企画案2004-024: "私の父の価値"
評価: +3+x

名前: ガイ・チェサピーク

タイトル: 私の父の価値

必要素材

  • バッテリー(9V、作品が活性化している間に必要なのは1つであり、必要に応じて取り替えます)
  • 銅線(エリアの横断部分に1 mm~3フィートまで必要に応じて)
  • シリコンチップ(5 cm × 5 cm、3つ必要)
  • 電気部品(必要な抵抗器、トランジスタ、コンデンサーなどの完全なリストは、後ろのページを見てください)
  • はんだ
  • まっすぐなピン(~20本まで必要)
  • ガラス瓶(1つ必要、私がすでに所有しています)
  • ホルムアルデヒド(2.5 L、私がすでに所有しています)
  • 人間の脳/現実改変能力を持つ(1つ必要、私がすでに所有しています)

要旨:

現実歪曲者の脳への計画的な電気刺激は、脳の半径15m以内にほぼ完全な人間の断続的な出現を引き起こします。このほぼ完全な人間(以下"俳優")は一連の準備された芸術作品のパフォーマンスを実行します。中央のデバイスはメイン・エキシビション・ホールに設置され、午前0時に活性化し、以下のパフォーマンススケジュールを発生させます。

9:00 am - 寝間着を来た5人の俳優が中央作品の周辺に、円を描いて出現します。彼らは大きくあくびをしながらメイン・エキシビション・ホールの周りを歩きます。活性化から5分後に消失します。

11:00 am - スーツを着た1人の俳優が中央作品から半径5m以内に出現します。彼/彼女は様々なパトロンや従業員に握手を求めます。不十分な圧力の握手は、俳優が弱い握手をした人間の手を握力で壊すことにつながります。(もしあなたが彼/彼女の手を握らなかった時に何が起こるのかは確かではありません。それについては助言しないでしょう。)活性化から20分後に消失します。

12:30 pm - ツアーガイドの制服を着た1人の俳優が出現します。彼/彼女は入ってきたパトロンにツアーをしようとするでしょう。一度に5人程度の人間が同意すれば、彼/彼女はパトロンにメイン・エキシビション・ホールの周囲を案内し。そこに存在するそれぞれの作品の背後にある意味について説明するでしょう。これらの説明は、作品に対する表面的な読解から、ほぼ確実に誤っています。ツアーガイドは。私の作品に対するものでない限り、作品を創造したアーティストに対して時折侮辱を発するでしょう。およそ30分程度のツアーの終了後に俳優は消失します。予定された次のパフォーマンスが始まる時間になっても、ツアーに十分なだけの人数が同意していない場合も消失します。

4:00 pm - 普段着の2人の俳優(1人は男性、1人は女性)が出現します。彼らは15分ほど普通のパトロンとして振る舞います。それからカップルは何者かについての口論を始め、それがますます大きくなっていきます。この口論は一方がもう一方に対し暴力を振るうまでエスカレートします。それから両者は消失まで大きく嘆き続けます。活性化から25分後に消失します。

6;30 pm - 1人の俳優が出現します。彼/彼女は床に胎児の体勢で横たわっています。彼/彼女は泣きません。活性化から45分後に消失します。

8:00 pm - 1人の俳優がハンマーとノミを持って出現します。1つの石塊も出現します。俳優はハンマーとノミを塊の様々な場所に使い、最終的に様々な塊へと分解します。彼/彼女は着手する際に冒涜的な言葉を叫びます。活性化から40分後に消失します。

9:00 pm - 寝間着を着た5人の俳優が、可能な限り中央作品から離れて出現します。彼らはメイン・エキシビション・ホールの周囲を、大きくあくびしながら歩きます。消失の2分前に、彼らは中央作品の周りで円を描きます。活性化から5分後に消失します。

現実歪曲はいくぶんトリッキーなものです。死後に現実を歪曲することはおそらく難しいことです、とりわけ現実歪曲者の脳の特定の部位を感電させることに大きく依存しているときは。私がこのような作品を立ち上げたのは今回が初めてではありませんが、一日にこれほど多くのパフォーマンスをするようなスタイルの作品を立ち上げたことはありませんでした。おおよそプラン通りに進むでしょう。俳優たちによるいくつかの即興を除けば。彼らをキャラクターから逃れようとするままにさせてください、そうすればすべてはうまくいくでしょう。

例え俳優たちが反乱を起こしたとしても、彼らを鎮圧させるのは簡単です-彼らは、握手男の握力以外は通常の力しか持っていません。

意図: 私は、芸術家の魂と過度に実用主義的な両親を併せ持って育つことがどれほど大変かを聞いた。おそらく、電気エンジニアの魂と献身的な超芸術家の父を併せ持って育つことと同じくらい大変なのだろう。

私は、父親が私の人生に及ぼした衝撃を否定したり消したりすることは出来ない。彼は、私が得られるもので最高のものが彼だとよく伝えたものだった。私は彼の例に良く従った。私が理解する限りでは、彼は以下の価値観を私に植え付けたかったようだ:

  • 時間厳守
  • 堅い握手
  • 独創性
  • 自信
  • 不安
  • 情熱

私たちは、これを良く心に刻み込めたと思う。私は子供の頃の傷跡を消せないが、今日の私になるために、父がどれほど重要な役を演じたかを無視することも出来ない。

この芸術を作り終えたとき、私は父親にある種の尊敬の気持ちを持つだろう。

私が彼の脳を一日に約50回電流で変更すると決めたのは、ある種の憤りによるものなのだろう。

私の父親と私は互いに多くの憎しみを抱いていたが、それでも私は、私たちは今もクールだと思う。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。