名も知れぬ著者たちに捧ぐ詩
painting_small.png

朧気な月明かりに導かれLed through the mist
霧の中を進んでゆくBy the milk-light of moon
失われた何もかもが見えていたAll that was lost is revealed

遠く過ぎ去った僕らの重荷Our long bygone burdens
春のかすかな残響Mere echoes of the spring
だけど僕らは何処に来たの?But where have we come?

そして何処まで行くんだろう?And where shall we end?

──ジャック・ジョーンズ, Into the Unknown


ご存知かもしれないし、そうでないかもしれないが、財団には長い歴史がある。今日の我々が知り、愛すそれは4chanの/x/板におけるある一つのクリーピーパスタから始まり、EditThisへと移転、そして最終的にWikidotのここに落ち着いた。だが、移転の際には多くのものが失われる。これには当サイトの最も多産な作品群、その一部の元々の帰属も含まれる。

我々はこのページにて、10年も後まで活況であり続けるとは思ってもみなかったであろうプロジェクトに貢献してくれた彼らに感謝を送る。我々は最近発見された4chanのアーカイブを元に原著者を見つけたいとは思っているものの、その一部は残念ながら歴史から永遠に失われるかもしれない。彼らの名前は失われる。だが、彼らの貢献は我々が永久に記憶し続けるであろう。

以下は、名も知れぬ著者たちによって書かれた記事の一覧だ。


以下のリストの編集はご遠慮ください。質問があればUncle NicoliniUncle NicoliniShaggydredlocksShaggydredlocksまで連絡してください。


名も知れぬ著者達による



誰であろうと、貴方がたの作品に感謝いたします!

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。