捕縛された「フォロワー」の一人へのインタビュー記録
評価: +1+x

説明: 捕縛された男性は、コーカサス人の特徴を持つ20歳の男性です。捕縛する前、彼はポーランド支部の建築物を取り囲む最初のフェンスの周りを回り、あきらかに内側に到達する方法を探していました。彼がその方法を見つけたとき(フェンスの管理責任が問われ、管理責任者は終了されました― O5-██)彼は、すぐにエージェントが反対側で待機していることに気がついたが、それにはあまり注意を払いませんでした。意識を回復した後、彼は侵略の意思を表明しませんでしたが、彼は医務室に通じる扉をこじ開けようとしたため、尋問室の椅子に縛り付けられました。

SCP-PL-032の記述、または名前を聞いても問題のないエージェントBichtaが尋問を行いました。エージェントは、以下の記録も作成しました。


インタビュアー: エージェント"Bichta" (AB)

対象者: D-1525

記録開始 <00h-00m-00s>

AB: なぜあなたはこの施設の近くにいたのですか?

D-1525: あれがここにあるから。

AB: 「それ」とは?

D-1525: [編集済み] (SCP-PL-032に対するすべての言及は検閲済みです―エージェント"Bichta")

AB: なぜそれの指示に従うのですか?

D-1525: わたしはしなければならないからです。私と一緒に来てください。

AB: どのように、あなたはする必要があるのですか?あなたが、目標を達成したいのですか?それとも誰かに強要されていますか?

D-1525: わたしはただ、する必要があるのです。そうです、わたしがしたいのです。私は本当に[削除済み]に触れたい。私は後ろから押されるような感触がして、いつもそれについて考えています。それだけです。さあ、私を放してください。

AB: さぁ、記憶処理を。

D-1525: なんですって?

"Bichta"はD-1525にクラスA記憶処理剤を投与する。

AB (数分後): あなたは誰ですか?

D-1525 (ぼんやりとして): 私は…私は誰だ…でも、ここ私の…探してるものがある…。

記録終了 <00h-27m-11s>

結論: 記憶処理は効果がないようです。 — エージェント"Bichta"

その後の処理: D-1525は銃殺され、遺体は焼却されました。さらなるインタビュー計画が行われます。 — ████████博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。