エージェント"Bichty"の尋問記録
評価: +1+x

説明: エージェント"Bichty"は42歳の男性です。彼は████年3月に財団に就職し、3年後にはポーランド支部に配属されました。一年後、総合作戦█████████の(民間人の背後で活動する)90の運営チームのひとつの指揮官として、彼はウラル地域に移動になりました。彼にはタスク[編集済み]が割り当てられました。数日後、"Bitcha"との連絡が途絶え、彼は標準的な手順に従って行方不明とみなされました。


インタビュアー: ██████博士 ([Dr],クリアランスレベル5)

被尋問者: エージェント"Bichty" (AB)

記録開始 <00h-00m-00s>

Dr: あなたの名前は?

AB (弱弱しい声で): [編集済み], コードネームは"Bichta"だ

Dr: どうやってここまで来たんだね。

AB: この…オブジェクトだ。このオブジェクトが私をここに転移させた。

Dr: どうやって?

AB: 収容室を保護しろ。誰にも見せてもいけない、誰に聞かせてもいけない。こいつはKeterだ。

██████博士は、取得した情報をO5-██に急いで転送する。

Dr: 私は君がうそをついていないことを願うよ。君は2年間ほど失踪していた。君はオブジェクトのおかげで脱出できたといってる。

AB: はい。

Dr: オブジェクトについて教えてくれ。

AB: 私はそれが何なのか言うことはできない。我々が到着して[編集済み]を操作しているとき、█████████によって攻撃を受けた。私たちは1年半以上捉えられていた。私の運営チームのメンバーの9人のうち、6人が死んでしまった。我々は何とか脱出したが、2人もすぐに死んでしまった。私は一人で過ごしていたが[点に感謝しつつ]何とか、私は生き残った。奇跡的に、私は生き残った。私は、ウラルの北部への道を選んだ。私はあなた方に連絡を取ることは不可能だった。私が、物資を使い果たしたとき、私は9人のロシア人の旅行者のグループに出会った。彼らは私に食料をくれ、私は道に迷っているといった。そしたら、彼らはどこに行くつもりなのか教えてくれた。やつらは、オブジェクトの名前を口にした…

Dr: どんな名前だね?

AB: あなたに言うことはできない。それに、それについて。アレを聞いたり、見たりすることは許されない。

Dr: エージェント、あなたはそうしなければ…

AB (割り込み): 私はあなたを心配しているんだ。彼らは私に言った…なんと伝えたものか…私は、何かが私の背中を押しているように感じた。私は行かなければ鳴らないと感じた。オブジェクトを手に取るまで、わたしはそれの指示に従わなければ鳴らなかった。私たちは、良い時間をすごした。私は、空腹、のどの渇き、疲れを感じなかった、私はオブジェクトがどこにあるか知っていたので、そこに行く方法を知っていた。私はそれに触らなくてはならなかった。オブジェクトについて、説明することはできない。

Dr: エージェント、あなたの話は納得できない。私はそれを、非常に原始的なこわい御伽噺のように感じる。私は、あなたが、まだショック状態なのはわかるが、あの保管庫、あのオブジェクト、そして外観に関連する信頼できる情報が必要だ。あなたはそれを言わなきゃならない。起こったことを、言ってくれるかね?

AB: それは私を動かした。やつはこの場所と、オブジェクトと、その保管場所と一緒に移動させた。我々は全員が触れたかったが、まずわたしがそれをやった。あのロシア人たちになにが起きたかはわからない。おそらく彼らは死んだ。私はわからない。私は他に何を知ってる…(止まる)

Dr: エージェント、そろそろ私も君の行動を容認できない。私は説明をやめろといっていない。説明し続けて…

AB (割り込んで): 私は、転移した場所から50km以内のあらゆる道を知っている。私は、その近くに住んでいる人の数、そこに何本の木があるか、1/1000の誤差で、その地点の標高や、その場所の近くの標高を知ることができる。

Dr:理解しかねる。

AB: 彼らは、約500万人の人間がオブジェクトの存在を知っていて、それは世代から世代へ伝わる伝説だと私へ話してくれた。彼らがこのデータをどこから手に入れたのかはわからないが、それが真実ならば、彼らは、いまオブジェクトがどこにあるかを知っている。彼らはオブジェクトが、ポーランド支部にあるのを知っているんだ。そしてやつらはここに来るだろう。誰かが、収容を潜り抜けて施設に接触したら、彼は施設全体と、その周辺のすべてのものについての知識を得るだろう。そして、この知識が必要な場所に転移するだろう。私は抵抗することができなかったから、私はあなた、博士、にこれを伝えた。今だけは、背中の圧力が徐々に消えている。これは、私がこれまで扱った中でもっとも信じられないもののうちのひとつだ。

記録終了 <00h-30m-12s>

結論: 彼の証言が真実だとすれば、500万人の人々が我々のことを知っていることになる。

その後の行動: SCP-PL-032の簡易的な性質の説明が作成されました。エージェントBichtyのさらなる取り扱いについての決定は、O5-██にゆだねられました。貯蔵施設はすぐに保護され、誰もアクセスできないようになっています。 — ██████博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。