年老いた男、年若い男
評価: +1+x

彼らは互いに向かい合い座っていた。その間には、チェス盤の乗ったテーブル、二杯のウォッカのグラス、そして灰皿が一つ。老人は、無精ひげの生えた顎を擦る。彼がクイーンの前進について策略を練っている間、ぼさぼさで白髪まじりの眉が狼狽のために寄せられた。一方の彼、まさしく若者の象徴のような彼は、自分の番を待っている間、辛抱強く、静かに座っていた。彼には時間がたっぷりあった。

老人は、選んだ正方形の目の中心にクイーンを繊細に置いた――若い男はすぐにポーンでそれをぬぐい取った。

「くそったれ」投了の証としてキングを横倒しにしながら、ドミトリーはロシア語で言う。

「君はいつもそう言うね」とブライトは生ぬるい微笑みを浮かべて答える。

ドミトリーはいつも吸っているタバコから、ゆるくなった灰をたたいた。そして椅子の背へもたれ、疲れたように息を吐いた。「元気か、ジャック」彼は再びロシア語で尋ねた。

「問題ないよ、まだこの体に慣れているところだけどね。少し若すぎるとは思うが、順番だったからな、そう……」ブライトの声は次第に薄れ、彼はドミトリーをまじまじと見つめていた。「君は私に何か尋ねるつもりだ、違うかい?」

「まあな」彼は不平がましく言った。「あいつは俺について何か言ってなかったか? 全く何もなしか?」

「彼女は何年も、何も言ってきてないよ。ドミトリー」彼は無感情に答えた。

「カレンはいつもタフだったからな」ドミトリーが彼の席で姿勢を変える。「私は、彼女をそこに送る必要があった、君が知ってる通りな。他に選択肢はなかった」

「知ってるよ、俺は報告書を読んだ。ああ、そういや話のついでだが、エヴァレットが封じ込め房からよろしく言ってたな」

再び、不満げな声。「私は常々彼に言ってたよ。君も知っているだろ。あまりに多くの実験は自身を監禁に追い込むことになると、私は彼に話した。私は彼に話したさ」

「君がやったんだろう、ドミトリー」ブライトはチェスの駒を片づけ始めた。

あたかもそれが水晶玉であるかのように、透明な液体を覗き込みながら、ドミトリーはゆっくりとウォッカのグラスを渦巻かせた。「アガサの子供はどうだ? 彼女はもう学校を出たか?」

「彼女は2年前に大学を卒業したよ、知ってるだろ。私は先週君に話した」

「お前、もしかして――」

「いいや。私たちは彼女をリクルートするつもりはないよ。アガサはそのことについてかなり具体的な要求をしてきてね」彼はドミトリーの言葉を遮った。老いた男への憤りは彼の声でより明確になった。そうして、2人は気まずい沈黙に陥った。ドミトリーは彼のウォッカを一杯飲んで窓を見、春の日の美しさを素晴らしいと思った。窓台ではライラックが咲いていて、故郷や楽しかった日々を思い出させた。

「…ジャック?」

「うん、ドミトリー?」

「アルトに何が起こったんだ」

ブライトは立ってチェス盤を折りたたんだ。

「私はそいつを伝えることはできないな、ドミトリー。君は引退したんだ、忘れたのかい?」

「くそったれ」彼は荒く咳をしながら言った。そして長い間、フィルターなしの煙草から体に悪い煙を深く吸い込んだ。

「その咳には注意しておけよ、さもなけりゃ私は君の看護師に伝えてもいいんだぜ」と、ブライトは指を振って言った。「私は行かなくちゃならない、ドミトリー。ギアーズがちょうど廊下にいてね。彼にいくつか技術マニュアルを持ってくるよう約束しているんだ」

彼は再びため息をついた。そして立ちあがり、杖をついて窓の方によろよろと歩いた。

「わかったよ。あいつに、ミチャ1がよろしく言ってた、ってことを伝えてくれ」

「了解、ドミトリー。それではまた来週」そう言ってブライトは、サウス・シャイアン・ポイント退職者センターの巡回を続けるために去っていった。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。