実験記録005-FR-1および2 + インシデント005-FR-1
評価: 0+x

実験005-FR-1: 胞子の吸引:
実験はヒディアス博士の監督の下、SCP-005-FRの胞子の吸引による影響を正確に調査するために行われた

D-9568は28歳の白人男性、体調に問題はなく、精神的な不安要素も一切見られない。確実に生きて帰れるわけでないことを知りながら、自ら実験に志願した。

- ヒディアス博士: D-9568、エアロックに入って私の指示を待っていてくれ。
D-9568は何も言わずにエアロックに入る。扉が自動的に閉まり、D-9568は指示を待っている
- ヒディアス博士: うん、それじゃあ扉を開けて、君の感じたことを私に説明して貰えるかな。
D-9568は扉を開けるも、室内に戻って行くことはない。
-D-9568: 今んとこ特に何もないぞ、博士。
-ヒディアス博士: それなら正常だ。じゃあ部屋に入って、もう一度扉を閉めて。自動で鍵がかかるから。そしたらこっちで換気システムを停止させるけど、そうすると君はSCPの効果を感じ始めることになる。
D-9568は室内に入り、扉を閉めて待っている。10秒後に換気システムが停止し、通風口が遮断される。
-ヒディアス博士: すぐにオブジェクトの効果が感じられてくる筈だからね。
-D-9568: よしよし、匂うぜ博士。すげえいい匂いで、それに… あぁ D-9568はオブジェクトへと接近を開始し、大きく息を吸う。それに続いて被験者は絶叫し始め、次いで時折、理解不能な言葉や罵言を叫びながら植物の周囲を走り回るも、最終的に56秒後に倒れ込む。ヒディアス博士は換気システムの再稼働を命じ、1分間待機した後、D-9568の遺体を回収するためガスマスクを装備したエージェントを向かわせる。D-9568は未だ生命反応を示しており、よって彼はサイトの収容房に安置される。
実験終了 11時間の深い昏睡の後、D-9568は眠りから覚めて水を要求する。収容房前に配されている警備員が至急ヒディアス博士に電話し、23分後に博士が到着する。
-D-9568: 喉カラッカラだクソッ! 声聞こえるか?!
-ヒディアス博士: 聞こえてるよD-9568。ほら、コップ。
ヒディアス博士は収容房内に入り、D-9568に水の入ったコップを渡す。彼は一息で中身を全て飲み干してしまう。
-D-9568: ありがとうな博士。最高だ。
-ヒディアス博士: それは良かった。さて、それじゃあ今から幾つか質問させて貰うよ。
D-9568は了解を示すように首肯し、博士の質問に応答しようとする。
実験終了
ヒディアス博士による注: D-9568は48時間32分後に死亡した。

実験005-FR-2: 昏睡深度
実験はヒディアス博士の監督の下、SCP-005-FRの胞子を大量に吸引することで引き起こされる昏睡の深度を測定するために行われた。

D-8457は34歳で体調にも問題のない白人女性、過度に粗野であり深刻な反抗性を示している。最初は室内に入ることを拒んでヒディアス博士を罵倒するも、武装した警備員の脅威を認め、入室を決意する。
D-8457はSCP-005-FRの胞子を吸引した後、ヒディアス博士や彼の家族に対する罵倒を止めて、怪物が付いて来ると叫びながらあらゆる方向に駆け回り始めるが、蹴躓いてそっと地面に座り込む。4秒後、D-8457は昏睡状態に陥る。
換気システムの再稼働後に、警備員が被験者の遺体の回収に向かうも、彼女は未だ生命反応を示している。刺激に対する脳の反応を診るために、D-8457は脳波計測機に安置される。当初ヒディアス博士は、四肢を抓った際の腕や脚の伸長反応を調査し、脳波計測機で頂点部分を記録していたが、何の反応も見られなかった。被験者は呼吸困難に苦しんでいると見え、その息遣いは不規則なものになっていたが、脳波計測機は脳活動の高低を一切記録しなかった。
光に対する被験者の眼球反応を検査するも瞳孔の収縮は見られず、ヒディアス博士の結論は、D-8457が陥っていたのはステージIIIの昏睡、coma carusと呼ばれるいわゆる深い昏睡であり、被験者が目を覚ます望みは希薄であるというものだった。
しかしながら、昏睡から13時間後、何の進展もないままD-8457は目を覚ました

-D-8457、ヒディアス博士を見やりながら: [検閲済み]野郎! 何であたし生きてんの?! あんた何かやったの? 殺すぞ!
ヒディアス博士に攻撃を加えようとするD-8457を武装した警備員が取り押さえるが、彼女は極めて荒々しく藻掻いている。危うく警備員の片目を潰しそうになり、警備員は彼女の頭部に拳での一撃を見舞う。D-8457は殴打を受けて床上に倒れ込む。
-ヒディアス博士: お疲れ様。じゃあこの猛獣は収容房に閉じ込めとこう、彼女が起きたら色々情報を引き出してみたいしね。
警備員はD-8457を独房内に安置し、6分後に対象が意識を取り戻す。
-ヒディアス博士: D-8457、もう落ち着いたかな?
-D-8457、明らかに未だ衝撃が残っている: 何なの… クソ… あたしの頭が…
-ヒディアス博士: いやいや、何でもないよ。君が今何を感じているのか聞かせてくれ。
-D-8457: 頭が[検閲済み]痛いの、あの[検閲済み]警備員のせいで…
-ヒディアス博士: 幾つか質問に答えて貰うことは出来そうかい?
-D-8457は突然身を起こし、不穏な光が目の中に閃く: あいつがあたしを呼んでる… あたしのこと押さえ付けて! 早く!
実験終了。

インシデント005-FR-1、実験005-FR-2の直後に発生:

D-8457は走って独房から脱走し、収容棟からも逃走、エアロックの通路内へと侵入する。警備員は駆けつけてきたヒディアス博士を目に留めると、彼女を制止するために駆け出すも、女の放ったアッパーカットが直撃して昏倒する。もう一人の警備員が銃を抜き、エアロックの扉に攻撃を加えていたD-8457を静止させる。
-警備員: それ以上動くな!
D-8457は一瞬警備員を見つめるが、壊れつつあった扉を再び乱暴にこじ開けようとし始める。
-ヒディアス博士、息切れしている: 撃ち殺せ!今すぐにだ!
警備員は躊躇なく銃の引き金を四度引き、D-8457の喉に4発の弾丸を撃ち込む、彼女は即座に崩折れる。
インシデント終了

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。