オリンピア統合実験GAMMA
評価: 0+x

Project Codename: Olympia

Project#: PRJOLM-000134

Clearance and File#: NPF-00051473

Head Researcher: Professor K. P. Crow

実験目的:
対象の特性、能力、限界をテストすること。
対象はオリンピア統合実験ベータの生成物で、オリンピア・プロジェクトの最終製品。

実験前注釈:
対象は、いくつかの異常な状況の対象となり、様々な運動を行う。

実験後注釈:
実験と試験のセットから、対象についてのいくつかの特別な要因が決定された。

身体的な特質

  • 対象は非常に強く行動でき、最高750ポンド(約340kg)を持ち上げる事ができます。
  • 対象は予知に接するレベルでイベントに反応することができます。対象の神経組織がいくつかの未知の合成物でできることを、組織サンプルは明らかにしました。
  • 対象物は、自身に対する大部分の有害な有機物質を完全に消化することができます。
  • 彼女の左目を通してだけではあるが、対象は可視光以外の範囲の光を見ることができます
  • 対象の皮膚は、いくつかの光合成の性質を示しました。直射日光または紫外線光との長い接触は、顕著に対象をより精力的にしました。
  • 対象は基本的な身体的ダメージ(発砲を含む)に殆どびくともしないです、しかし、頭部弱い構成と筋肉組織構造のために.40か.50口径より大きければ、対象をスタンさせることができ、軽い頭蓋骨骨折を引き起こします。
  • 対象は目、手に関して大部分のテストでほぼ100%の精度を示した、彼女の左手でより多くの能力を示すが。
  • 対象の骨は高圧をかけられるとき、壊れるか、ひびが入ることは無く曲がるか、ゆがみます。
  • 対象の循環、濾過、呼吸、消化プロセスの全ては物理的に可能なレベルより、非常に効率的です。これは構造によると思われるが、複合材料に対する前統合実験は[[SCP-542]]の監督下であった。
  • 対象は非常に速く傷を治す能力を持ち、軽い傷は1時間ほど、より重大な傷は2、3日で治癒できるが、代謝は一時的に突出して多くなる。現在のデータに基づいて、対象は部分的な切断または通常致命的な脳障害でさえ生き残ることができたと推理されます
  • 対象の免疫系は非常に先進で、致命的な物質が体から排出されるまでの短い期間に頭痛、吐き気と嘔吐を引き起こすが、大部分の致命的疾患、感染症、毒を寄せ付けない。

精神的な特質:

  • 対象は、マルチタスキング、複雑な計算、暗記、論理的問題解決技術に関してハイエンドサイエンスコンピュータと同等か越えるレベルを示した。
  • 対象は、統合前の被験者0(限られたテレパシーと多次元視覚を含む)にすべての能力を保持します。
  • 主に精神的な作用、例えばミーム的殺傷、テレパシー、意識下の刷り込み、殆どの形式の洗脳に影響を受けない。

弱点に関する注釈:

  • 対象の左目は、体の上で最も弱い場所です。彼女の体の他と比べてはるかに弱い材質からできていて、脳に直接繋がっています。この部位は、適切に開発された場合、従来の手段で対象の即時処分に結びつく場合があります。
  • 対象の脳の構成のために、電磁パルス(EMP)に大きな弱点を示します。低いエネルギー爆発が彼女の頭と頭の独特の構造によって遮蔽され、高いエネルギーは激しい片頭痛または人事不省を引き起こします。大きいエネルギー(例えば現代の核爆発)は対象を植物状態にするのに十分であると推理されます、もしそうでなければ、完全に彼女を殺してください。
  • 対象は非常に高い代謝があります。そしてほとんど脂質貯蔵能力を備えていません。対象の飢餓よる死亡に必要な期間は推定3週間ですが、直射日光にアクセスするならばこれがかなり延ばすことができ、対象が傷ついたならばかなり短くなります。
  • 対象の肺は主に変化しておらず、空気に由来する作用に弱いままでした。しかし、対象の独特の生理機能のために、速く効率化するために濃縮しているにちがいありません。
  • 興味深いことに、対象はまだSCP-061に弱いです。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。