ゴルゴタの丘で-ハブ
評価: +1+x



"私は内に音楽を持って生まれた。音楽は私の一部だった。

私のあばらのように、私の腎臓のように、私の肝臓のように、私の心臓のように。

私の血のように。"


OMG2.png

このオブジェクト"ゴルゴタの丘"と名付けられた手書きの楽譜は、一部大きいサイズも含んだ不完全な楽譜一式であり、未完だと思われています。赤黒いインクは、一見するとベリーか自然染料のようですが、様々な人間の血液であることがわかりました。



核となるTale

プレリュード

  1. Primae Formae by DecibellesDecibelles
  2. Semperoper (upcoming)

第一組曲

  1. The Journal of K. M. Sandoval by WrongJohnSilverWrongJohnSilver and LadyKatieLadyKatie
  2. Bigger Than Jesus by WrongJohnSilverWrongJohnSilver
  3. A Convincing Lyre by psulpsul
  4. An Impenitent Thief by psulpsul
  5. Our Mutual Guide by psulpsul
  6. Pattern Breaker by psulpsul
  7. The Musical Suspects by psulpsul
  8. Counterpoint (upcoming)
  9. Semperoper (upcoming)

幕間

  1. 企画案2014-2112:"落伍者の夢" by SmaptiSmapti
  2. Enjoy The Silence by CumaeanSibylCumaeanSibyl
さらなる情報や見解は、"ストーリーライン”のタブを見てください。


ゴルゴタの丘SCP-012にまつわる広大な世界を含んだ物語のシリーズです。これはwikiの古くシンプルなアイデアの力を、現在の記事の水準まで引き上げて深みを加える計画のコレクションです。この際何がそれらに力強さを与えたのかを忘れはしません。

ここには陰謀、恐怖、ロマンス、妄念、秘密、堕落、優雅さと甚だしい狂気があります。

そして、もちろん、音楽が。

音楽は感情と時間の交差です。これはつかのま存在だけの芸術ですが、その影響力は重大で、本能的ですらあるでしょう。音楽が生命を吹き込まれるために必要なものは才能と音楽家の意志-そして彼らの感情です。音楽は魂のための食事ですが、もちろん、音楽もまた自身を養うために魂の迸りを要求します-音楽は魂を糧とするのです。

これらすべてが-音楽の雄大さと力のすべてが-ゴルゴタの丘を形作るでしょう。


Artwork by Scorpion451Scorpion451

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。