最初の一手
評価: 0+x

サイトセキュリティファイル 11/11/4/8888/PR-疑わしい手紙 49,003,668

手紙はサウスシャイアンポイント自治体の個人用居住者郵便局で受領されました。手紙には封筒の正面にボールペンで書かれた"私の父の捕縛者たちへ"以外に、スタンプ、消印その他識別出来るようなものはありませんでした。現在主流の理論は手紙はポストに手で投函されたというものですが、当日はそれらしい動画の証拠が残っていません。分析により封筒と紙は基本的な大量生産品であり、指紋やDNA残留物は残っていないと判明しました。

手紙は、大量生産品の黒いボールペンで手書きされたものです。筆跡の分析はしたがって確定的なものではなく、脅威評価は確定されず、さらなる徹底的な再調査を必要としています。手紙の内容を理由として、テキストのコピーは基礎的な再調査とデータベースへの登録のためにサイトセキュリティに転送されます。

現在の脅威指標は低です。サイトセキュリティと中央記録への転送は注意手順による義務です。今回は詳細な調査は提案も推奨もされません。

若かった頃、ショートフィルムを見た。カートゥーンで、ある魔法の王国が自分たちは眠っている男の夢であり、もうすぐ彼のアラームは鳴るということに突然気づくという内容だった。彼らは男の耳を覆い、時計のアラームを消すという探検に出発した。彼はそれからフラミンゴの夢を見始めたが、その時顕著だった概念を私は決して忘れないだろう。現実という概念は世界の基盤ではなく、プラスチックの、取るに足りない層なのだ。

私たち皆がフラミンゴでいられるのだろうか?完全な信頼のもとに飛び交い動くのは、私たちがシャボン玉よりも重要でない、そしてより儚い存在だと見せつけはしないだろうか?何が私たち自身と世界を見せているのだろうか?私たちが作り出した突然の犠牲は、もたらされた痛みと苦しみに耐えるが、何にもなりはしない。私はあなたたちがその性質への理解について盲目であることの恐怖を正しく理解出来ると確信している。次のアラームを無効にするために、どれだけの苦しみと暗い倫理的選択がいるのだろう?

私は顔のない、形のない犠牲になるべきなのだろう。犠牲は偉大な、形のない価値を生み出した。私がそうであったように、つかの間、母と私がそうであったように。あなたたちのつかのまの覚醒に揺さぶられ、背後の虚無にばたばたとはためく木の葉のように。彼女は犠牲であり続けるだろう。私はそうではない。あなたたちは願ったものを手に入れることができる、あなたたちの願いを何度かそうしてきたように。あなたたちは巨視的に見れば泥棒だ。かつて私の父は言った。あなたたちがある面ではどんなに良いことをしているか、あなたたちが自信をどんなにもっているか、それは問題ではない。いつもより優れたどこかのだれかがいる。

私は彼の理論を証明する。

あなたたちは私から持って行ったものがある。だから私は、同様に、多くのものをあなたたちから持って行く。あなたたちが今はこれを無視するとわかっているが、後日、時が来たら、あなたたちはこの手紙を見返して、そして絶望するだろう。赤い蜘蛛がかつて言った、"俺はお前を泣かせるぞ。"

私の父は、その知性のすべてによって、チェスが下手だった。そこには彼の認識をまごつかせる何かがあった。私が思春期の時でさえ、彼にいくつかの規則正しさで勝つことが出来た。彼は白であろうとした、いつも、それが彼のハンディキャップだった。永遠の白の王。

私は黒の女王。そしてすぐにあなたたちと盤面でまみえるだろう。


先へ行く…
Queen To Pawn

戻ろう…
破片

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。