プラネットフォール: 3

後数日でMEKHANEを理解できる。数ヶ月間働いてきた。私は強制的に船のメインシステムへセキュリティ・エングラムを挿入し、それが忘れ去られたことが確実になるまで努力した。私は適切な時間に陰となる山の場所を通り、コンフィキーへと行く正確な道筋をプロットした。私はタンキジアン・タイプ4をどのように操縦するのかを、実際に触れることすらせずに学習した。私はタンキジアンのパワーシステムを再配置し、熱と内部冷却機構から離れて必要となるスピードにティビアル・アクチュエータを加速するために、たった600,000行のコードを書けばよい。

コードの進捗はゆっくりとしたものだ。私は書きながらバックトラックし、エラーを見つけていく。シャツ越しに肋骨を見ることができる。心は軽かった。何かを食べる必要がある。

もうすぐこれらの様なことにもはや悩むことが無くなる。総主教の一部がそうであるようには、私は私の肉を嫌ってはいない。しかしもうすぐ着られなくなってしまう。確かにそれは救済であるが、それが私をこれほど遠くに連れてきた。そしてもう少しの成すべきことのため、まだそれが必要である。

私は場所に印をつけ、ストレッチするために立ち上がる。手を後ろに伸ばすと、右の肩甲骨の裏に小さな窪みを発見する。依然としてそれがどの様に感じるのかを思い出すと、私はたじろいでしまう。指を這わすと、肩を横切る縫い目がある。慎重に血管を破ったり靭帯を膨張させたりしないようにしながら、私はそれを緩める。

僅かに首の側面を引っ張り、私は頭蓋骨を取り外す。その周囲の肉の覆いの下から外へと出ると、私は開けた縫い目から頭蓋骨を通り抜ける。今私は残りの私から自由となる。

初めは、肉の殻から私を切り離すことは、1時間半の間深く根付いた髪を思い切り引っ張ることのように感じた。今ではそれは少しきついシャツを脱ぐかのようである。他の構造を直立に保っている虚ろな硬い覆いから両手と両足を外すと、すぐに私は完全な自由となる。

肉の殻はきれいに半回転すると私を見る。それが動くとき、主要な間接や重要な臓器の中に埋め込まれている小さなサーボの音を聞くことができる。もし静かな部屋で過ごしたとすれば、他人もその音に気づくことができるかもしれない。

私は本当にそのように見えているだろうか?とても…ずんぐりで、だらしがないと。そんな事は関係がない。私は手を目の前に掲げる。キラリと光る、加工された真鍮。各々の間接は私が慎重に調節したものであり、指には綺麗なエッチングの金線がある。私はそれが無駄であることは知っているが、私が以前の姿であったときにこのような仕事をすることができことにいつでも驚嘆する。言ってみれば、私は芸術作品である。骨よりも遥かに優雅である。機能的でありながら、装飾も欠かさない。このようであるのならば、私の目が青く光る必要は全くない。今や肉のわずかな残りは頭蓋の中だけである。

私は肉の殻の方へと両手を置く。私は軽く、私の動きは正しく、それでいて私は強い。進め、そして何かを食べろ、どうしても必要でない限り会話はするな、そしてまっすぐ戻ってこい、私はそれに命じる。私の肉の顔の表情はわずかに変わり、同意を示す。私はその中に入っているときの私がそのように見えていないことを本当に願う。人は私が単純な人間だと思うに違いない。人工ニューラルユニットから得られるものは少ない。それを背骨と融合させると多くのことをできる余裕はなくなる。それが私の部屋を出ると、ドアが閉まる。私が重要な仕事をしている間にそれがソイ・バーガーを食べトイレへ行く。

ターミナルの前に座ると、金属フレームは綺麗に折り畳まり、私のインタフェースはより綺麗にきちんとしたものになる。直前に行っていたコードへと再び目を向ける。すぐに私は以前に犯した3つのミスを発見する。直ちに私はエラーを修正する。次の200行がまるで地球の日のように明瞭に私の前へと現れ、そして真鍮の指は飛ぶようにタイプする。

遥かに良い。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。