ラプターテック・インダストリーズ
評価: 0+x

2008年3月22日、ラプターテックより突如新製品が発表されました。
Raptor1.jpg

ラプターテック・インダストリーズロゴ 2001

1989年11月14日、ラプターテック・インダストリーズ社は初めて財団ドイツ支部によってその存在が確認されましたが、当時は████ ██████という名称で知られていました。彼らは極秘研究開発企業として国防省と契約状態に至りました。当時請け負っていた主な業務は、人工知能によって制御される新兵器と防衛システムの研究開発でした。

████ ██████は、1995年5月25日に自信の研究に大きな可能性を秘めていることを認識し、その関心に支障を来さずに研究に専念・規模の拡大ができるよう、国防省の契約延長に同意せず破棄し、ラプターテック・インダストリーズという名称に変更しました。当時、ドイツでの所有施設は1つのみしか確認されませんでした。これはオーストリアとの国境のバイエルン地方に所在しています。それ以後、ラプターテック・インダストリーズ社は車両や兵器、特に無人機や人工知能技術を専門として手掛けています。ラプターテック・インダストリーズ社がこれらの技術を研究する上で、異常存在を利用しているかどうかについては不明です。

ラプターテック社は特異な技術を用いた製品を全世界の闇市場で取引をしており、財団ドイツ支部は6月5日にラプターテック社の技術に大きな関心を示したことで、取引協定を締結しました。この契約により、財団はSCPオブジェクトを含む存在を行動不能あるいは破壊が可能な技術の開発を依頼します。依頼後ラプターテック社は、現在最先端の技術を大きく覆す、戦闘ドローンを含む装備や兵器を財団に提供します。

財団は使用している武装に異常性が含まれていたことが判明した以後、財団は標準装備の武装に異常な性質を有していたことを発見した事から、ラプターテック・インダストリーズ社が自社製品の開発時に異常な技術や異常物品を使用していることが疑われました。ラプターテック社の唯一確認できている関連施設は財団による攻撃が行われたことによって壊滅し、その技術を全面的に請け負っていたものとして見なされました。

2008年3月22日、ラプターテック社の製品が突如出現しました。この当時に、幾つかの財団施設も攻撃にさらされました。そこで使用されていた技術からは、ラプターテック社の有する技術であることが説明できます。それ以来、ラプターテック社が財団に対して深刻な被害をもたらしており、財団関連施設への攻撃も絶えず続けられています。

財団はラプターテック社が全世界の闇市場に多大な影響を及ぼしていると想定しています。当該組織のロゴが記載された製品やSCPオブジェクトは依然として増加しています。

このグループに分類され、財団の管理下にあるオブジェクトにはSCP-017-DESCP-030-DE、そしてSCP-047-DEなどがあります。

ラプターテックタグが付いたすべての文書を表示するには、こちらをクリックしてください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。