存在ではなくなったものです。

将来万が一、異常な性質が復活・再発した場合に備え、Neutralizedのオブジェクトに関する文書は後世のために保存され続けます。

Explained

Explainedクラスは、その性質が現在の主流科学によって説明できる程に完全に解明された、虚偽や錯誤によるものだと明らかになった、もはや収容が不可能となるほどまで公に流布され広まったものなどが該当します。

最高機密のオブジェクトクラス

下記のオブジェクトクラスは標準のクラス分類の範疇から外れたものです。

Thaumiel

Thaumielクラスのオブジェクトは、Keterクラスのオブジェクトのような非常に危険な異常存在に対する収容もしくは影響を無効化するために財団が利用する、極秘かつ極めて希少な異常存在です。Thaumielクラスのオブジェクトは存在そのものが財団における最高クラスの機密であり、その所在、機能、現在の状態はO5評議会以外では非常に限られた職員にのみ知らされます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。