年末年始Taleコンテスト「財団職員 the Origin」

「財団職員 the Origin」は2017/01/16(月)に終了しました!

優勝作品
月例解雇 D-3382
by dr_torayadr_toraya


origin (複数 origins)

  1. 起源、由来
  2. 原因
  3. 生まれ

— ウィクショナリー日本語版より引用

ごあいさつ

向寒のみぎり、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、2016年も残すところあと僅かとなり、SCP財団日本語版は、4度目の年越しを迎えようとしています。SCP財団で活動する私達にとって、2016年は記念すべき年となったと言えるでしょう。夏には日本語版設立3周年を記念した企画が大きな盛り上がりを見せ、同時にSCP-JPシリーズ1000番台が開放されたのは記憶に新しいところです。

その一方で、新しいサイトメンバー、記事執筆者も増えに増え、著者ページの数は遂に100を超えました。同時に、多くの著者ページに"人事ファイル"という形で設定が掲載されている財団職員も、数えきれない程になっています。魅力的な設定を持った厖大なキャラクター群。これを創作の題材として活用しない手はありません。

このたび開催するコンテスト"財団職員 the Origin"の趣旨は、財団職員の抱える"過去"について掘り下げ、Taleという形で描き出そう、というものです。個性豊かな財団職員の面々は、どのような過去を経験して今に至るのでしょう。奇々怪々のオブジェクトが跋扈する財団世界にあって、彼らの歩んできた人生はきっと平坦ではなかったはずです。新たな年の始まりを目前に控えた今、彼らの"はじまり=オリジン"について考えてみませんか。

サイトメンバー各位、奮って御参加くださいませ。

2016年11月某日
tonootto


ルール

  • "財団職員の過去"をテーマとしたTaleを執筆し、投稿しましょう。
  • 投稿した記事には"財団職員the-origin"のタグを付けてください。
  • 投稿した記事のディスカッションに、題材とした財団職員を明記しておいてください。
  • コンテスト開催期間中は、投稿作品を低評価による削除の対象外とします。低評価以外を理由とする削除は通常通り行われます。
  • 投稿受付終了から結果発表までの期間は、誤字などの単純な訂正を除いて、投稿した記事の編集を禁止します。
  • 結果発表の時点で最も評価の高い記事を優勝作品とします。
  • それ以外については通常の記事と同様です。
  • ルールや日程は適宜変更される可能性があります。その場合はこのページのディスカッションなどで随時お知らせします。

執筆のヒント

例えば、次のような観点からアイデアを練ってみましょう。

  • 職員達が財団に雇用された経緯として、"なんらかのオブジェクトが関与する事件に巻き込まれた"という内容の記述がよく見られます。その"事件"とは一体どのようなものだったのでしょう?
  • 財団には、特殊な技能や能力を持った職員も多く存在します。彼らはいかにしてその技能や能力を獲得するに至ったのでしょう?

もう少し具体的な例も挙げてみます。これらの例をそのまま執筆の足がかりとしても構いません。

既存の作品を参考にするのもいいでしょう。

魅力的なストーリーを思いついたら、それをTaleで表現してみましょう!

日程

  • 投稿受付期間: 2016/12/23(金・祝) - 2017/01/09(月・祝)
  • 結果発表: 2017/01/16(月) 00:00頃

FAQ

Q. どの財団職員を使えばいいの?
A. 日本語版の著者ページに設定が掲載されている職員の中から、誰でもお好きな職員をお使いください。勿論、自分自身の著者ページに掲載されている職員でも構いませんし、ひとつの著者ページに複数の職員が掲載されている場合は、そのうちの誰を使っても構いません。

Q. 投稿前にフォーラムで下書きを見てもらってもいい?
A. コンテスト開催前、開催中問わず、フォーラムでの下書き批評ブレストは普段通り利用していただけます。

Q. 投稿できるのは1人当たり1作品まで?
A. 特に制限していませんので、1人で複数の作品を投稿しても構いません。反対に、複数人でひとつの作品を共作しても構いません。

Q. 優勝したら何かいいことがある?
A. 2017年の運気が少しだけ上がるかもしれません。

Q. 他にも色々訊きたいことがあるんだけど?
A. 御質問や御意見はこのページのディスカッションに書き込むか、tonoottotonoottoまで御連絡ください。お気軽にどうぞ!


投稿作品一覧

  1. 月例解雇 D-3382 by dr_toraya : 57点
  2. 未完成の絵 by Amateria68 : 31点
  3. There Is Truth In Fiction by kyougoku08 : 27点
  4.   by SenkanY : 21点
  5. 舞台への勾引 by ukarayakara : 21点
  6. "ボブルとDクラスのコメディショー" by kyougoku08 : 19点
  7. "Overwrite" by hannyahara : 19点
  8. その貌を知るものへ by blackey : 18点
  9. 恩返しと猫 by 29mo : 16点
  10. My/Ur Blank by tonootto : 12点
  11. 開幕 by kyougoku08 : 10点
  12. 名も無き夢見の従者 by amamiel : 9点
  13. 霧の向こうへ by the-one-witch : 5点
  14. 遺書あるいは文化的遺伝子 by hatogou : 4点
  15. Remember. by kasugai_isoya : 3点
  16. 邦題「覆面男の過ぎし場所」。あるいは単なるメタフィクション by kyougoku08 : 2点
  17. 彼と彼女の事情 by Central_ECH : 1点
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。