生産モデルの変更と手順
評価: 0+x

Project Codename: Olympia

Project#: PRJOLM-000134

Clearance and File#: NPF-00051473

オリンピア・プライムへの変化(生産モデルのテンプレート):

保安、制御、収容処置:

  • 小型音声装置を全ての検体の内耳蝸牛管に埋め込みます。インプラントは検体が発生する運動エネルギーを通じて充電します。インプラントはSCP-061の再生を続けさせます。実行可能なAIが確立されるまで、検体は複雑な音声コマンドによって"プログラム"されます。
  • 検体はその運転中に以下の装備を常時供給されます:
    • 多目的ゴーグルの付いた、電磁パルスを防ぎ、目的の命令と制御のためのアップリンク通信できるヘルメット。またヘルメットには検体が危険に晒された場合に即座に殺害できる装置である、小型電磁気爆薬が内部に付いています。
    • 最大の運動能力を可能にし、多様な熱を記録するポリマーで造られた全身ボディースーツ。また多様なカモフラージュを可能です。
    • 状況に応じた様々な遠隔、近接武器。

生産手順:
検体はSCP-222を用いてオリンピア・プライムから直接クローンを造り、修正と蝸牛管音声装置の移植を行います。その後プログラミングが可能となります。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。