哲学者
rating: 0+x

谷に沿って広がっている森の中の木々は、枝から垂れ下がった首吊り死体によって装飾されていた。通常、それらは男性の老人のものだったが、年配の女性もしばしばみられた。期待に反して、死体の中には、ゆがんだ顔や、紫色の顔をしたものは無かった。彼らは全て目をつぶったまま笑っていて、つられた人々は、まるで永遠に深い眠りについているようだった。貴重な花嫁衣裳を着た彼女は、反射的に吐いたり、恐怖を感じたりはしなかった。彼らは森に招待されたものだ。彼らは、この狂気に、心形作る意味を与えることを約束したのだ。
旅人は、丈の高い緑の草に隠れていた、不思議な怪物について聞いてこの地を訪れた。それは、ワニや爬虫類とよばれるもので、爬虫類の周囲には、ハエや何かの幼虫が渦巻いており、ぎこちなく、痛みや憂鬱に満ちていて、木々の間をうろつく人影を見ている。彼女は、動物を驚かせたり、誰かを傷つけないように、隠れてすごしていた。彼女はある日、旅人を見かけた。怪物を見た彼は、逃げずにそれに手を差し伸べ、長い間素敵な時間をすごした。そして彼女にとっておそらく天国のような、永遠のときが続き、何も悪いことはなく、おそらく父と母にもう一度会い、愛を受けられただろう。そして彼女はどこかに再び隠れるようなことは無かった。
森林を通る道は無かったが、道沿いの警告は意味を成さず、彼らは徐々に森に向かっていることに気づかない。そしてふと振り返ると、彼らはもはや森林からでることのできない位置まで来てしまっているのだ。
Julianは、皮のコートを着て、数百本の木の中に、吊り下げられた人が居ないかどうかと、森の辺りを見回した。1人も見つけられなかった彼は、木々の暗い間を横切って、静かに荒野へ向かった。彼は遠くの木の間に、我慢できないでいる動物の気配を感じ、それが見えた。男は、ため息をつき、立ち止まった。
— 何を怖がってる?おまえ自身か?それとも狩人や、動物か?— 彼は叫んだ。
麻のかすのような体を伸ばしながら、それは答えた。
— 友よ — Julianはひざまずいた。 — もっと近くにきてくれないか。
当初は、この麻くずだけがしゃべっているように見えたが、時がたつにつれ、静かに揺さぶったり、引きずったりするようないやな音がし始めた。Julianの目の前の芝生から、鼻面の半分が離れ、赤い、生命そのものの液体が滴り落ちた。それは、男が逃げ出そうとしないのを見て、2つの段階をふんで、Julianの目の前に立ち上がった。その獣の体は半分に切断されていて、その両方が、まっすぐな骨の鎖でつながれていた。ワニはその男の視線から離れ、元居た場所に戻ろうとしたが、Julianの声が彼を止めた:
— 誰がお前をこうしたんだ?
その言葉を理解したにもかかわらず、動物は答えることができなかった。彼女は必死に加害者を描こうとしたが、できなかった。代わりに彼女は、頭を地面において、目を閉じた。
Julianはワニの口に手を差し伸べ尋ねた:
— 彼女がどこに居るか知らないか?
動物は動きを止めた。彼女からは、強くカモミールの香りが感じられた。彼女は神秘的な旅人が誰を探しているのかを知っていたが、たとえ彼女が恵みを求めていたとしても、その尊厳をどう扱うべきか、男性にそれをどう伝えるべきか考えた末、静かなうなり声のみを与えることにした。獣は男の目を見つめ、彼にこう言いたかった:"はい"と。 しかし、彼女はそれが何にもならないことを知っていた。
— 君の友人のところに連れて行ってくれるかい?世界で最後の旅に一緒に来てくれるかい?
ワニは旅人の言葉を理解しては居なかったが、それに応じて立ち上がり、森の中で、もっとも甘い香りのする場所へ向かって歩いていった。彼の後ろを、Julianが付いて歩いていき、その後、二人は不気味な森を進んでいった。
首吊り死体には果てが無かった。Julianは時間の流れにはまったく無関心だったが、彼は、この場所が珍しい存在である彼にとって、脅威であることを知っていた。それは彼が生きているためでも、存在しているためでもなかった。
彼は、ついに彼女にたどり着いた。それあ巨大なポプラに、他の死体のように釣り下がっていて、その上は木の頂点まで達するコケに覆われていた。男はその女性に駆け寄り、裁判所から持ち出していたナイフをベルトから抜いて、ロープに投げつけて切断し、女性を芝の上に落下させた。ナイフはそのまま黒い樹皮に刺さり、すぐにさび始め、数秒で塵となり消えた。
Julianは女性からロープを解き、彼女の繊細な顔をつかんだ。
— 私はあなたとともにある。
女性は、とても深い眠りから覚めたように、目を開き、男性を見た。彼女の顔に、穏やかな笑顔が現れ、彼女は彼にささやいた:
— 時間ですか、いとしい人?
Julianは首を振った。
— いいや、まだそうじゃない、まだ…
— ふむ、気分はどうですか?私はあなたとともにいないとなりませんか?
彼は自分自身を全ての中で最も賢いと考えていたが、彼女のおろかさは理解できなかった。彼は腹の中で怒りの炎が燃えているのを感じることができた。
— なぜあなたはこんなことをしたのですか?あなたは何がしたいのですか?何も変えることはできないのに、なぜ私を拒むのですか?私はここに来た。元通りになるために。私のいとしい人。私は多くの闇の中を旅してきました…
— 私はもうあなたのような力を持っていません。 — 彼女は再び目を閉じた。 — もしあなたが私に命じるならば、私はともに行きますが、あなたがまだ私を愛しているのなら、あなたは時間を信じて、忍耐を覚えるべきです。時間がきたら、私を起こしてください。私の元気な姿を、思い描いてください。わたしを…
ワニは、どうすべきかわからなかった。一方は、彼を始めて友人と呼んだ人だったが、もう一人は、誰だったかも知らなかったにもかかわらず、2人の会話は自分自身のために感じた悲しさのどれよりも悲しかった。彼はその感覚をしばらく楽しんだ後、夢の中をさまようために森の奥底に消えて、過去を思い出していた。
男は女性にキスをして、こうべを垂れ、再びあげた。女性は、しばらくして、頭を横たえた。男はそれを麻のロープで縛り、木の下へおき、ロープの両端が合わさっていくのを眺め、穏やかな笑顔で、いとしい人がポプラにぶら下がっていくのを眺めていた。
ワニは、これが彼の孤独が再び始まることを意味することを知っていた。彼はすばやく高い草に目をむけ、彼が草の中に分け入る前に、彼は男の声を聞いた:
— 私のともよ。
獣は首を振った。
男は彼女のほうへと向かっていった。それから彼は再びひざまずき、彼の手を彼女の頭へと置いた。
— ありがとう。君に何か贈り物がしたい。きみは君の父母に再び会えるだろう。そして、いつかは私も。
ワニは人の言葉を知らなかったが、何も損なわなかった。彼女はJulianの目を遠慮がちにみつめた。彼女はその男が彼女を元気付けようとしているわけではないことを知っていたが、彼女は真実を伝えていた。彼女はどうしてその方法を知っていたのかわからなかったが、彼女はやり方を知っていた。彼女の青い虹彩は、彼の視界を青一色に染め上げた。彼の夢は叶い、彼の唯一の友人は、これが一瞬であることを願った。素敵なものは全て、残念なことにいつか終わりを告げる。しかし今、それはもう一度始まろうとしていた。
Julianはワニの体が地上のくぼ地の血に漬かるのを待った。それから、彼は彼の愛する人のつるされた木の下へと座った。彼は、長い時間彼を追いかけてきた加害者、あるいは、むしろ彼らからの畏怖の念を感じ取っていた。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。