オリンピア・プロジェクト
評価: 0+x

プロジェクトコードネーム: Olympia(オリンピア)

Project#: PRJOLM-000134

Clearance and File#: NPF-00051473

研究員長: K. P. Crow教授

プロジェクト目的:成功したいくつかのSCPを使用することにより、人工的なヒューマノイドを作成し、財団の利益のためにそれを使用する。

利用されたSCP:

  • SCP-040 - 原料の改質 [技術的に困難なため、この目的においては中止]
  • SCP-040 - 統合された生成物の改質
  • SCP-143 - 原料
  • SCP-148 - 原料
  • SCP-158 - 複合材料を得るため、原料の改質、最終統合
  • SCP-291 - 複合材料の改質、最終統合
  • SCP-500 - 原料
  • SCP-542 -原料や完成品の改質、外科的な相談
  • SCP-784 - 原料
  • SCP-914 - 原料の改質

原材料:

  • 40名のD-クラス人員(20~50才の男性5名、女性35名。何名かわずかな精神的な問題を持っているものの、医学的に問題なく健康である)。 全てクロウ教授個人によってピックアップされています。
  • CrayCX1(64コアのエントリーレベルの大規模並列処理スーパーコンピュータ) 5台。
  • BASLER L304KC (4080ピクセルのトライリニアラインスキャンカメラ)5台。
  • SCP-143 50ポンド。
  • SCP-148 50ポンド。
  • SCP-500 5錠。

精製と変化手順:

統合手順:

量産:

数日間プロトタイプモデル(オリンピアゼロ)を調べた後、様々な目的のために大規模の生産を実施すると判断された。
生産モデルの変更と手順

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。