警鐘
評価: +2+x

物流部門、それがわたしの職場だった。私は悲惨な人間の生活を管理し、そいつらを施設に振り分けていた。全てがすばらしかった。私は仕事を知り尽くしていた。私は目をつぶって職場を歩くことさえできた。

暇をもてあましていた私のところに、紙を持った労働者が一人、昼間に私のオフィスに尋ねてきた。私の意思にかかわらず、それはすでに決められていた。正直、そのような部署について知ったとき、私は驚いていた。私は全ての現存する部門のリストを把握していたが、こんな名前はついぞ聞いたことが無かった。しかし、数日後私はそこが何をしているのかを完全に理解し、誰が私たちを外の世界から守っているのかを知ることとなった。

私はこの仕事が嫌いだった。私の毎日は、全て同じように見えた。私は6時におき、ベッドから這い出ると、コーヒーのある最も手近なところへむかった。その後、私は両手で熱いマグカップを持つと、私は事務所へ向かった。そこからわたしは19時間は出て行くことができなかった。

時間が立つにつれ、私は私が出した答えに興味を持ち始めた。彼らとの面接はとても面白かった。私の上司が数日後に働く場所を教えてくれたとき、狂人だらけで、いい人間関係は築けないのではないかとおもった。しかし彼らは論理的で…明確だった。「これが全部正常だと思うのか?」この言葉はインタビュー中に頻繁に現れ、私はそれがとても印象に残っていた。

さらに悪いことに、時間がたつにつれ、私は彼らの行動に理解を示し始めていた。私はより多くの報告書を読み漁った。私はインタビューを読み漁るのにより多くの時間を費やすようになった。なぜだかわからない。ただ彼らは皆似たもの同士で、私は論理立ててそれに答える手段を知っていたということは事実だろう。しかし、それにもかかわらず、毎回全てを読み漁った。
わたしはマニアになっていた。捕縛された人員の行動をサポートもし始めたが、私は彼らの判断も支持し始めた。ひとつのリークのあと、その立場は、私たちのものになった。今まで隠されていた真実を知った人々は、こういった施設の数が、1つや2つではないことを知り、正常な判断能力を失った。破壊しようとした。地球上からそれらを、抹消しようとした。オブジェクトを破壊しようという試みは非常に危険な案だ。ちっぽけな存在である人間は、簡単にそれに討ち負ける。

しかし、ある日なにか私の心を動かす報告書が見つかった。私ははじめて、女性についての報告書を読んだ。私の担当した、彼女の前任者は全て男性だった。逃げようとしていた残りの逃亡者とやりとりをしていたが、それは私を別段驚かせるものではなかった。しかし、彼女は何度も繰り返されるインタビュー中一貫して、まるで、長年付き合っている古い友人のようにおだやかだった。インタビューの最中、彼女は誰もがやろうとしていることを、私もやろうと決心した。と語った。それが、私の心を動かした。この報告書は、心の奥底で誰もが、財団を明るみに出したいと思っていることを認識させた。

あなたはきっとこう思っただろう。「わたしの机で何してるんだ?」と。でも、これはしばらくの間は、私の机だったのだ。この文書が見つかったとき、おそらく私は財団を明るみに出そうという試みに失敗したのだろう。私の運命は、報告書で読んだ多くの狂人たちの運命に似たものになるだろう。これは私からの別れの手紙だ。私は、私の考える中で最高の、財団を明るみに出すための計画を思いついた。下のキャビネットには修正を加えた複写コピーがある。われながら狂った計画だ。成功すれば、世界のだれもが、財団のことを認識できるようになる。結局のところ、ここで何が行われているのか、皆が知る権利があるのだ!だから私はあなたにいいアドバイスをのこしておく。あなたが私の考えに共感するなら、私の案を修正し、計画を実行してくれ。しかし、あなたが私のような選択をしたものを罰するためにここにいるというのなら、あなたは知る必要がある。あなたは、あなたが得た答えについて考えたことがなかっただろう。これは、あなたにあなたが正しいことをしているのか問いかけ、考えさせるためのものだ。そしておそらく、あなたは私と同じような結論に至るだろう。そいつらは私を消した。私は、非難された人たちに理解を示したために消されたのだ。事実、誰もがそれを理解しているのだ。だれもが、ここで何が行われているのかを、世界に公表したいと望んでいる。だからこそ、あなたに忠告しておく。

幸運を。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。