ジャック・"ダメなヨリック"・ドーキンスの人事ファイル

名前: ジャック・"ダメなヨリック"・ドーキンス

セキュリティクリアランス: レベル1

職務: Anomalousオブジェクトの回収, カウンタースパイ, 美しい女性にひっぱたかれること

所在: 現在はサイト-23に所在。開放あるいは解雇は未定です。

来歴: ジャック・ドーキンスの前歴はよくわかっていません。アラバマ州、██████、████で生まれたとされますが、該当する病院の出生記録はハリケーン・███████の被害のため失われています。学生時代は少々の問題を起こしたようですが、おおむね一般的な生徒であったと記録されています。しかし、当時の教師・同級生で彼のことを記憶している人間は存在しません。彼の唯一の血縁である大叔父、ジェームス・ジミー・モンタギューは、財団の連絡に対しこう答えただけでした。「あのクソ野郎? くたばったのか? 棺桶代なら払う気はないぞ」彼がブライト博士の孫であるという噂はブライト博士本人によって否定されました。

高校を卒業後、彼の自然な匿名性(出生記録の不備、学生たちの記憶のあいまいさ)が彼を犯罪組織に生きていく方法を見つけさせました。彼は名声と悪評の両方を避けノーマークな存在でした──彼のかつての雇い主、ジョセフ"Screwtape"スカルツィの愛人とベッドに居るところをスカルツィに見つかる日までは。彼は鳥類の密輸に乗じて南米に逃走しました。しかし、密輸していた鳥の一種類について連邦警察の追及をうけ、移転を余儀なくされました。かろうじてブラジル刑務所行きを避けた彼は、ヨーロッパへと向かいました──石油タンカーの側面にしがみついて。彼は、フジツボや雨水のダイエット食で生き残りました。

ヨーロッパではパパラッチに有名人の偽写真を売りつけては、発覚する前に逃げ回りました。この逃走に彼の自然な匿名性は有利に働きました。この時期に彼は███████ █████████に知人を作っています。彼がスイスでフィールドミッションを許可されない理由でもあります。

23歳になった時、彼はかなりの大金を得ていました。しかしながら、それらはいかさまトランプ師のコンソーシアムによって巻き上げられてしまいました。コンソーシアムは国際的なラミー・トーナメントで優勝するために彼の金を使う予定でした。彼はスティーヴン・ホーキング教授の助けを借りて、そのたくらみを妨害しましたが、金を取り戻すことはできませんでした。

彼はどんぞこから再び這い上がる努力として、希少な宝石を盗み出すために、スウェーデンのマフィアから仕事を引き受けました。しかしそれらを盗み出す最中、無関係な財団の襲撃と鉢合わせ失敗に終わりました。混乱の中、宝石の──ついでに彼も──入った木箱はサイト██へと輸送されました。彼はサイト██の空気口から必死に逃走しようとしているところを発見されました。彼は設計者を恨みました。空気口は2フィート先から急激に狭まっていたのです。インタビュー後、数週間の拘束を経て、財団に雇用されました。


SCPs:

SCP-J:

Tales:

Guides:

Other:
Epilogue1

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。