〈オフィサー、ドクター、ソルジャー、スパイ〉ハブ
評価: +35+x
blank.png

 
 

meeting-room-6.jpg

 

preface6.png

 
 

 
 

世界観


 

概説

〈オフィサー、ドクター、ソルジャー、スパイ〉シリーズは、財団・世界オカルト連合・日本国政府そして『機構』らその他GoIが、国家の陰でその覇権を争い合うポリティカル・サスペンスです。

太平洋戦争以後、財団と世界オカルト連合はともに政治部門を持ち、日本の国政へ関与し続けてきました。人類世界の守護者を名乗る二大組織は、日本国内に於いてもまた、絶大な存在感を持っています。二大組織は政治部門とその他の内部部門──諜報機関や渉外部門などを連携させ、国家機密──とくに超常関係政策への干渉とそのコントロールを試みてきました。

政府機関は予算・人員・能力のすべてにおいて二大組織に劣りますが、公的セクションの機関としての立場を使ってうまく立ち回っています。世界オカルト連合を敵に回す行動を取る際には、彼らは財団に同調していますし、その逆もしかりです。二大組織と政府は基本的に従属関係にありますが、ときにお互いを利用し合っています。

二大組織は、いわば国連における常任理事国の扱いを受けています。すくなくとも政府機関の方針や訴えに対しては拒否権を行使できますし、二大組織間で対立があった場合には対話が行われています。ここに政府機関は付け入ることがあり、政策協定が結ばれることもあるでしょう。

二大組織はお互いに、国内での主導権を握ろうとしています。しかし過去の反省によって、彼らは政府へ肩入れしすぎることに警戒感を覚えています。政府はいつでも彼らを出し抜こうとしており、JAGPATOとともに存在感を増すためのあらゆる方策を練っているのです。

各機関に属するエージェント、スパイたちは、この大いなるゲームに翻弄されながら自らの任務を果たそうとしています。それはときに書類を集めて叩きつける政治劇であり、硝煙が舞う冒険活劇のようでもあります。人類を滅ぼしうる異常存在もこの場においては一つの駒として扱われ、その奇妙さは取引材料としての価値を高めるに過ぎません。

国際的秘密組織と国家、そしてそれらをつなぐ機構が、いかに手をつなぎそして切るのか。〈オフィサー、ドクター、ソルジャー、スパイ〉の世界は薄暗いけれども、ときに派手な見世物サーカスにもなりうる、さまざまな可能性を秘めたTaleシリーズです。

 

年表

1940年代後半 東西対立が激化
1952年 日本政府による異常存在研究調査活動が再開
1955年 O5評議会が日本支部へ政府による活動抑止の対策を指示
1958年 財団・世界オカルト連合が条文を起草
1959年 日本政府が日本超常組織平和友好条約を批准。JAGPATO設立
1965年 [編集済]
1993年 [編集済]
20██年 12月 通信システム隊幹部殺人事件
20██年 1月 [編集済]

 

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。