キャナリー・ロウ作戦:文書2013§451A3
評価: +2+x
logo-color.png

キャナリー・ロウ作戦
好みに関わらず、彼らとは友好を保つ事

SUSEOCT(米国南部超常組織協力条約)での我々の協力関係を確実とする継続した活動の一部として、誠実性を維持し、アメリカ国民の安全と治安を守り、FBIのUIUは超常収容分野での我々の協力活動に関して情報を維持する。SCP財団の監視という我々の活動は、キャナリー・ロウ作戦から成る。

以下の文書は2013年1月3日にフロリダ州クロス市でのヒヤシンス修道会との抗争で、重度の火傷と刺傷が付けられた状態で発見された、財団エージェント・ジョン"ジャレット"オージュンの死体から回収した物である。オージュンの死体は、ディキシー群保安事務所に潜行していたUIU捜査官が最初に発見した。オージュンの所持品と死体はSUSEOCTに従い、SCP財団へと返却した。コピー可能な文書は保持し、以下に複写した。閲読可能な頁はほとんど残っていない。

"LMTF-352-ל担当区画概観"

352guide1.png
352guide2.png
352guide3.png

"地域352-ל ヒューム・レディングス: 2013年1月3日 0700"

352hume.png
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。