オペレーション・リーウィン・ダーク
評価: +3+x
llewyndarktransparent.png

オペレーション・リーウィンダークの概要

概観

1982年7月19日、プロメテウス航空宇宙研究部門の社内初であるギアス交換伝達衛星、PSATセタンタは、悪魔工学回路の予期せぬ機能不全による暴走状態になりました。衛星はこの事件が発生するまで9年以上機能していましたし、さらなる干渉なしで少なくともあと10年は作動を続けると推定されていました。

流星体の衝突後、衛星に使われていた悪魔工学回路は重度の損傷を受け、いくつかの悪魔の解放とセタンタの後の機能不全を引き起こしました。

最初の修復チームがすぐに派遣されましたが、チームのメンバー数人に解放された悪魔が憑依しました。悪魔たちは解放された大量の奇跡論的エネルギーを通じて状況をさらに悪化させ続け、衛星は事実上修復不可能になりました。

オペレーション・リーウィン・ダークはセタンタのメルトダウンに由来する副産物を収容する試みと、パラテクノロジーに使われていたギアスを安全に維持する、現在継続中の試みに付けられた名称です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。