ハヤブサ
評価: 0+x

「パパ、彼の名前は?」小さな少女が尋ねた。彼女は目を大きくして、正面に微動だにせず立っているアンドロイドを見上げた。

「ううん、 アンダーソンがくれた説明書によれば、これに前もってプログラムされた人格の名前はヘクターだね、でも僕たちはこれを君の呼びたい名前で呼んでいいんだよ、スウィーティー、」ジェームズは答えながら娘の髪の毛をくしゃくしゃにした。

「ヘクターってどういう意味?」彼女は父親の手をおしやりながら聞いた

「偉大な戦士だよ。トロイの守護者だ。」

「彼も偉大な戦士なの?」

「僕が支払った後にはもっといいものになったよ。」ジェームズはフフッと笑った。

「じゃあ彼の名前もヘクターにする!」

「もちろんいいともスウィーティー、」ジェームズは小さく笑いながら言った。「PSHUD #31、この瞬間から君はヘクターという名前に反応しろ。わかったか?」

アンドロイドは頷いた。それの手を握る小さな少女をそれは見下ろした。

「ヘクターと遊んでもいい、パパ?」彼女は答えると、耳から耳までの大きな笑みで笑ってアンドロイドを引っ張った。

「もちろん、」ジェームズは答えた。「パパがヘクターを使っていないときは、いつでも君たち2人は一緒に遊んでいいんだよ。これは君のためにここにいるんだから、サラ。いつも。」



特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。