プラネットフォール: 8

彼女はもはや外でどれほどの時間が過ぎたのか知らなかった。窓を通り過ぎる金星はわずかに大きくなったように見える。それが位置的なものか、象徴的な重要さから大きく見えるのか、彼女にはわからない。

空気は煙で厚く覆われている。ローズウッドとクローブ、そしてマリファナの混ざりあったスパイシーな香りが一度に体の力を奪い、心を加速させる。彼女が深く呼吸をすると、様々な思考の流れが彼女の意識の中を出入りしながら渦巻き、絡み合う。

彼女は目を閉じ、彼らが向かっている隠された場所のことを瞑想する。ある詳細が明瞭になり始めるのを彼女は感じ、単なる情報の欠落から2474の形をした穴の周囲の事実へとなる。彼女が扱うことのできるあらゆる洞察は彼らの秤に載る別の石となり、彼女と彼女の友人が生きるか死ぬかを決定することになる。

彼女は目を開く。彼女の前には光輝く、蛍光ブルーの女性が紙の束を持っている。

分かった、マヌ、彼女の言葉はゆっくりと吐き出される。

ホログラフイメージは煙の上に投影され、その架空の動きを可能にしていた。あなたにお知らせしたほうが良いと思うことがあります、カシム博士。パン軍曹がたった今歯車仕掛正教のエージェントを尋問しています。

そのニュースはショッキングであったが、彼女の心はそれを処理するために正しい状態にある。彼らが今その姿を知られるようなことをするなんて奇妙ね、彼女は応える。

エージェントはあまり話していません、マヌは付け加える。彼女は青いライトでできた鉛筆に口づけし、微笑む。さらにもう1つあります、彼女は言う。

それでそれは何?

私は骨格を見ました。

ユーモアのセンスが向上したのね、マヌ。

いいえ、本当です。輝く、金属の骨格が重装備室へと這ってゆく姿を。ただし私はそれが非常に面白いと思いましたけど。

思考の雲の合間に円弧の光が上る。その反応は彼女の心から自ら課した靄を取り払った。彼女は祈祷ローブを脱ぐとボディーアーマーを探し始める。

パン軍曹を助けに行くのですか、カシム博士?

彼女はまず始めにグローブを付ける。彼女は急ぎ始めている。マヌ、私はもう行くわ。私たちはスケジュールよりも先に進まなければならない。チームに誰であれその人達のことは放っておいて、私についてくるように伝えて。私たちはイルニニ山へと行く。今すぐ。

彼女が覚えている限り初めて、マヌは心配そうになる。カシム博士、軌道中から操縦をすることはニュー・シャンバラのドッキング・ステーションから操縦することよりも遥かに困難です。

ええ。そうでしょう。でももしかしたら私たちはすでに遅すぎるの。何かが私たちよりも前に進んでいる。

計画は霧散し、煙の欠片のように吹き飛ばされ、無へと帰した。次に起こることはアッラーのみが知っている。彼女は戦術ヴェストとブーツの紐をきつく結ぶ。彼女の準備はできた。

マヌは部屋から消え、カシムの指示を他の者へと伝えに行った。カシムは走った。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。